イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > 2007年04月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事で有名になった(?)サッビオネータのあなことベスパジアーノ・ゴンガーザ(Vespasiano Gonzaga)には、他にも逸話がありますので、もう少し触れておきます。

このあな、自他共に認めるスペイン好き。(笑)


衣装もスペイン風。
建築もスペイン風。
妻もスペイン人。。。。。

3番目はともかく、ゴンザーガ家は、スペインと深い関係があったことがうかがえます。

さて、このあなですが、嫉妬深い性格といいますか、執着心が強い性格でもあったのです。
1人目の妻は浮気を理由に殺害します。

で、次に結婚した相手は・・・・これまた、スペイン人なのです。。。。



サッビオネータ
サッビオネータのパンフレット、これは日本語じゃありませんが、日本語のものも置いてあります。
(デジカメで撮ったので、ちょっとゆがんでます。)

建物内部の写真を撮ってないので、以下パンフレットの写真を使って見学ツアーを少し解説します。


サッビオネータ2
6角形をした街の見取り図

サッビオネータ4
街の見所一覧

サッビオネータ3
ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)内部にある木製の騎馬像。
これは本来11体有ったのですが、火事により消失、現存するのは4体(数はあまり自信が無いです)となっています。
あなの曾御爺さんくらいから子供までゴンザーガ家揃踏みだったのです。
いやー、残念です。

さて、何かと話題のあなですが、この火事の時まで何処に埋葬されてるのか分かりませんでした。
サッビオネータのあなは何処?
そしたら、床下から発見されたのですよ。謎の人骨がね。

でも、誰の骨だかすぐに分かりました。
だって、頭蓋骨にあなが開いてたんだもん。(ほんとです

他、双頭の鷲の紋章、レバノン杉で作られた天井等が特徴的です。

レバノン杉というのは中東のレバノンで採れる杉のことで、虫がつきにくいということから、建築材によく用いられました。
しかし、大量に伐採されたため、現在は殆ど残っていない貴重な木材です。


サッビオネータ5
オリンピコ劇場(Teatro Olimpico)
観客席上側にギリシャ神の彫刻が有ります。
ナポレオンの部下のいたずら書きは右側の壁面だったでしょうか。
あなを開けた理髪師もどこかに描かれていますよ。(笑)

劇場の規模としては、小さいですが、舞台装置まである立派なものです。
これくらいの小さい劇場でオペラ見たいなーって思いました。(たぶん途中で寝てしまいます。)

(ここはちょっと疎覚えですが、劇場は本来空があるものらしく、この劇場には空が描かれているという説明を聞いたような気がします。)


サッビオネータ6
ジャルディーノ宮殿(Palazzo Giardino)
ドゥカーレ宮殿が公邸なら、こちらは私邸といった場所です。
損傷はしてるものの、2階にある長い回廊のフレスコ画はなかなかのもの。
絵は、グロテスク様式で描かれていて、マントヴァのPalazzo Teとも似た雰囲気があります。






2006年10月16日 サッビオネータ おまけ









ナチュラル・バランス・ダイエット





スポンサーサイト
サッビオネータを語るには、この街を作ったベスパジアーノ・ゴンガーザ(Vespasiano Gonzaga 1532?91年)についてふれておく必要があります。
彼のことを業界関係者はこう呼びます。「あなの男」略して「穴」です。

さて、その経緯を解説しますと、このベスパジアーノという人は頭痛に悩まされていたのです。
昔のことですから彼はその原因をこう考えました。
「頭痛がするのは頭に悪い血が溜まっているからだ。頭に穴を開けて悪い血を抜いたら直るはずだ!!」と。
そしてヴェスパジアーノは、理髪師に自分の頭蓋骨(後頭部)に穴を開けさせたのです。
現代に生きる私からは信じられない行為ですが、それで治ってしまったのだからこの人は幸運だったのでしょうね。
そんなところに由来して、私達関係者(見学ツアーを一緒に回ったグループです)はヴェスパジアーノを略して「あな」と呼ぶのです。(笑)

