イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > イタリアワイン

今回の旅の目論見

new2.gif
チンクエテッレ イタリア ワイン
今回心密かに達成したい目標が幾つか有ります。一つはイタリアのワインをもう少し知ることです。
世界でNo.1の地位を獲得しているのは、イタリアではなくフランスのワインだと思います。
それは、早くから生産地統制やブランド化、品質に関する厳しい取り決め等のルール作りを世界に先駆けてやったからに他有りません。
ワイン造りの歴史はイタリアの方が古いのにフランスに後塵を喫しているのはこの為かなと、素人ながらに思うのです。
それでもイタリアのワインが好きなので、「イタリアには、こんなワインが有ったのか!」って発掘をしたいです。


ワインに関するおもしろい物語
北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして(私がリンクさせて貰ってるソムリエのRIEさんのブログ)にチンクエテッレ(5つの土地)のワインの話をご紹介します。
Le Botti e La Luna(ワイン樽と月)と言うワインです。(お話はこちらをクリックしてRIEさんのブログを読んでみて下さい。)
可愛いデザインのラベルなので思わずラベル買いしてしまいそうなワインです。

ラベルにデザインされてる話を知っていてこのワインを飲むのと、知らないで飲むのとでは、味わいもちょっと変わってくるんじゃないかと思います。
「へーっ。そんな物語があるんだ。」って知ってたら、私は頭の中で物語の映像を思い浮かべながら、味わうだろうと思います。
ワインの樽を積み上げて月まで届くなんて考える発想って素敵ですよね。
ほら、あなたも飲みたくなりましたね?(誘導です)
これで、間違い無くあなたもイタリアマニアの仲間入りです。
ネット検索に掛からなかったところを見ると、日本では販売されてないようです。
こんなワイン輸入したいなー。


ブログランキング参加中

応援宜しくお願いします。


こんなの見つけました。ワイン関係の用語です。

イタリアのワイン2で見学させてくれたカンティーナ( Cantina )で、ワインについてもっと喋れたらなーと言うチョッピリ悔しい思いが有ります。
今回は面白い話や、ワインに関する物語を聞きだすぞーと思っているので有りました。



[旅行・レジャー]All About
KLMのドリームキャンペーン




スポンサーサイト

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | NEXT |


▲ページトップ