イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > 2006年07月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
景色 フィレンツェ</titele><br /><meta name="keywords" content="フィレンツェ,ミケランジェロ広場"><br />フィレンツェの中心街から逃れて写真を撮りに行きます。<br />ミケランジェロ広場は有名ですが、そこを更に上の方まで登ります。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/v/a/c/vacanze/Dsc01203-2-2.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/v/a/c/vacanze/Dsc01203-2-2.jpg" alt="Dsc01203-2-2.jpg" border="0"></a><br clear="all"><br />この場所を仮にA地点とします。(勝手に)<br />既にこの場所でミケランジェロ広場から離れること1km程度。<br />マニアと言うよりただの馬鹿かもしれません。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/v/a/c/vacanze/20060729133530.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/v/a/c/vacanze/20060729133530.jpg" alt="20060729133530.jpg" border="0"></a><br clear="all"><br />この場所を仮にB地点とします。<br />ちょうど花の咲く季節でしたので、道端に咲く花を無理やりフレームに収めフィレンツェの象徴ドォーモ( Duomo )と花を表現。<br />としたかったのですが、微妙にピンボケ。<br />オマケに狙いもズレてしまいました。<br /><br />季節が良いと絵になる場所を求めて歩いてみるのも面白いと思います。(誰もそんなことしたくないって?・・・残念です。)<br />しかし、行きは良い良い、帰りは辛いというのが現実。チェントロまでは30分以上。長い道のりなのでした。<br /><br /><br />ブログランキング参加中<br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=44577" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/v/a/c/vacanze/f_03.gif"></a><br />もっと気合を入れて精進するようにと思われた方はポチッと押してやって下さい。<div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/vacanze/178/clap" id="fc2button-clap-178" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-178").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/vacanze/178/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_42222820170623171311"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416606"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175234"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416669"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175252"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416670"});</script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div> </div> </div> <!-- 記事フッター部分 --> <ul class="entry-footer"> <li class="category"><a href="blog-category-9.html" title="カテゴリ「フィレンツェ」の記事一覧">フィレンツェ</a></li> <li class="com">  <a href="http://vacanze.blog63.fc2.com/blog-entry-178.html#comment-top" title="「フィレンツェの風景」のコメント">COMMENT(9)</a> </li> <li class="trk"> | <a href="http://vacanze.blog63.fc2.com/blog-entry-178.html#trackback-top" title="「フィレンツェの風景」のトラックバック">TRACKBACK(0)</a> | </li> </ul> <!-- <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns:trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/trackback/" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"> <rdf:Description rdf:about="http://vacanze.blog63.fc2.com/blog-entry-178.html" trackback:ping="http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/178-acbbbcaf" dc:title="フィレンツェの風景" dc:identifier="http://vacanze.blog63.fc2.com/blog-entry-178.html" dc:subject="フィレンツェ" dc:description="景色 フィレンツェフィレンツェの中心街から逃れて写真を撮りに行きます。ミケランジェロ広場は有名ですが、そこを更に上の方まで登ります。この場所を仮にA地点とします。(勝手に)既にこの場所でミケランジェロ広場から離れること1km程度。マニアと言うよりただの馬鹿かもしれません。この場所を仮にB地点とします。ちょうど花の咲く季節でしたので、道端に咲く花を無理やりフレームに収めフィレンツェの象徴ドォーモ( Duo..." dc:creator="らふぁえろ" dc:date="2006-07-29T14:03:07+09:00" /> </rdf:RDF> --> <div class="blogbottom"></div> </div><div class="section" id="a229"> <!-- 記事タイトル部分 --> <div class="blogtop"> <div class="articledate"> 2006-07-27-Thu</div> <h3 class="entry-header"><a href="http://vacanze.blog63.fc2.com/blog-entry-229.html" title="「2006年ワールドカップ決勝の映像(PK)」の永続的アドレス">2006年ワールドカップ決勝の映像(PK)</a></h3> </div> <!-- 記事本文部分 --> <div class="entry-body"> <div id="aabody"> <title>ワールドカップ サッカー イタリア代表 優勝
決勝PK戦




ブログランキング参加中



カンナバーロ(イタリア)コリシアン社製フィギュア イタリア代表シリーズ 現品のみ!!セール!!カンナバーロ(イタリア)コリシアン社製フィギュア イタリア代表シリーズ 現品のみ!!セール!!
おすすめ度 :
コメント:

サンタ・マリア・デル・カルミネ教会 フィレンツェ
サンタ・マリア・デル・カルミネ教会( Chiesa di Santa Maria delCarmine )

13世紀の半ばに建設されたカルメル会の教会です。建築様式はフィレンツェ・ゴシックだったのですが、18世紀の火災で焼失。現在の建物はバロック様式です。
しかし、幸運なことにブランカッチ礼拝堂は火災を免れ現在もその美しさで人々を魅了しています。
現在有料の教会も増えてきましたが、ここは通貨がリラの時代から有料でした。
ただ、お金を払う価値のある場所だと個人的に考えています。


写りは悪いですが、ブランカッチ礼拝堂の一部です。

左上:アダムとイヴの楽園追放(マサッチョ作)
左下:牢獄の聖ペテロを訪れる聖パウロ(フィリピーノ・リッピ作)
右上:貢の銭(マサッチョ作)
右下:司教座の聖ペテロ(マサッチョ作)
中央一番下:カットし切れなかった人の頭(作者不明)

フィレンツェを訪れる人の平均滞在日数は2,3日くらいでしょうか。
小さい街とはいえ見るものは沢山あるのがここフィレンツェ。
侮れません。私は過去数年分足すと1月程度フィレンツェに滞在したのですが、まだまだ行きたい所が沢山残っています。
さて、今年は何所に行こうかな?