実はヴェスパジアーノは梅毒を罹患していたのですが、こんな荒療治で頭痛が治るってとても不思議です。
そんな「あな」ですが、頭痛が治ったのがよほど嬉しかったらしく、この時治療をした理髪師(昔は簡単な外科手術的なことを理髪師はしていました。)の姿(名前だったかもしれません)を劇場に描かせています。
この劇場は舞台装置も有って、後の劇場建築の見本にもされていますので、オペラや舞台を見るのが好きな人に興味深い場所だと思います。

そしてこの劇場では、ナポレオンの部下の落書きも見られます。
風車だか、観覧車だか分からない稚拙な絵ですが、ナポレオンがイタリアに来ていろいろ悪さをしていったんだなーというのも良く分かります。

他にも、ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)のある部屋には鷲の紋章が描かれています。
本来この鷲の首に首にぶら下げられた旗に当る部分には同盟を結んでいる国の名前が描かれていたのですが、ここもナポレオンの部下によって「皇帝万歳」などという落書きに描き変えられているのには、がっかりしました。

見学ツアーに参加すれば、解説があると思います。
(私は、大して分かるわけでもないのにイタリア語パンフレットを貰ってきましたが、日本語のパンフレットも有るので、イタリア語の解説が分からなくても大丈夫だと思います。)


サッビオネータ
バスから見るサッビオネータの城壁。

サッビオネータ2
サッビオネータの城壁内部

サッビオネータ3

サッビオネータ4

サッビオネータ5
サッビオネータ6
ドゥカーレ宮(Palazzo Ducale)


サッビオネータ7


サッビオネータ8
サッビオネータ9
サッビオネータ10
サッビオネータ11
シナゴーグ内部。
シナゴーグはユダヤ教の教会のような建物で、男性は中に入る時に帽子を被らないといけない決まりがあります。
私もこの時は、4番目の写真右側の男性のように黒い小さな帽子を頭に載せていました。
(帽子はシナゴーグの入り口で男性に配られます。)

サッビオネータ12
城壁外のトラットリアは安くて、なかなかいけました。
時間が無く、期待もしていなかったのでパスタを注文しただけです。
セコンド頼んでみたら面白かったかもしれませんね。

サッビオネータ13
サッビオネータ14
城壁の外より


最後に私がここまでイタリア語での説明を理解できたか!?ですが、実はこの時の見学ツアーには昔イタリアに絵の勉強に来ていた人がいらっしゃいまして、全部に日本語で解説してくれたのです。
「あな」はインパクトが強かったので、未だに覚えています。
他あやふやになった記憶の部分は日本に帰ってきてから調べたもの。
そして、この日は月曜日、本来なら見学ツアーは開催されない日でした。

北海道から来ていた人達が事前にアポイントを取っていなければ、
私がサッビオネータに来た時間が同じくらいじゃなかったら・・・

サッビオネータ訪問は実現していなかったかも知れません。

幾つもの偶然が重なって、非常に印象深い訪問が出来たサッビオネータ、人にもお勧めしたい街の1つです。



サッビオネータの地図


2006年10月16日 サッビオネータ









ナチュラル・バランス・ダイエット





マントヴァ(Mantova)1

マントヴァ(Mantova)はミンチョ川が形成する3つの湖(スーペリオーレ、メッツォ、インフェリオーレ)に囲まれた街で、ゴンザーガ家に縁の深い街でもあります。

ついで、みたいなもんですが、安土町(滋賀県)とも姉妹都市であり私にも縁が有るような気になりました。(ちょっと強引なこじつけ)

マントヴァへは、ヴェローナを早朝に出てきた為、結構早い時間に着いています。

マントヴァ市内
朝日で逆行になってしまいましたが、市内を流れる川の風景です。
昼間に撮れば良かったんですけどね。(^^;)

