イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > イタリア旅行の心得

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイトルに深い意味は有りません。(ぉぃ)
駅前の公園にトリノオリンピックのモニュメント見つけちゃったら、叫びたくなったんですよ。
これ読みながら、イナバウアーしてる人が1人くらいは居ることを期待しています。

トリノオリンピック

アスティを出た時間が早かったので、トリノに着いた頃には人通りもまばらで、少し寒いくらいの外気温でした。
秋ならこれくらいが普通なんだろうなー。

トリノ ピアッツァ・カステッロ

駅前から真直ぐ500mくらい進んでいくと、ピアッツァ・カステッロ(Piazza Castello)に着きます。
主だった観光名所はこの周辺に位置しているので、先ずは王宮(Palazzo Reale)やドゥオーモ(Doumo)辺りから攻めるのが良いんじゃないかなと思います。

トリノ王宮

時系列通りじゃありませんが、広場に面している王宮からご案内いたしましょう。

Torinoの王宮

こちらの入場料は6.5ユーロ。チケットは上の写真の通りです。
もうちょっとデザイン考えて欲しいなー。

トリノ王宮入り口

こちらの見学はガイドツアーで、1時間に1回のペースでツアーが行われます。タイミングが悪かったり、前のグループが多かったりすると、1時間待ち確定。(運が悪いと2時間とかなるかも知れません)

そんな、こともありますから、もし見学するんならここを1番目に訪れて、他の場所で時間調整するのが良いんじゃないかなーと思います。
この時私は、ちょうど前が一杯になったので1時間待ちました。

残念ながら建物の中では撮影が出来ません。(;_;)
私の怪しい記憶を辿ると、室内はサボイア家の人々が住んでいた頃のままの状態。
壁や天井を飾るフレスコ画、油絵は美しく、私はここで住みたいなーなんてちょっと思いました。

当時としては、珍しかったんだろう中国製の焼き物、漆器も目に留まりました。
1つ1つの作品は写真が無いので、鮮明には覚えていません。

でも、なぜだか食堂は印象に残っているのです。
テーブルに並べられた、銀製のフォーク、ナイフ、グラス類。
賓客を招いての晩餐ともなれば、こんなフルコースになるんだなー(羨ましい)と思って1つ1つ見て回りました。

説明はイタリア語オンリーです。
イタリア語何にも分からないと、ちょっと辛いかも知れません。


          説明する人

   観光客、観光客、観光客、観光客、観光客
   観光客、観光客、観光客、観光客、観光客
   
           私

          係りの人(見張りみたいなもんです)

           ↑
   こんな図式で各部屋を進みました。
私はじっくり色んなものを見てたので、後方担当です。

殿の係りの人は、私だけガイコクジンだったので、
「説明分かる?」と聞いてきました。

「ボチボチでんなー。」と言いたいけれど、実際は「ちょっとだけよー」と言う方が近いですね。_| ̄|○

細かいことまでは分からないけど、知ってる範囲の歴史だったので、何となく分かる程度でした。
(イタリア語ちゃんと勉強しなきゃなー)

40,50分くらいのツアーですが、見応えは有ると思います。


TorinoのDuomo

次は、王宮(Palazzo Reale)の斜め奥くらいに位置するドゥオーモ(Duomo)です。
皆さんご存知の聖該布のある教会です。
実物は目に出来ませんが、写真は飾って有ります。
特徴としてはルネッサンス様式の教会で、Firenzeのサンタ・マリア・ノヴェッラに良く似たファザードです。(クリックして見比べて見て下さい。似てるでしょ?)


トリノ 教会

次は、名前を忘れちゃいましたがこんな教会です。
王宮を正面に見ると、ピアッツァ・カステッロよりも左手に位置しています。
ガイドブックなどに載っちゃいないですが、私を呼び寄せるものがありました。(霊ではないと信じたいです。(笑))
入ってみると私の思ったとおり、小さいながらも立派な教会でした。

トリノ 教会

感じの良いシリョーラが、「ここで奇跡が起こったのよー。」って教えてくれました。
聖母マリアが何たら、かんたらと説明してくれましたが、忘れちゃいました。(+_+;)

トリノ 教会

これがその奇跡に関する、ものです。
自分で撮ったのに、これが何だか良く分かりません。(--;)

偶然入った教会が、奇跡に関する謂れの有る場所でしたが、こんな風に教えてくれる人が居なければ、知らないままでした。
「私にとっては、あなたに出会ったのが奇跡ですよ。」

トリノの市場

トリノの朝市
色鮮やかな花を見ると、季節が秋?って思ってしまいました。

パラティーナ門

パラティーナ門、「ちょっと来い」と言う人と

パラティーナ門

「あっちへ行け」と言う人と、必ずどちらの写真も撮りましょう!

トリノの旗

小さな通りに翻るのはトリノ市の旗です。
この雰囲気が、私が撮った写真の中では一番良いかなー。


ということで、オチなんですが、またもやトリノでは何も食べませんでした。
前回、ジェノヴァの日記に書いたように風邪を引いていたのであんまり食欲がありませんでした。


食べ物美味しい、ピエモンテなのに?。

今度は、トリノで美味しいもの食べて、
「これは、まさに食のトリノオリンピックや?!!」と叫んでみたいものです。

おしまい


2006年10月10日 トリノ 







追記

私が飲みたいと思っていた、トリノの名物ヴィチェリンです。
私の入ったバールでは出してませんでしたが、楽天で売られていました。。。。
その時は「がっかりだよ?!」ならぬ、「 _| ̄|○ガックリだよ。」でした。

わざわざトリノまで行かなくても、日本で何でも手に入るのね。



ヴィチェリン
画像クリックでお店にリンクしています。
他では扱ってないようです。

買ってみようかなー。
スポンサーサイト

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | NEXT |


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。