地図

使い方はこちらを参考にして下さい。
前回紹介したサント・スピリト教会からは直線距離で300?400mですので、サント・スピリト地区に来たら一緒に回れるエリアですよね。
フィレンツェ中央駅からはサンタ・マリア・ノヴェッラを通り超え、Via de Fossiをアルノ川まで進みます。
アッラ・カライア橋を渡って4本目の通りを右に曲がってカルミネ広場まで行くと到着です。













ブログランキング参加中



ゆこゆこおしゃれ旅
イタリア 旅行
進行中。

9月?11月の3ヶ月を予定しています。
長期休暇と言いますか。
以後ずっと休暇にって分けにはいきませんので、何かしないといけませんが、この3ヶ月でその中心になるようなことは掴んで帰ってくるつもりです。
最初は北イタリアを中心にくまなく回って、余裕が有れば、オーストリア、スイス、南フランス、ドイツ辺りを絡めてみようかなと思います。
予算は乏しいので、兎に角貧乏旅行。

今まで北部は殆ど周ったことが無く、未踏の地ばかりです。
ガイドブックからピックアップした場所は

ミラノから入る予定なのでミラノでまだ見てない所
モンツァ(サーキットが有るからでは有りません。)
マッジョーレ湖
ベルガモ
ブレーシャ(ロベルト・ヴァッジョも席を置いていた所)
マントヴァ
サッビオネータ
パヴィア
ヴェネツィア(先生とスケジュールが合えば会いに行こうと思います。)
ヴェローナの教会(ジュリエットの家には既にお邪魔しました)
パドヴァ
ボルツァーノ
トレント
トリエステ(Illyの本社が有ります)
ウディーネ
トリノ(イナヴァウアーしてきます。)
アルバ(バローロの里)
アスティ(スプマンテの里)

と、これだけでも2週間は消費してしまいそうな数。
他の国に足伸ばす余裕は無いような気がしますね。(@_@;)



地図は外務省のページより

ブログランキング参加中



ゆこゆこおしゃれ旅
花 フィレンツェ
フィレンツェ( Firenze )は古来から「花の都」と呼ばれ、その美しさも世界屈指のものだと私は思っています。

15世紀には数々の芸術家を育み、ルネッサンス(イタリア語ではリナッシメント Rinascimento )の中心となり、芸術の華も咲き乱れました。

そんなFirenzeから届いた素敵な香り
その正体はこれ



Firenzeにお住まいのmo1968さんからのプレゼント
ワールドカップの優勝国予想ゲームに参加して、見事当選を果たしました。
暫くワールドカップのことばかり書いていましたので、ひょっとしたら私がイタリアを応援しているのではと気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。(言うまでまでなくバレバレですね)

先ず、イタリアが優勝したことに感動し、
次いで、当選したことに感激し、
僅か1週間足らずでイタリアから郵便物が届いたと言う事実に驚き、
また感動してしまった本日でした。
先週末からずーっと風邪で咳き込んでいますが、今日は安らかに眠れそうです。
Grazie mille !!


そして、これはFirenzeの紋章。
写真は2年前の12月ヴェッキオ宮横です。



ブログランキング参加中



プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ海外旅行【JTB スタッフけんさくん】
KLMのドリームキャンペーン

イタリアお役立ち

イタリア 旅行 情報収集
旅する前に情報収集
基本情報
交通情報(ストライキの情報)
気候情報(服装)
治安情報
など、知っておく方が良いでしょう。

特に公的機関の安全情報等には目を通して下さい。
自分の身を守るのは自分なのです。
他ストライキ等も知っていれば、あらかじめ別手段を用意できますので、情報入手しておく方が良いでしょう。
ユーロスターはストライキ関係なく運行されると言うことですが、他の電車同様大体遅れます。

外務省 海外安全ホームページ
日本国査証(ビザ)案内3ヶ月以内は必要ありません。
イタリア国鉄ホームページ
イタリア政府観光局
Tirreniaフェリー会社のホームページ
ローマの空港。レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港(フィウミチーノ空港)(Aeroporto di Fiumicino)
マルペンサ空港(Aeroporto di Malrensa)、リナーテ空港(Aeroporto di Linate)
成田空港
関西国際空港
H.I.S.イタリア発 イタリア・イタリア・ホット・ニュース
HIS イタリア
[イタリア]All About
イ タ リ ア 旅 行 情 報 サ イ ト
イタリア旅行・旅行ガイド
ローマ市役所
日伊協会
在ミラノ日本総領事館consolato del giappone a milano


また役に立ちそうなページは追加していくつもりです。
リンクが切れてたらお知らせ下さい。

リンククラブ

@WORD 広告のない無料ブログ作成レンタルサービス

SNSとBlogを一緒に - @FlaBo

Pingoo!

自分だけの「ブログ履歴書」を作れる!