マントヴァ市内2
中央に見えるのがマントヴァのDuomoです。
朝早いので、市内の人通りは、まだまばら。

マントヴァDuomo
これはDoumoの側面からですが、設計が個性的です。

マントヴァDuomo2
内部には模型も有ります。

マントヴァDuomo3
マントヴァDuomo4
マントヴァDuomo5
フレスコ画、デザインはゴンガーザ色が感じられます。


マントヴァ市内3
マントヴァ市内4
足早にマントヴァを見て周った私は、午後にパラッツォ・テ(Palazzo Te)を見ることにしてバス乗り場へ急ぐのでした。
バスの正確な時間が分からなかったので、先ずは遠くから。
そして時間のゆとりに応じてマントヴァを再び散策する作戦です。
1日で幾つも街を回ってしまおうという欲張りな人には、こんなやり方がお勧め。

マントヴァ_バス乗り場
そして、私はサッビオネータ(Sabbioneta)へ向かうのでした。


マントヴァの地図




2006年10月16日 マントヴァ 1








ナチュラル・バランス・ダイエット

トレント(Trento)

眠いのを堪えながら、途中下車したトレント、
時間も限られているので、足早に回ります。

先ずはグランデ広場にある鐘楼。
中心部で一番目立つんじゃないかと思います。
トレント1
トレント2
ドゥオーモ広場

トレントDuomo1
Duomo横から
トレントDuomo2
Duomo正面から

トレントCastello1
ブオンコンシッリョ城(Castello del Buonconsiglio)
入場料6ユーロです。

トレントCastello7
天然の岩の上に城がある感じです。

トレントCastello2
内部は博物館になっています。
撮影出来ないので、内部の写真は有りません。
フレスコ画、ジローラモ・ロマニーノを中心とした所蔵の絵画は質が高いと思います。

トレントCastello3
トレントCastello4
ジローラモ・ロマニーノ(Girolamo Romanino)の連作「12の月」
は見応え十分だと思います。
内部の絵はこちらで確認できます。

Trento_Castello
この写真のライトアップされている絵(左)は目にしたことがある人もあるんじゃないでしょうか?

トレントCastello5
トレントCastello6
この城にはカンティーナが有ったりします。
お暇なら、探してみて下さい。

この地図参考になります。(黄色の所が主な見所です。)

2006年10月15日 トレント









ナチュラル・バランス・ダイエット



ボーツェン(Bozen)

タイトルをドイツ語にしてみました。
ボルツァーノ 1の続きです。
街外れの城から町の中心地へ戻ってきました。
行きは川沿いの道を上って行ったので、帰って来るときは道2本くらい川から離れて、ワイン畑の中を歩きました。
(良い写真が撮れなかったので、写真は無いです。)

さて、ボルツァーノには、観光名所に1つの博物館が有ります。
ここには、雪山で凍り漬けになった「アイスマン」(約5300年前の男性のミイラ)が展示されています。
その死因については謎。
また、アイスマンに関わった7人の法医学者、第一発見者夫婦、ジャーナリストら関係各者が相次いで怪死したことから「アイスマンの呪い」とも言われています。(((((゚o゚)))))
そんな不可解な謎を秘めたミイラ、アイスマン
ええ、そうですとも私は怖気付き、入りませんでしたよ。

まだ、先の長い旅こんな所で呪われては溜まりません。。。。
好き好んでミイラを見たいとは思ってないこともあり、アイスマンさようなら、気が向いたらまた来ます。(^^;)
因みに博物館( Museo Archeologico dell'Alto Adige )の公式サイトです。興味のある方は、ご覧下さい。


兎に角、「旅は楽しくあるべきだ」というのが私の信念。
ドゥオーモ前のフェスタ会場に潜入です。
ボルツァーノのFesta5

ハロウィンと思わせておいて、かぼちゃのお祭りのようです。

ボルツァーノのFesta1
ボルツァーノのFesta2
ボルツァーノのFesta3
ボルツァーノのFesta4
大小、様々なかぼちゃ。
様々な種類のかぼちゃ。
かぼちゃ
かぼちゃ
かぼちゃ

