イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > イタリア料理

ポレンタ(Polenta)

ポレンタ


食べ物にポレンタが続いてますので、ポレンタについてちょっと書いてみます。
ポレンタという食べ物は断りが無い限り、トウモロコシの粉から作られたものを言いますが、もともとはトウモロコシの粉を使ってはいませんでした。

じゃあ、元々は何を使っていたかと言いますと、実は小麦やソラマメの粉が使われていたのです。

ポレンタがよく食べられるのは、北イタリアです。
北イタリアはアルプスに近いこともあって、山がちで寒く、肥沃な大地はいえません。

冷害等で、作物が育たなければ飢饉に苛まれたというわけです。

1493年にアメリカ大陸に到達したコロンブスがトウモロコシをヨーロッパに伝えたのが起源になりますが、北イタリアで栽培されるようになったのは、1530年代。
寒さにも強く、荒れた土地でも育つ作物だったトウモロコシは当時の人々に非常に重宝されたのだと思います。

鎖国していた日本にトウモロコシが伝えられたのは、1579年ポルトガルから伝えられたそうです。
現在は北海道でたくさん作られていますよね。
(関西ではナンバと呼んだりします。)


作り方は簡単。
大き目の鍋に湯を沸かし、そこに適量塩を入れ、その後トウモロコシの粉を注ぎ入れ、焦げないように混ぜるだけ。
1時間程度混ぜるようです。(少々疲れますね)


私は作ってる所を見たことはありませんが、
出来上がったものは何種類か食べてますので、それをご紹介します。
過去の写真とダブりますが、以下参考に。

Polenta
中にリコッタチーズが入ったポレンタ。@ベルガモ

Polenta
リコッタを加えて煮込んだポレンタ。@ビエッラ

Polenta
チーズの入ってないプレーンなポレンタ。(左は牛煮込み)@ビエッラ

Polenta
成型してスライスしたものを焼いたポレンタ。@パルマ

ポレンタ自体は淡白です。
チーズが入るとかなりコッテリです。(重い)
主食に食べられることが多いようですが、日本人の私にはご飯の方が良いです。

どんなものか食べてみたいって人は、こんなのも売られてますので試してみて下さい。

冷凍のポレンタ。
1袋100g入りで200円。作る手間を考えたら、こんなので試してみるのが無難な所でしょう。
(口に合わなくても、廃棄する量が少ないですから)


ポレンタ

いや、自分で作るんだーの手作り派はこちら、1袋1キロ入りの粉もあります。377円だからそう高くは無いですね。


粉ポレンタ


ブログランキング参加中






スポンサーサイト

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | NEXT |


▲ページトップ