無料ウィキ

ココログ
イタリア 友達 リンク

  
北部


Il Mondo di Yumikoトレヴィゾ在住のゆみこさんのHP通訳、翻訳などをされています。
私もお世話になりました。           
日記はこちらゆみこの不定期な日記


イタリアごろごろ猫記 ポー河近くにお住まいのねるさんのブログ。
              猫、花、イタリアの色んなネタ。
              私のヒットはカンナバーロ=一休さん説(笑)

イタリア・絵に描ける珠玉の町・村・そしてもろもろ! イタリア北東部(コネリアーノ)にお住まいの
                          shinkaiさんのブログ。名前だけ絵描きの私と違って
                          本当に絵を描いてらっしゃいます。ギャラリーはこちら

北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして ピエモンテ州にお住まいのRIEさんのブログ。
                          ワインやピエモンテの暮らしなどについて綴らています。

イタリアマニア☆国際結婚生活 ミラノのもっちさんのブログ ベビーシッターをされています。
                     イタリアマニアつながりということで(笑)

ITAMANI blog ミラノのkemuさんのブログ。ブログタイトルが似ていますね。(笑)
           イタリア生活・イタリア情報・イタリアの食べ物コラム
           これまた、イタリアマニアつながり 
           『ミラノ 秘密の観光地』ここ行きたいです。

Barca a Vela ミラノのippopotamooさんのブログ スローフードを中心に書かれています。


ぴっこらイタリア ミラノ在住のIkukitoさんのブログ 日々の出来事は笑いあり、涙あり。
           生活感が伝わってきます。

Natura vita akiさんのブログ エミリア・ロマーニャにお住まいで、フィットテラピー、
        オメオパシィーを取り入れた自然な生活をされています。
        フィットテラピー(fitoterapia):自然の薬
        オメオパシー:自分の自然治癒力を高め、本来の健康を取り戻す自然療法
           (こんな感じだと思います)

エミリアからの便りモデナにお住まいのエミリアさんのブログ。
             地元ネタ、食べ物ネタ、時に旅ネタは読み応え十分。
        

中部

  
自転車娘フィレンツェを行く yossyのブログ フィレンツェでモザイクの仕事をされています。
                  フィレンツェでモザイクなのでもしかしたら思ってのですが、
                  従姉妹のお友達。
                  フィレンツェは狭いですが、世間も狭かった。(笑)

不埒な天国?Paradiso Irragionevole?フィレンツェの在住10年の友人
                         albero4さんのブログ。
                         私から見るとフィレンツェの主です。(笑)
   
La Vita Toscana フィレンツェにお住まいのmo1968さんのブログ
            ゆったりした生活に憧れすら感じています。
            ラベンダーの香りをプレゼントに頂きました。
            トスカーナからの か・ほ・り参照

フィレンツェ田舎生活便り2 タイトル通りフィレンツェにお住まいのchihoさんのブログ  
                 和やか癒し系、バカンスはトスカーナにしようと思う人も多いのでは?
フィレンツェ情報サイト「ラ・カーサ・ミーア」chihoさんの主催のフィレンツェ情報
イタリア、フィレンツェで短期滞在型アパート、B&B、アグリツーリズモ情報を発信しています。フィレンツェの滞在をより楽しくするクチコミ情報も満載です。


イタリアでモロッコごはん フィレンツェ在住Deliziaさんのブログ。
                イタリア料理とモロッコ料理を勉強中というのDeliziaさん、
                実はとってもチーズマニア。マニアはマニアを呼びます。(笑)

aiutoイタリア! aiuto さんのブログ。(aiuto:助けての意)
           イタリア留学に関する相談や手続きなどをされています。

ローマの平日@裏話ローマにお住まいのyuranotoさんのブログ
              ローマでの日常、裏話等について書かれいます。
              あなたの知らないローマの意外な顔が見えるかも。
         
けちけちイタリア徒然日記・甘辛い生活 ローマのカンポさんブログ。
                          イタリア在住、1児の母の現実的イタリア生活日記。
                          読んでいて面白いです。


南部


エトナ火山のお嫁さん カターニア(シチリア島)にお住まいのEtnaさんのブログ
                子供の頃見た火山巡りドキュメントで
                エトナ山に惹かれたそうですから筋金入りの火山マニアです。

シチリア食文化研究日記 シチリア島最西端の街、トラーパニにお住まいのREIさんのブログ
                シチリアの食やドルチェのことを書かれています。
                La Tvola Sicilianaという料理教室も主宰されてます。               

                                     
            
※イタリア在住のお友達が増えたら、随時更新していきます。
サント・スピリト フィレンツェ
 サンタ・トリニタ橋( Ponte Santa Trinita )の上を通ってアルノ川( Fiume Arno )を南に渡るとフレスコバルディ広場( Piazza Frescobaldi )が有ります。(広場といってもそんなに広くないんですが。)

サンタ・トリニタ橋から真直ぐに延びる道がマッジョ通り( Via Maggio )を直ぐに右に曲がるとサント・スピリト通り( Via Santo Spirito )になります。
サント・スピリト通りを西に(アルノ川の下流に向かって)歩いて一つ目か二つ目の通りを左手に曲がると、直ぐにサント・スピリト広場( Piazza Santo Spirito )に出ます。(こっちはちゃんとした広場です。)
ちょうど教会の裏側から来るような感じになります。


 

この教会はアゴスティーノ修道会の教会で、設計はブルネッレスキ
 彼は工事開始直後に亡くなったため実際の工事は数々の変更が加えられまして、
 ファサードはご覧のように未完のままです。(写真は右です。)
(言われなきゃ、こういうものなのかなと思ってしまうのですが、未完成だそうです。)
 これはこれで、シンプルで私は好きな教会です。

さて、内部なんですが、正面のバラ窓はペルジーノのデザインによる「精霊降誕」、
右翼廊の奥から2番目にある祭壇にはフィリッピーノ・リッピ作「聖母子と聖ジョヴァンニーノ」が有りますので、是非見て下さい。
写真が有れば分かりやすくて良いのですが、
私の手元に有るのは暗い中で撮ったピンボケなので鑑賞に耐えません。