写真は有りませんが会場では、プレッツェルやビールを売ってる屋台が有り、オーストリア色の強さを感じました。

ボルツァーノのFesta6
メッチャ小さなメリーゴーランドです。
可愛いですね。
これくらいなら、おもちゃ屋で売ってそうです。

フェスタの会場では食事は摂らずに、周辺ウロウロして入ったトラットリア。

ボルツァーノのトラットリア2

ジャガイモと肉とがフライパンで出てきましたよ。(笑)
イタリアの料理とは、何所か違いますね。

ボルツァーノのトラットリア1

飲み物は、ビール。
ミュンヘンほどではなかったものの、なかなか美味しいビールでした。

ボルツァーノのトラットリア3
ドルチェは温かいりんごのタルトのカスタードクリーム添え

食事を終えて、ボルツァーノの駅に着いたのは15時前。
よく歩いたせいか、少し眠くなったのですが、そこは堪えて次なる目的地トレント(Trento)行きの列車に乗り込むのでした。

トレントへ続く



2006年10月15日 ボルツァーノ 2









ナチュラル・バランス・ダイエット




山がちな地域ボルツァーノ(Bolzano)は、ドイツ語でボーツェン(Bozen)と表記されます。
ボルツァーノへ(小さいですけど、1つ前の日記の1番下の写真で確認できます。)

この地方はお隣オーストリア、ハプスブルグ家の領地であった期間が長いこともあり、住民が話している言葉はドイツ語である確率高いです。
そして、標高も高いのでちょっと肌寒いです。

ボルツァーノ1
雪の積もる地域というのが分かる屋根の尖がり具合が、イタリアとちょっと違います。
ゲルマン色が溢れているように思えませんか?

私はミュンヘンしか行ったこと有りませんが、雪が積もってて、動いてなければ寒くて仕方が無かったドイツの建物に似てます。
例えるなら、高く聳え立つ針葉樹。

それは、ドゥオーモも基本的な造りは同じようで、屋根は鋭角です。
ボルツァーノのDuomo1
Duomo裏手より

ボルツァーノのDuomo4
Duomo正面方向より
不確かな記憶ながら、正面の入り口は寒い地方特有の2重扉(重たい鉄製)だったように思います。


ボルツァーノのDuomo2
ボルツァーノのDuomo3
また、内部も特徴があって木製の祭壇(何て言うのか分かりませんので、仮にこう呼んどきます。)細長く作られています。

ボルツァーノ2
そして、街の中心から離れていくとアルプスの少女ハイジが物理的には有り得ない長さのブランコで登場してきそうな風景が広がります。

ヤギの放牧に行っちゃおうかな?(笑)
と思わずには居られない衝動に駆られました。



アルプスの少女ハイジ 35周年メモリアルボックス (期間限定生産)アルプスの少女ハイジ 35周年メモリアルボックス (期間限定生産)



ボルツァーノはハイジな場所ですよ。

ボルツァーノ3
街中はちょっと飛ばして、街の外へ
ボルツァーノ4
綺麗に澄んだ小川
ボルツァーノ5
そして、この川沿いは公園が長く続いていて、何とも長閑。
途中のグランドでは、中学生くらいの少年達がサッカーの試合をしていました。
まあまあのレベルでしたが、将来あの中からセリエAで活躍する選手が出るのかもしれません。

ボルツァーノ6
もう少し川を上流に進んでいくと、斜面にはブドウ畑が広がっています。
まだ収穫していないぶどうも中にはあったので、この辺りもネッビオーロのような遅取りのぶどうを栽培してるのもしれません。

こんな街の外れまで来たのは、教会に入ってみたかったからなのですが、生憎と廃教会って感じで入れませんでした。
近くのおじいちゃんが、何か言ってくれたんですけど、ドイツ語なんで何にも分かりません。
「入れないよ。」と教えてくれてたんでしょうけどね。

私としてはこのまま帰るのも、ちょっとつまらないので近くで見つけた「Castel Roncolo」という看板を頼りに、城へ行くことに。

ボルツァーノのCastello1
でも、これが結構距離が有って街から軽く2キロは離れているでしょうか。
おまけに、ほら、ちょっと高い場所にあるから階段登らなきゃいけないんですよ。
近くの駐車場には観光バスも停まってたので、それなりに名所なんでしょう。
下から城を見上げると、造りは無骨ですが守りは固そうに思えます。

