イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > 2007年05月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燦々と降る陽光は、大地を焦がす。

 私もまた、そんな太陽の元に身を曝してものの1人である。

 行脚すること幾星創、自分名をも確かではなくなった。

 見据えるは、わずかに爪先の半歩前。

 暫しの憩いが欲しい。

 ふと額に手をやり、眼界を先の方へと延ばしてみる。

 幾ばくかの距離に一際立派な教会が見える。

 仮初の旅人でも、足休めくらいはさせてくれるだろう。

それから 数分歩いて教会に着いた私は扉を開けた。

 中に入ると、一人の男がいた。

 年嵩は50そこそこであろうか。

 私に気付いた男はニッコリ微笑み、手招きをした。

 疲れては居たのだが、荷物を床に置いた私は男の後に従った。

 どうやら教会内部を案内してくれるということらしい。

 建物内部は思っていたよりも広く奥行きがある。

 鍵を開けては次の部屋、そして中庭へと進んで行く。

 そんな案内も終盤に差し掛かり、男はこんなことを私に語った。

 「サン・ルーカを知っているかな?」
 「サン・ルーカは、物語上だけの人物と思っている人は多い。  
 でもね、本当にサン・ルーカ・・・」

ニッコリ微笑んだ男の顔が輝きを放ったかと思うとフッと宙にかき消えたのだっ た。



 トントン 肩に微かな衝撃が伝わってくる。

 私は瞼を押し広げ、頭を上げた。

 「大丈夫かい?」

「ええ、大丈夫です。」

 どうやら私は眠っていたようだ。

 では、私が見たものは? 夢か現か幻か。

 否、やはりあれは・・・なのだろう。

 パドヴァの聖人

上の記事は、私の虚構です。

 実際のところどうだったのかといいますと、 教会に入った私は、

荷物を礼拝堂の1つに置いて 教会内部の写真をパチパチと撮っておりました。

そうすると、教会の人が私を見つけて着いて来るように 言うのです。

荷物どうしよう。重いから持って歩くのは嫌だけど、 放っといて盗られても嫌だしなー、

でも着替えくらいしか入ってないし 盗られてもいいやーと

約1秒間考えて荷物は放って 着いて行くことにしました。

ちょうど、中年イタリア人の夫婦を案内するところだったその

ついで で私は便乗する形になりました。(私はこういうことが多いです)

サン・ジュスティーナ教会

以下の教会内部写真はクリックででっかくなっちゃいます。
 サン・ジュスティーナ2サン・ジュスティーナ
サン・ジュスティーナ4サン・ジュスティーナ3
教会内部

サン・ジュスティーナ_騙し絵  奥行きがあるように見えますが、だまし絵です。      

ここから下がシークレットツアー(?)です。

サン・ジュスティーナ5サン・ジュスティーナ_中庭中庭        
サン・ジュスティーナ_フレスコ1サン・ジュスティーナ_フレスコ2サン・ジュスティーナ_フレスコ3
何故だか左からと中央からと右からと撮らされました。
私には見えない何か写ってますか?263  

サン・ジュスティーナ_フレスコ4サン・ジュスティーナ6
その他のフレスコ画

サン・ジュスティーナ_中庭2サン・ジュスティーナ_中庭3
中庭よりの眺め

このサン・ジュスティーナ教会にはサン・ルカのお墓があるそうです。
上の虚構にもチラッと書きましたが、サン・ルカはほんとに居たの?
っていわれてるんだそうです。
でも、ここにはお墓がある。
「サン・ルカは居たんだよ。」そんな説明だったと思います。


で、そん説明を聞いて教会内部を案内してもらった私は、やっぱり寝足りなかった!!
だからまた、入り口近くで荷物抱えて寝てたんです。
あんまり静かで寝息も立てていないように感じたのでしょう。
教会に入ってきた人に「大丈夫か?」と起こされたのでした。

パドヴァの聖人静人(せいじん:静かに眠る人)らふぁえろはここに誕生したのです。(笑)
やっぱり教会で寝過ぎですよね。

では、次回ほんとのパドヴァの静人サン・タントニオに続きます。


2006年10月17日 パドヴァ 3

 