ですので、代わりにちゃんと撮影できていたプレゼピオ( Presepio )をご覧下さい。


プレゼピオとはキリスト降誕を人形とジオラマで表現したもので、
各教会でそれぞれの飾り付けがされます。
ナターレ( Natale :イタリア語のクリスマス)時期にイタリアを訪れたら、
いろんな教会のプレゼピオを見比べて回るのも面白いですよ。


フィレンツェの地図

クリックで地図に飛びます。

説明
PDF形式の地図が現われますが、上のツールバーにある
検索ボタン(双眼鏡のボタン)を押して下さい。
左にPDF形式の地図、そして右側に新規検索窓という配置になります。
検索窓に探したい場所を入力してみます。
そして検索ボタンをクリックすると、結果と言う項目に
検索結果一覧が表示されます。
下のチェックボックスは任意でチッェクを入れれば良いと思います。
検索結果の任意の場所をクリックすると左のPDFファイル上に
青いカーソルで目的地が表示されるのでこれは使えますよ。
自分の行きたい場所を確認するのに利用してみては如何でしょうか。




ブログランキング参加中



プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ海外旅行【JTB スタッフけんさくん】
KLMのドリームキャンペーン

続きを読む »

イタリア 本
これを読んで南イタリアの旅を決行しました。

作者はタカコ・半沢・メロジーさん
これを読んだら南イタリアへ行きたいと思う人多いと思います。

私は南へ行くのにかなりの強行軍を行いました。
1日でモンタルチーノ(イタリア中部)→シエナ→キウージ→ナポリ
(イタリアでは当たり前ですが、電車が大いに遅れ、夕方にナポリに着く予定が、かなり暗くなってからの到着でした。)
殆ど1日が移動で潰れました。

もう一つの大移動
ナポリ(夜行列車、これも大いに遅れました)→パレルモ→アグリジェント(1日観光)→パレルモ

アグリジェントは人がとても親切でした。
人にも勧めたい街です。

ワールドカップ サッカー イタリア代表 優勝
実に24年ぶりの優勝にイタリア代表大喜び


ブッフォンとサッカー命と身体で表現するグロッソ


喜び走るAzzurri


預言者のようなトッティ


終始笑顔のカンちゃん


やっぱり笑顔


カップにBacio


ちょっと派手ですね。(笑)


代表通算100試合目がワールドカップ優勝という記念すべき日。
ディフェンスにも力が入りました。


みんなで仲良く記念撮影


ワールドカップはイタリアのもの



勿論イタリア国民も大喜びです。

ブログランキング参加中



カンナバーロ(イタリア)コリシアン社製フィギュア イタリア代表シリーズ 現品のみ!!セール!!カンナバーロ(イタリア)コリシアン社製フィギュア イタリア代表シリーズ 現品のみ!!セール!!
おすすめ度 :
コメント:

ジダンの退場は

ワールドカップ サッカー イタリア代表 ジダン 頭突き


これが原因でしたが、多くのことが報道されています。
マテラツィの暴言があったとか、ユニフォームを引っ張られたジダンが腹を立てたとか。



ただ、退場は妥当な処分だと思います。
サッカーは暴力をふるう場ではないのだから・・・





ワールドカップは直ぐ手に届く所に有ったんですけどね。
ジダンはこんな形で現役を終えて悔いは無いのだろうか?
人事ながら、気になります。


ブログランキング参加中

イタリアの応援にポチッと








ラウンドトリップ・バナー100×60
ワールドカップ サッカー イタリア代表
前半7分 マテラッツィのファールからPKを与えてしまい、ジダンに決められてしまう。




しかし、前半19分ピルロからのコーナーキックをあわせたのはマテラッツィ。(借りは返しましたね)



そして、このまま試合は両者点が入らず90分が終了し、延長戦へ突入。
試合はフランスに押され気味のまま延長後半へ進むものの、ジダンがマテラッツィへの頭突きにより一発退場。(挑発されたんでしょうけど、アレはいけません。最後に汚点を残す結果に。)

しかしながら、イタリアも決定力に欠きPK戦にもつれ込む。


PK戦
ピルロ 21 ゴール 1:0      ヴィルトール 11 ゴール 1:1
マテラッツイ 23 ゴール 2:1   トレゼゲ 20 クロスバー 2:1
デ・ロッシ 4 ゴール 3:1     アビダル 3 ゴール 3:2
デルピエロ 7 ゴール 4:2     サニョール 19 ゴール 4:3
ファビオ・グロッソ 3 ゴール              5:3


イタリア優勝!

やったー




公式結果

ブログランキング参加中

イタリアの応援にポチッと








ラウンドトリップ・バナー100×60

ローマの平日

イタリア 本
最近読んだ面白いイタリア関連の本です。

作者は岩田佐和子さん
オールアバウトでも記事を書いてらっしゃる方です。(クリックすると飛びます)
ブログも発見(ここクリックで飛びます)

日本人の使う「かわいい」をイタリア人に解説してる項目

混乱!「カワイイ?」のナゾ。

ブランドショップの店員さんが日本の女の子がやたら「カワイイ」を連発することから、何やら重要な言葉だと思ったらしいのです。
が、その使われ方があまりにも多岐にわたっているもので、どうにも意味がつかめない。
それに対する岩田さんの説明は

ブルガリの時計「カワイイ」=「ゴージャスで素敵ぃ欲しいぃケド高いからムリ?

オリーブオイルの「カワイイ」=「キッシュでプリティ?お部屋に飾ったらいいかもぉ?お土産に買おうかなぁでも持ってかえるの重いかも?