ボルツァーノのCastello2
城の中は左が博物館、右リストランテになっていて、中央の広場では甲冑がお出迎えをしてくれます。
少なくとも夜は来たくないなー。

ボルツァーノのCastello3
城は街の外れの高い場所にあるので、街を一望できますが、
・・・・かなり遠い。
帰りを考えると、何でここまで来たんだろうと考えなくもありません。

Castel Roncolo興味の有る人は、街からはちょっと遠いですが行ってみて下さい。リンク先にイタリア語だけど情報が有ります。
入場料8ユーロとちょっと高目です。
城の広場自体はお金要らないので、食事に来るだけという使い方もありでしょう。(私はここで食べてません)
博物館の内容は、フレスコ画が少し有ったの、周辺地域の出土品が展示されていたくらいだったかと思います。

城の中を一通り見たので、来た道を街へと戻ります。
ボルツァーノ7
30分くらい歩いて、街の中心部に戻ってきましたが、屋台は閉まってる所が多くてちょっと寂しいです。
多分日曜日だからでしょう。

ボルツァーノ8

山がちな所なのに何故ネプチューンなんでしょうか?
ご存知の方教えて下さい。

2へ続きます。


2006年10月15日 ボルツァーノ 1









ナチュラル・バランス・ダイエット








ボルツァーノへ


ヴェローナから北へ向かうと

電車は、次第に標高の高い所に登っていく。

右手に見えるのも頂上付近には雪を頂いた連なる山。

左手に見えるのも同じような山。

線路に沿って流れる川も冷たく澄んだ水だろうか。

車窓を流れるブドウ畑。

この電車は珍しく、車内アナウンスがある。

トレントを超えた辺りからだろうか、イタリア語のアナウンスの後には

ドイツ語も続く。

ボルツァーノへ1

ボルツァーノへ2

ボルツァーノへ3

ボルツァーノへ4





2006年10月15日 ボルツァーノへ









ナチュラル・バランス・ダイエット



ヴィチェンツァ

無銭飲食(おごってもらった)もしたことだし、もう少しヴィチェンツァを歩いてみましょう。

フェスタをやっていたシニョーリ広場(Piazza Dei Signori)から150mほど西側に位置するドゥオーモ(Duomo)
ファザードは大きいので正面からでは全景が入りません。

ヴィチェンツァDuomo3
ヴィチェンツァDuomo4
斜めからの1枚。中央右に緑の塔が見えていますが、あの辺りがシニョーリ広場です。

ヴィチェンツァDuomo
ヴィチェンツァDuomo2
内部はちょっと暗いですね。

ヴィチェンツァの街
近くの通りも日が陰ってきて暗いです。
真っ暗になるまでには、ヴェローナまで帰らないといけないし、寄りたい所もあるのでそろそろ帰り支度。

寄りたい所というのは、旧市街の中心に来る前に目をつけていた場所、
たぶん、普通の人はあまり行かないんじゃないかなーと思う駅裏の丘の上です。
駅から直線距離にすれば、500mくらいなんでしょうけど、行くにはちょっと回り道しないといけません。
1キロ弱くらいの距離だと思いますが、階段が長いのです。
ヴィチェンツァ駅上の教会
この回廊を見ると、登りたくなりませんか?(私だけ?)
長くて、立派な造り。
「何かある!?」私の勘はそう告げました。

ヴィチェンツァ駅上の教会2
回廊の所々にあるフレスコ画。
絵自体のレベルはどうということはないんですが、休憩も兼ねて疲れたら眺めて下さい。

ヴィチェンツァ駅上の教会3
最初の登り直線距離で300m以上は有ったでしょうか。
坂道ダッシュすると、かなり疲れる距離です。
でも、これだけじゃ有りません。
登り切ったと思ったら、・・・・・
ヴィチェンツァ駅上の教会4
更に同じくらいの距離が回廊を90度曲がると現るのです。
うーーーーん。

