イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > ロンバルディア州の街

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マントヴァ(Mantova)2

サッビオネータのあなを書いてから、随分空いちゃいましたが、続きです。

サッビオネータを昼過ぎに出た私は、再びマントヴァに戻ってきました。


パラッツォ・テ(Palazzo Te)
を見るのが大きな目的です。

 テ宮殿(Palazzo Te):16世紀にジュリオ・ロマーノ設計が設計したゴンザーガ家の別荘。巨人たちの間(Camera dei Giganti)、馬の間(Sale dei cavali)、等フレスコ画が多く残っています。
フェデリコゴンザーガが愛人のために造ったそうです。
巨人の間は有名ですが、馬が居るように思わせてくれる馬の間の方が私は好きです。

 Palazzo_Te                                                           Palazzo Te入り口 Palazzo_Te2                                                Palazzo Te中庭
 Palazzo_Te3                                                         Palazzo Te 外観
 Palazzo_Te4 Palazzo_Te5 Palazzo_Te6 Palazzo_Te7 Palazzo_Te8
内部の写真は撮れなかったのですが、建物の外側のフレスコ画

Palazzo Teの内部写真はこちら
    
Palazzo_Te9
分かる人には分かる、ピエロ・デッラ・フランチェスカの絵(この絵はミラノのブレラにあります)を使った遠近法の解説です。
こんな風に描きますよーということの展示です。
1つの目で見て、線が1点に収束していくってことを理解してないと、上手く遠近感は出せないんですよねー。


Palazzo_Te11
Palazzo_Te12

  ここ、Palazzo Teは美術館にもなっていて、この時はマンテーニャ展をやってました。

マンテーニャ縁の地、先のヴェローナ(Verona)でも、次のパドヴァ(Padova)でも同じようにマンテーニャ展はありました。

マントヴァ
日もだいぶ傾いてきたマントヴァ市内。


マントヴァ1
マントヴァ2
                                             長閑な湖畔の風景




マントヴァ3
マントヴァ4 マントヴァ5 マントヴァ6
その他マントヴァの街をブラブラと。歩いてる人少ないのでちょっと寂しい。

街で見かけるMはマンテーニャのMです。
マクドのMでも、地下鉄のMでもありません。(笑)






マントヴァその他の見所

ドゥカーレ宮(Palazzo Ducale)

マンテーニャの家



マントヴァの地図

2006年10月16日 マントヴァ 2





ナチュラル・バランス・ダイエット
スポンサーサイト

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | NEXT |


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。