ゲイのかっこいいお兄さんの「カワイイ」=「キレイなラテン顔ぉ?でも、彼氏にするには濃すぎるかもぉ?それに、きっとゲイかもー!きゃっ、やだ?

ますます混乱するイタリア人とご本人も書いてらっしゃいますが、そりゃそうですよ。
日本のオジサン達だってきっと理解してやしませんから。(笑)

後ろの方の役に立つかもしれないイタリア語もチョッピリ放送禁止用語でいいかも



ブログランキング参加中


今日はワールドカップ決勝
絶対に寝ません。


プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ海外旅行【JTB スタッフけんさくん】
KLMのドリームキャンペーン
ワールドカップ サッカー イタリア代表
7月4日ドルトムントで行われた準決勝1回戦

ドイツ対イタリアは90分では勝負は着かず、延長戦に突入。

試合は
119分にファビオ・グロッソ


121分にアレッサンドロ・デルピエロがゴール


0-2でイタリアの勝利?

後は決勝 2006年 7月 9日 ベルリン で全てが決まります。

やっと睡眠不足から開放されます。
そして、ワールドカップ以外のことを書いていこうと思います。

ここまで、イタリアの試合は全てライブで見てきましたが・・・
昨日はついに力尽きてしまいました。(残念です。)


公式結果


ブログランキング参加中

イタリアの応援にポチッと






Forza Azzurri !!

ラウンドトリップ・バナー100×60

シチリア州

イタリア 基本情報
シチリア島(伊: Sicilia, 英語由来のシシリー島とも)は、地中海最大の島である。周辺の島も合わせてイタリア共和国のシチリア自治州の大部分となっている。

州旗にあるシンボルはトリナクリア(Trinacria)と呼ばれ、メデューサの顔と3本の素足からなる。足はパレルモ、メッシーナ、シラクサの岬を表すとされる。トリナクリアはシチリアの古名でもあり、ギリシア語の「三つの岬」に由来する。


地理
エトナ火山が、カターニアの近くに位置する。北方のエオリア諸島、西方のエーガディ諸島、北西のウスティカ島、南西のペラギアン諸島は、シチリア島と同じ行政区分に属する。

シチリア島は、二千年以上前から穀物をはじめとする農作物の生産地である。なかでもオリーブとワインが特産品である。カルタニセッタ県は、19世紀、硫黄の一大産地であったが、1950年代以降、産出量は減り続けている。


地域 イタリア島嶼部
州都 パレルモ
面積 25,710 km²
人口 5,087,000 人
人口密度 198 人/km2
県 アグリジェント、カルタニッセッタ、カターニア、 エンナ、メッシーナ, パレルモ, ラグーザ、シラクーザ, トラーパニ
コムーネ数 390


シチリア州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより

サルデーニャ州

イタリア 基本情報
サルデーニャ島は、イタリア半島、スペイン、チュニジアの間、フランス領コルシカ島の南に位置するイタリア領の島である。シチリア島に次ぎ、地中海で2番目に大きな島となっている。

サルデーニャは、サルデーニャ語ではSardigna, Sardinna, Sardinnia 、イタリア語ではSardegna、カタルーニャ語ではSardenyaと綴る。この違いの影響もあり、日本語ではイタリア語からのサルデーニャの他、ラテン語や英語のSardiniaに由来するサルディニア、サルジニア、サルヂニア、サルデニアなどの表記がある。

古代にこの島はフェニキア人によりイクヌーザ(ラテン式の綴りでIchnusa、もとはHyknusa)と呼ばれており、。現在は州都カリャリで製造される、サルデーニャで一番ポピュラーなビールにその名を残している。また、イタリア半島を足だとすると、その足跡にあたるような島の形から、古代ギリシャ人はサンダリオン(Sandalyon)と呼んでいた。

地理
サルデーニャ島は面積24,090 平方km、人口165万人。島全体が、イタリア共和国のサルデーニャ自治州である。州都はカリャリ(カリアリ)。

東側にティレニア海、その対岸にイタリア半島、北側にはボニファシオ海峡を挟んでコルシカ島を望む。また西側はサルデーニャ海と呼ばれている。南東にはシチリア島がある。

行政
サルデーニャ州は8つの県からなる。カリャリ県、サッサリ県、ヌオロ県、オリスターノ県に加え、分割により2005年にオルビア=テンピオ県、オリアストラ県、カルボーニア=イグレージアス県、メディオ・カンピダーノ県が加わった。なおサルデーニャの住民はヴェネト州の住民とともに、"popolo"(固有の民族集団)としてイタリア議会から認定されている。

観光この島には、リゾート地コスタ・ズメラルダやジェンナルジェントゥ山地など、多くの観光地がある。有名なビーチの美しさだけでなく、先史時代の石造建築であるヌラーゲ遺跡を代表するバルーミニのス・ヌラージ、フェニキア・ローマ時代の都市遺跡であるオリスターノ近郊のターロス、カリアリ南郊プーラにあるノーラなど、様々な興味深い観光資源に恵まれている。

気候サルデーニャは地中海性気候に属し、春と秋は暖かく、夏は暑く、冬は穏やかである。近年、地球温暖化が原因と考えられる旱魃が続いている。

言語
サルデーニャで一般に話されている言語はイタリア語とサルデーニャ語である。サルデーニャ語はラテン語を起源とするロマンス語に属する言語で、フェニキア語、エトルリア語の影響を受けているとも考えられている。