ヴィチェンツァ駅上の教会6
回廊を登り切って、100mほどの距離に有る教会
ヴィチェンツァ駅上の教会7
内部には銃が飾ってありました。(なんでだろう?)
他の教会では、あまり見たことがありません。
私が行った時間はちょうど、ミサの時間と重なったみたいで人が沢山居て移動するのも困難でした。
これだけ、人が多かったってことは、何か有名な教会なのかもしれません。
正面の写真ではそう大きく見えないですが、奥行きが有って、かなり大きめの教会のは、入ってみないと分かりませんでした。


ヴィチェンツァ駅上の眺め
教会の内部から、撮った一枚。
真ん中辺りの建物はパッラーディオ設計じゃないかなと思います。

ヴィチェンツァ駅上の教会5
教会前の駐車場より、旧市街を見下ろすと、赤いレンガの家々に緑の屋根が目立ちます。
この景色見るのに、ここまで登ったとしても悪くは無いと思います。(ちょっと疲れるけど、タダだし)

ヴィチェンツァ駅上の公園
教会近くの公園。

ケバブ
駅前で買ったKEBABU。
今日の晩御飯はこれで決まり!(しょぼいですね)



2006年10月14日 ヴィチェンツァ 2

 



ナチュラル・バランス・ダイエット
ヴィチェンツァ(Vicenza)の街はアンドレア・パッラーディオの建築物が多く残る街です。

とはいっても、私はそんなに沢山の資料を持っていなかったので、自分の気に入ったものを適当に撮影しただけです。

実は前日ヴェローナでガイドブック落としたので、地図が無いし、資料も全く無かったのです。(><)

ヴェローナからバスに乗って(電車の代行)来たので、駅でヴィチェンツァの地図が有るか聞いてみました。

結構親切な駅員さんがコピーした地図をくれました。+地元の人が街の観光案内所の位置を教えてくれました。

Vicenza

駅前の大通りは、学生が多かったです。

ヴィチェンツァ2

街の入り口

ヴィチェンツァ3

公園 この時結婚式やってました。

ヴィチェンツァ4


門から街に入ってすぐの場所。
人影まばらで、ちょっと寂しい。

ヴィチェンツァ5


パッラーディオ設計、テアトロ・オリンピコ。(中には入らず) 観光案内所はこの近くです。

この近くで、ドイツ人に道聞かれました。
「イタリア人に聞くと、みんな違うこというから、全然目的地に辿りつけない。」だそうです。
「だから、いつも警察官にしか道は聞かない。」って。 (私は警察官じゃありませんが)

そんなこと話していて、メールアドレス聞いたんだけど、メール書いてません。。。。。

ヴィチェンツァのフェスタ

ちょうどこの日はフェスタでした。 アルプスです。

ヨーゼフ、ハイジ、ペーター、おじいさ?ん
ほんとに、ハイジに出てくるおじいさんみたいな人が何人かいました。

ヴィチェンツァのフェスタ2


ヴィチェンツァ6


ヴィチェンツァ7

ここの広場にずーとテントが並んでいて、登山用具とか、他いろいろな出店を眺めて回って、最初の白いテントに戻ってきました。

ヴィチェンツァのただ飯


ここで、目に付いたのは「Baccala」という見慣れない単語。 思わずテントの前で辞書を引いてしまいました。

「乾燥した塩漬けのタラ」のことでした。 内陸部なのに魚食べるの? そんなことをしていると、係りのおじさんが私を見つけ、「俺のおごりだ。飲んでけ。」となり。
「食べていくか?」となり。

vino_vicenza.jpg


タダで全部いただいちゃいました。 内容は、干した塩ダラをバターで戻した感じの料理。 ポテト、ポレンタ、ワイン(ワインは合計3、4杯)。

汚い絵ですが、「こうやって飲むんだ!」と力説されたので、書いておきます。(理由は分かりません) 食べ終わってお礼を言おうと思ったけど、おじさんはどっかに行っちゃってて見つからず。

そんなわけで、この場で「Grazie」

食い逃げはしてませんので(笑)

2006年10月14日 ヴィチェンツァ 1






ナチュラル・バランス・ダイエット

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。