スポンサーサイト
パドヴァの市内は落ち着いた雰囲気。

でも、天気が良いので暑かったです。(??;;;)

 パドヴァ市内
橋を渡って街の中心部へ向かいます。
橋の上にには小さなお堂がありました。
 パドヴァ市内

こちらは、たぶん劇場です。
オペラ見たいなー。(たぶん寝るけど)
パドヴァ市内2


そして街の中心付近
パドヴァ市内4
パドヴァ市内5
パドヴァ市内6


パドヴァ市内7
パドヴァのロッジア
パドヴァの市
パドヴァの市2
下の2枚がロッジア内の市場の様子、上2枚が概観と広場に立ってる市場の様子です。

記事を書くのに調べてみたらこの建物パラッツォ・デッラ・ラジョーネ(Palazzo della Ragione)
という旧裁判所だそうで、1階がお店が入っていて、2階はフレスコ画見られたようです。
(じっくり散策しなかったのが悔やまれます。)


パドヴァのコスプレ?
外の市場にはナースのコスプレ(?)した女性が。
パドヴァはオタクの聖地でもあるんでしょうか?
パドヴァのコスプレ?

パドヴァの中心部
なんとなく気に入って撮った建物。
何だったかなー。

パドヴァ大学前
「ドットーレ ドットーレ、ドットーレ ドットーレ ○×○× ~ ♪ 」
こんな歌が聞こえてきます。

何事かと思えば、おそらく今年卒業したであろう学生が卒論の発表をしているようでした。
半分お祭り騒ぎですね。
因みにこの女性のスカート丈は短かったです。

そんな、彼女が卒業したであろうパドヴァ大学をチラッと見てみたくなって、門をくぐってみました。
するとまあ、歴史ある大学に相応しいフレスコ画がお出迎えしてくれました。
ここで、ガリレオ・ガリレイもここで教鞭を執っていたんですねー。

パドヴァ大学
パドヴァ大学2 
2,3日だけ通ってみたくなりました。

パドヴァ大学前2
再び外に出ると、海水パンツだけで、体中に落書きされた男子学生も卒論発表でしょうね。
ビールなどをかけられてたみたいですが、これがパドヴァ大学の卒業の儀式なのかなーと思って眺めていました。
日本の大学と違って、イタリアの大学は卒業が難しいといいます。
日本は普通4年で卒業できますが、イタリアでは5年、6年が当たり前。
4年で卒業できるのは、かなり優秀な人だそうです。
馬鹿騒ぎもしたくなりますよね。(笑)

(パドヴァ大学の儀式、歌などご存知の方、コメント下さい。)

楽しいのも良いんだけど、落ち着いた場所をより好む私は、さらに歩を進めます。
Prato_della_Valle
こちらはプラート・デッラ・ヴァッレ(Prato della Valle)です。
あまりにも暑くなったのと、喉が渇いたのと、荷物が重たいのに耐えかねた私は、この広場でカバンに入っていたスプマンテを1本空けました。305

「背負ってるよりは、胃の中に収めた方が、軽くなるんじゃないか?」
という、根拠の無い理由です。
ちょうど、時間的にもお昼くらいパンでもかじりながらピクニック気分です。398


Prato_della_Valle2 
しかし、この行動はよろしくありませんでした。
体の水分が、不足している状態だったので、
「いつもこれくらいなら平気なのに・・・・」
日陰のベンチでウツラウツラしてしまいました。395

気が付けば、私の隣にはアフリカ系の物売りが来ていました。388
英語だったかイタリアが立ったか忘れましたが、
「これは、良いよー。安くしとくから。」と私の掌にシルバーのブレスレッドを乗せ、売る気満々。

お金が無い。」
カードしか持ってない。」
シルバーは好きじゃない。」
これくらい言って、やっと諦めて去ってくれました。

私は酔ってるから眠たいんだ?!
せっかく良い天気なんだから、お昼寝させてよ。
まあ、心の中ではこんな気持ちでしたが。。。

物売りの人が遠くに去るのをしっかりと見届けてから、私ももう少しだけ目を閉じて眠りました。

IMG_0119_chiesa_di_santa_justina_padova.jpg
時計は15時を回った頃でしょうか。(教会が開く時間)