公用語としてはイタリア語が使われている一方、サルデーニャ語は今でも農村部では日常語として話されているが、特にカリャリの若者たちの中にはサルデーニャ語をまったく知らない人もいる。サルデーニャ島では島民たちを一つの民族または国だと考えており、政治的な意味からサルデーニャ語を主要言語だと主張しているグループも存在する。

これに加え、サルデーニャ島北部のガッルーラ、サッサリ地域では、コルシカ語の方言が話されている。ジェノヴァ地域からの移民が暮らすサンピエトロ島では、イタリア半島のリグリア方言が使われている。また、アラゴン王国の支配を経験した歴史的背景から、アルゲーロ近辺では中世期の要素を受け継ぐカタルーニャ語の方言が話されている。



地域 イタリア島嶼部
州都 カリャリ(カリアリ)
面積 24,090 km²
人口 1,643,096 人
人口密度 68 人/km2
県 オリスターノ、オリアストラ *、 オルビア=テンピオ *、 カリャリ、カルボーニア=イグレージアス *サッサリ、ヌオロ、 メディオ・カンピダーノ *
コムーネ数 377

サルデーニャ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより

カラブリア州

イタリア 基本情報
カラブリア州(Calabria)は、イタリア共和国の州の一つである。ナポリの南、イタリア半島の先端に位置する。州都はカタンツァロ。 面積は、15,080 km²、人口は、205万人。

北はバジリカータ州、西はティレニア海、東はイオニア海に面している。 またメッシーナ海峡を隔てたすぐの所にシチリア島がある。

観光地カンタブリアを取り囲む海はとてもきれいで、良い観光地となっている。

トロピア、ティレニア海に面した都市で、海岸も町も美しい。
シデルノ、イオニア海に面した都市。良いホテルが多くある。

地域 イタリア南部
州都 カタンツァーロ
面積 15,082 km²
人口 2,009,506 人
人口密度 132 人/km2
県 ヴィボ・ヴァレンツィア、カタンツァーロ、クロトーネ、コゼンツァ、レッジョ・カラブリア
コムーネ数 409

カラブリア州公式ホームページ(イタリア語)イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより

バジリカータ州

イタリア 基本情報
バジリカータ州(Basilicata)はイタリア共和国南部の州である。
州都はポテンツァ。ルカニアの別名を持つ。南東はイオニア海(ターラント湾)に接し、東はプッリャ州、西はカンパニア州、南をカラブリア州と接している。

歴史イタリア統一前はブルボンの両シチリア王国の一地域であった。


地域 南部イタリア
州都 ポテンツァ
面積 9,992 km²
人口 597,768 人
人口密度 60 人/km2
県 マテーラ, ポテンツァ
コムーネ数 131

バジリカータ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)



上記データはWikipediaより

プーリァ州

イタリア 基本情報
プーリァ州(Puglia)はイタリア共和国南部の州で、アドリア海に面し、カンパーニャ、モリーゼ、バジリカータの各州と境界を接する。
州都はバーリ(Bari)。

一時期は東方教会コンスタンティノポリ総主教庁に帰属したが、現在はローマ・カトリックの信徒がほとんどである。対岸のアルバニアからの移民が多い。
地域 イタリア南部
州都 バーリ
面積 19,000 km²
人口 4,000,000 人
人口密度 210 人/km2
県 バーリ、 バルレッタ=アンドリア=トラーニ *、 ブリンディジ、 フォッジャ、 レッチェ、 ターラント
コムーネ数 258


プーリァ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)
上記データはWikipediaより

カンパニア州

イタリア 基本情報
カンパニア州はイタリア共和国の州の一つである。
イタリア半島南西部に位置し、ティレニア海に面している。

地域 南部イタリア
州都 ナポリ
面積 13,595 km²
人口 5,701,931 人
人口密度 419.4 人/km2
県 アヴェッリーノ, ベネヴェント,カゼルタ, ナポリ, サレルノ
コムーネ数 551

カンパニア州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)


上記データはWikipediaより

モリーゼ州

イタリア 基本情報
モリーゼ州(Molise)はイタリア共和国南部の州。
州都はカンポバッソ。

地理イタリア半島中ほどに位置しアドリア海に面している。


地域 イタリア南部
州都 カンポバッソ
面積 4,438 km²
人口 332,000 人
人口密度 75 人/km2
県 カンポバッソ、 イゼルニア
コムーネ数 136

歴史
1964年1月にアブルッツォ州と分離して成立。

モリーゼ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより

アブルッツォ州

イタリア 基本情報
アブルッツォ (Abruzzo) はイタリア共和国中部の州。別名アブルッツィ (Abruzzi)。
州都はラクイラ。イタリア半島中ほどに位置し東はアドリア海に面していて、北はマルケ州、西はラツィオ州、南はモリーゼ州と接している。

歴史
1964年1月にモリーゼ州と分離して成立。
地域 イタリア中部
州都 ラクイラ
面積 10,794 km²
人口 1,300,000 人
人口密度 120 人/km2
県 ラクイラ、キエーティ、
ペスカーラ、テーラモ
コムーネ数 305


アブルッツォ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより

ラツィオ州

イタリア 基本情報
ラツィオ州(Lazio)は、イタリア共和国中部の州。


州都 ローマ
面積 17,203 km²
人口 5,269,972 人
人口密度 306 人/km2
県 ヴィテルボ、フロジノーネ、ラティーナ、
リエーティ、ローマ
コムーネ数 378


ラツィオ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより

マルケ州

イタリア 基本情報
マルケ州(Marche)はイタリア中部のアドリア海沿岸の州で140万人の人口がある。 州都はアンコーナで、エミリア=ロマーニャ州、トスカーナ州、ウンブリア州、アブルッツォ州と接している。



地域 中部イタリア
州都 アンコーナ
面積 9,694 km²
人口 1,400,000 人
人口密度 145 人/km2
県 アンコーナ、
アスコリ・ピチェーノ、 フェルモ*、 マチェラータ、 ペーザロ・エ・ウルビーノ

コムーネ数 246


マルケ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより

続きを読む »

ウンブリア州

イタリア 基本情報
ウンブリア州(Umbria)はイタリア共和国中部の州である。 州都はペルージャ。

地理
アペニン山脈中にあり、海にも国境にも接していない内陸部の州である。南部はテヴェレ川の河畔であり、北部ではトラジメーノ湖をはさみトスカナ平野に接する。丘陵地が多く、古代より多くの都市が防衛のため丘陵上で営まれてきた。

気候は地中海性気候であり、ブドウやオリーヴの栽培が盛んである。

主な都市は、州都であるペルージャのほか、テルニ、アッシジ、チッタ・ディ・カステッロ、フォリーニョ、グッビオ、ナルニ、オルヴィエート、スポレート、トーディなど。

地域 イタリア中部
州都 ペルージャ
面積 8,456 km²
人口 815,000 人
人口密度 96 人/km2
県 ペルージャ、テルニ
コムーネ数 92

歴史
ウンブリア州の名は古代紀元前6世紀頃この地方に住んだウンブリイ族にちなむ。ウンブリイ族はウンブリア語と呼ばれるラテン語に近い言語を話していた。現代のウンブリア州は同じ名前をもつとはいえ、現在のマルケ州北部、ラヴェンナまで及んでいたがテヴェレ川西岸を含まなかった古代のウンブリア州とは範囲を異にする。古代にはテヴェレ川西岸、たとえばペルージャはエトルリア州に属していた。そしてノルチアの周辺はサビニ族の領土であった。

中世から近世に掛けてはローマ教皇領に属し、商業で栄えた。中世末期アッシジに出たフランチェスコの築いた托鉢修道会フランシスコ会はカトリック世界最大の修道会の一つとなり、アッシジは現在もイタリア国内ではローマに次ぐ重要な巡礼地のひとつである。ルネサンス期にはペルージャにペルージャ派とよばれる画家の一群が出た。1860年、イタリア王国に併合された。

ウンブリア州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipedia より

個人で旅行をする場合、最初に押さえるのは航空券になると思います。

日本人はなかなか長期で休みが取りにくいものです。

長期休みの期間というと、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始くらいですよね。

そんな分けで、私は航空券を最初に押さえます。

長期休暇の前は、2月前でもキャンセル待ちってこともありますので、なるべく早く航空券を予約しておきましょう。

私がお勧めするのは、以下の3つの会社です。



 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル


 フリーバード海外航空券オンライン予約


 空丸



上記3社をお勧めする理由

オンラインで検索ができ、その場で予約が確定できること。

クレジットカードで決済ができること。

の2点が有ります。

オンライン予約のメリットは、メールや電話のやり取りによるトラブルを避けられることがあります。(私の記事航空券予約等も参照して下さい。)

メールや電話だと、何度かやり取りしている間に自分の予約したい席が無くなってしまうこともあるのです。

そして銀行振込みですが、イーバンク銀行ジャパンネット銀行等のネット振り込みが出来る銀行口座を持っていないと、銀行に足を運ばなければなりませんし、振込手数料も掛かってしまうからです。


利便性、経済性ともに優れていると思います。

航空券を買う時どこで買おうという時は、参考にして下さい。



ブログランキング

トスカーナ州

イタリア 基本情報
トスカーナ州(Toscana)はイタリア共和国中部に位置する州である。

州都はフィレンツェ。

歴史ローマを中心とするローマ教皇領と並び、ルネサンスの中心地の一つであった。 長くメディチ家の支配下にあったが、のちオーストリア領トスカーナ大公国となった。 1860年イタリア王国に合併されたが、その後もオーストリアは20世紀初頭までトスカーナの領有権を主張した。

地域 中央イタリア
州都 フィレンツェ
面積 22,990 km²
人口 3,516,296 人
人口密度 153 人/km2
県 アレッツォ、グロッセート、フィレンツェ、リヴォルノ、ルッカ、マッサ=カッラーラ、ピサ、ピストイア、プラート、シエーナ
コムーネ数 287

トスカーナ州公式ホームページ(イタリア語)

イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより
イタリア 基本情報
エミリア=ロマーニャ州(Emilia-Romagna)はイタリア共和国北部の州である。
州都はボローニャ。

地理イタリア半島のつけ根に位置し、東部はアドリア海に接する。



地域 イタリア北西部
州都 ボローニャ
面積 22,123 km²
人口 4,101,324 人
人口密度 181 人/km2
県 ボローニャ, フェラーラ,
フォルリ=チェゼーナ, モデナ, パルマ, ピアチェンツァ, レッジョ・エミリア, リミニ,ラヴェンナ