聖人になるべく私は、サンタ・ジュスティーナ教会へ向かうのでした。


2006年10月17日 パドヴァ 2





ナチュラル・バランス・ダイエット

パドヴァ


パドヴァ駅
いきなり美術館?教会?と思わせておいて、実はパドヴァの駅に有ったポスターです。

でも、良く出来てます。( ̄? ̄)うーん。

パドヴァの位置
場所はヴェローナとヴァネツィアの間で、ヴェネツィアまで電車で30分?40分くらい。
ヴェローナまでは1時間?1時間30分くらいの距離です。

この日はヴェローナからの日帰りではなくて、翌日行くヴェネツィアに近いこちらに重い荷物を背負っての移動なのです。

とても良い天気で、歩くと暑いのです。( ̄  ̄;;;;;;)

いつものように大きく歩き回ると、暑いこと暑いこと。

休憩も兼ねて、ヒンヤリした教会に入ることは欠かせません。
(こんなんで良いんだろうか?)

そして、パドヴァに来て最初に入った教会がこちら。
エレミターニ教会(Chiesa degli Eremitani)です。
駅前の道を真っ直ぐ進んで川を渡ると左手に公園があるのですが、その公園のすぐ横がこの教会です。

chiesa_degli_Eremitani  
教会外観

chiesa_degli_Eremitani2
内部
単廊式の設計ですが、天井の作りが、ちょっと変わってますね。


chiesa_degli_Eremitani3

chiesa_degli_Eremitani4

chiesa_degli_Eremitani5
フレスコ画は奥の祭壇の左右だったと思います。

少々痛んでますが、フレスコ画がきれいな教会です。
教会で一休み絵画を鑑賞して、次の場所へ移動するのでした。



2006年10月17日 パドヴァ 1









ナチュラル・バランス・ダイエット




マントヴァ(Mantova)2

サッビオネータのあなを書いてから、随分空いちゃいましたが、続きです。

サッビオネータを昼過ぎに出た私は、再びマントヴァに戻ってきました。


パラッツォ・テ(Palazzo Te)
を見るのが大きな目的です。

 テ宮殿(Palazzo Te):16世紀にジュリオ・ロマーノ設計が設計したゴンザーガ家の別荘。巨人たちの間(Camera dei Giganti)、馬の間(Sale dei cavali)、等フレスコ画が多く残っています。
フェデリコゴンザーガが愛人のために造ったそうです。
巨人の間は有名ですが、馬が居るように思わせてくれる馬の間の方が私は好きです。

 Palazzo_Te                                                           Palazzo Te入り口 Palazzo_Te2                                                Palazzo Te中庭
 Palazzo_Te3                                                         Palazzo Te 外観
 Palazzo_Te4 Palazzo_Te5 Palazzo_Te6 Palazzo_Te7 Palazzo_Te8
内部の写真は撮れなかったのですが、建物の外側のフレスコ画

Palazzo Teの内部写真はこちら
    
Palazzo_Te9
分かる人には分かる、ピエロ・デッラ・フランチェスカの絵(この絵はミラノのブレラにあります)を使った遠近法の解説です。
こんな風に描きますよーということの展示です。
1つの目で見て、線が1点に収束していくってことを理解してないと、上手く遠近感は出せないんですよねー。


Palazzo_Te11
Palazzo_Te12

  ここ、Palazzo Teは美術館にもなっていて、この時はマンテーニャ展をやってました。

マンテーニャ縁の地、先のヴェローナ(Verona)でも、次のパドヴァ(Padova)でも同じようにマンテーニャ展はありました。

マントヴァ
日もだいぶ傾いてきたマントヴァ市内。


マントヴァ1
マントヴァ2
                                             長閑な湖畔の風景




マントヴァ3
マントヴァ4 マントヴァ5 マントヴァ6
その他マントヴァの街をブラブラと。歩いてる人少ないのでちょっと寂しい。

街で見かけるMはマンテーニャのMです。
マクドのMでも、地下鉄のMでもありません。(笑)






マントヴァその他の見所

ドゥカーレ宮(Palazzo Ducale)

マンテーニャの家



マントヴァの地図

2006年10月16日 マントヴァ 2





ナチュラル・バランス・ダイエット

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。