コムーネ数 341

農産物DOPとIGTのEUから公式に証明された生産物。

レッジョ・エミリアの伝統的バルサミコ酢
Aceto Balsamico Tradizionale di Reggio Emilia DOP
モデナの伝統的バルサミコ酢
Aceto Balsamico Tradizionale di Modena DOP
アルテドの緑アスパラガス
Asparago verde di Altedo IGP
ピアチェンツァのコッパ
Coppa Piacentina DOP
フェラーラのコッピア
Coppia Ferrarese IGP
モデナのコテキーノ
Cotechino di Modena IGP
クラテッロ・ディ・ジベッロ
Culatello di Zibello DOP
ターロ森のキノコ
Fungo di Borgotaro IGP
グラナ・パダーノ
Grana Padano DOP
カステル・デル・リオの栗
Marrone di Castel del Rio IGP
ボローニャのモルタデッラ
Mortadella di Bologna IGP
コッリーネ・ディ・ロマーニャのエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
Olio Extra Vergine di oliva Colline di Romagna DOP
ブリシゲッラのエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
Olio Extra Vergine di oliva di Brisighella DOP
ピアチェンツァのパンチェッタ
Pancetta Piacentina DOP
パルミジャーノ・レッジャーノ
Parmigiano-Reggiano DOP
エミリア=ロマーニャの梨
Pere dell'Emilia Romagna IGP
ロマーニャの桃とネクタリン
Pesca e Nettarina di Romagna IGP
プロシュット・ディ・モデナ
Prosciutto di Modena DOP
プロシュット・ディ・パルマ
Prosciutto di Parma DOP
ヴァルパダーナのプロヴォローネ
Provolone Valpadana DOP
ピアチェンツァのサラミ
Salame Piacentino DOP
イタリアサラミ漁師風
Salami italiani alla cacciatora DOP
ロマーニャのエシャロット
Scalogno di Romagna IGP
中央アペニン山脈の白牛
Vitellone bianco dell'Appennino Centrale IGP
モデナのザンポーネ
Zampone di Modena IGP

エミリア=ロマーニャ州公式ホームページ(イタリア語)

イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより
イタリア 基本情報
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(Friuli-Venezia Giulia)はイタリア共和国の特別自治州である。

オーストリアおよびスロベニアに隣接する国境の州である。州都はトリエステである。アドリア海奥のヴェネツィア湾に面している。
フリウリ地方とヴェネツィア・ジュリア地方からなり、フリウリはウーディネ県とポルデノーネ県とゴリツィア県の一部、一方ヴェネツィア・ジュリアはトリエステ県とゴリツィア県の残りに部分とに別れる。 これらの名前であるがどちらもこの地方を平定したユリウス・カエサルに関係ある語源をもつ。フリウリとは、ユリウスのフォルムを意味し、ヴェネツィア・ジュリアはユリウスのヴェネツィアの意味である。

1866年の第2次イタリア独立戦争前はオーストリアに帰属した。そのため、いまでも住民にはドイツ語を母語または第二言語とする者が多い。 また、レト・ロマンス語の一つであるフリウリ語やドロミティ・ラディン語の話者が居ることでも知られる。フリウリ語には約60万人の話者がいるが、州はおろか県の公用語にもなっていない。




地域 北東イタリア
州都 トリエステ
面積 7,845 km²
人口 1,191,588 人
人口密度 152 人/km2
県 ゴリツィア、 ポルデノーネ、 トリエステ、 ウーディネ
コムーネ数 219

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア特別自治州公式ホームページ(イタリア語)

イタリア政府観光局公式ホームページ

上記データはWikipediaより

ヴェネト州

イタリア 基本情報
ヴェネト州(Veneto)はイタリア共和国の州である。
人口は約450万人。東をフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、北をオーストリア、北西をトレンティーノ=アルト・アディジェ州、西をロンバルディア州、南をエミリア=ロマーニャ州と接している。東側にはアドリア海(ヴェネツィア湾)がある。州都はヴェネツィア。


地理
地理学的な概観の特徴は他に類を見ないヴェネツィアのラグーナ(潟)である。重要な川に関しては南にポー川(とポー川の三角州)とアディジェ川、中心にはブレンタ川、北にはピアーヴェ川がある。また西にはガルダ湖がある。

北西にはアルプス山脈、特にレッシーニの山々がそびえ、アジアゴ高原とマルモラーダ氷河のあるドロミティ山脈などがある。また、平原にはエウガネイの丘がある。

歴史ヴェネト州の歴史は他の北部イタリアの州と共通している。古代にはインド・ヨーロッパ語族に属する言語を話すウェネティイ族が居住し、ヴェネトの名はこの民族に由来する。ローマ帝国の支配が及ぶようになった後も、ゴート族やランゴバルト族が流入し、ローマ帝国をなやませた。東西にローマ帝国が分かれた後は、一時期ラヴェンナなどと同様、東ローマ帝国の勢力下にあった。

この地方に位置する都市ヴェネツィアは都市国家ヴェネツィア共和国として、アドリア海の海上交通を掌握し、ラグーナによって陸からの進攻から比較的安全だったこともあり、中世を通じて独立を保ち、イスラム圏とヨーロッパの中継貿易により、海上国家として繁栄した。最盛期にはパドヴァやベルガモなどの内陸の都市を勢力下におくだけでなく、キプロス島、クレタ島なども領有して栄えた。しかしナポレオン・ボナパルトに攻略されてヴェネツィアは滅び、後に条約によりベルギーの領有権と交換にオーストリア領となった。

第三次イタリア独立戦争(1866年)の初期にオーストリア・ハンガリー帝国から分離されて、イタリア王国に統合された



地域 イタリア北東部
州都 ヴェネツィア
面積 18,264 km²
人口 4,699,950 人 (2004年)
人口密度 258 人/km2
県 ベッルーノ, パドヴァ, ロヴィーゴ, トレヴィーゾ, ヴェネツィア, ヴェローナ, ヴィチェンツァ
コムーネ数 581


イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

ベネト州公式ホームページ(イタリア語)

上記データはWikipediaより

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | NEXT |


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。