イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > 2007年07月


ここヴェネツィアは、色んな意味で縁や思い入れのある街です。

幾つか例を挙げると以下の通りです。

初めてのイタリア旅行で(1999年)に訪れたこと。

挨拶くらいしかイタリア語を喋れなかったけど、友人の2人でホテルを探したこと。(ちょっとした達成感がありました。)

ヴェローナまでの往復切符がちゃんと買えたこと。(初めてのお使いみたいなものです。)

朝食はビュッフェ形式だったので、チーズやパンをちょこっと貰って帰って酒あてにしたこと。(^^)

初めてのレンジでチンするイタリア料理に出くわしたこと。(>_<)

(これは酷かった。パスタは皿の端っこの方が、干乾びてたくらい。

 この経験が、日本語で客引きする店には絶対に入らない方が良いということを教えてくれました。

迷路のような街に大いに迷ったこと。(目的地になかなか辿り着けませんでした。)

初めて切り売りピザを食べたこと。(お手軽ランチはマクドだけじゃないんですよね。)

広場でやっていたクリスマス・マーケットで色んなグラッパを試飲したこと。

(グラッパを飲んだのはこの時が初めてでした。)

そして、後にイタリア語を習うことになった先生がヴェネツィアの出身だったこと。


ヴェネツィアでは初めてする経験が多かったので、記録は何も取っていませんでしたが、何年も時間が経過した今も記憶に残っています。

それは、良かったことも悪かったことも含めて貴重な経験だったのだと思います。。


さて、そんなヴェネツィアの最終回は、かつて私がイタリア語を習っていた先生との面会の日です。

2日前に電話で連絡を取り、待合せは17時頃にサンタ・ルチア駅のバール。


先生との面会が主目的だったので、この日は1日暇つぶしをしていたようなものです。(^^;)

暇つぶし1.ゲット(Ghetto)

暇つぶし2.サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ大聖堂(Basilica di Santissima Giovanni e Paolo)

暇つぶし3.サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会(Chiesa di Santa Maria dei Miracoli)の外だけ

暇つぶし4.場所は忘れましたがオペラの衣装展示があった建物

暇つぶし5.サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

それでも時間が余ってしまったので、私がすることといえば察しの良い方は「ああ、あれか。」と思われていることでしょう。

また近くのサン・ジェレミア教会に入って、瞑想お昼寝です。(椅子に座ってたら寝てしまっていました。(^^;))

そして、目が覚めるとちょうどいい時間になっているではありませんか。(これも日頃の行いが良いからでしょうね。)

先生はイタリア人らしからず、時間に正確ですから、日本人の私が遅れるわけには参りません。

駅へ向かう私は少し早歩きでした。

待ち合わせまでの数分間は少しドキドキしました。全部の会話をイタリア語でできるだろうか?という不安があったからです。


時計の示す時刻は、ちょうど17時頃。

どちらが姿を見つけるのが早かったか、近寄ると

「Ciao , Come stai ? sto bene . 」

「Anch'io sto bene . 」

ハグとバーチとで再会を喜んだのです。

日本からイタリアへ帰る時には諸事情が有ったのですが、先生は元気そうだったので、私はほっとしました。

近くのバールに場所を移して、私はカッフェ・マキアートを注文して、バールで1時間くらいの会話。

その会話の殆どは日本語で行われました。。。。。(+_+;)

先生は日本に滞在していた年数がなんと11年。

日本語の細かいことやニュアンスも分かってくれるので、イタリア語使わなきゃと思いつつもつい日本語が出てしまいます。

会話の内容は、お互いの近況、どんな所を回ってきて、この後何処に行くのか。

ヴェネツィアで何処に行ったか、ユーロになってからイタリアの物価が高いこと等等。


周知の通り、イタリアは通過がユーロになって以来物価は上昇するばかり、

それでいて、給料据え置きなもので、生活は苦しくなる。

1月くらいの夏休みはあるものの経済的事情で丸々1月のバカンスを取れない人も出てきて、

そういう人達は2週間くらいはバカンスして、残りは家に居てるんだとか。

子供が居る家庭だと1日2、3時間メイドのパートをするお母さんも、わりと居るんだとか。

(私は観光しかしてないのに、変なことばっかり詳しくなっている気がします。)


特に物価が高いヴェネツィアでは、食事を安く済ませるテクニックも教えて貰いました。

私はいつも活用している方法ですが、ご紹介致します。


?:スーパーでパン、果物、生ハム、チーズ、飲み物などを買って自分でパニーノを作る。

?:ピッツェリアで食事する。

?:Brek(ザ・めし屋)のように食べたい物をトレーに載せて会計するタイプのレストランを利用する。

?:地元の人が行くような店を探す。(これは難しいです。)


まあ、こんな感じです。


バールを出た後、ゲットに行き説明を受けました。

先のゲットの記事内容はこの時、先生に聞いた話が元になっています。

その後、先生と別れた私は一旦ホテルに戻って荷造りを済ませ、駅近くのピッツェリアで夕食を採るのでした。

店内が「アメリカ?」を感じるような内装、且つピッツァに「タバスコ混じってない?」というお味。

サービスもあまり宜しくございません。

また、コペルトが要ったこと、ヴェネツィア特有の税金が要ったことで、18ユーロというお値段になっていました。

私が食べたのは、ピッツァ・マイアラータ(Pizza Maialata:サラミとソーセージが乗ったピッツァ)とビール2杯(くらい)。

これもヴェネツィアなのですね。




次は2006年11月20日 

ヴェネツィア→ウディネ→トリエステ→ヴェネツィア・メストレ→ウィーンの大移動となります。

お楽しみに


2006年10月19日 ヴェネツィア 11


ブログランキング



サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会(Chiesa di Santa Maria della Salte)
ペストの流行が治まったことを聖母マリアに感謝して建てられた教会。

上から見ると八角形で、17世紀に建設されました。
建築家バルダッサーレ・ロンゲナ
内部ではティツィアーノ、ティントレットの絵画を見ることが出来ます。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の位置
位置関係はヴェネツィアで最も重要な場所である?サン・マルコ広場から見ると、カナル・グランデ(Canal Grande)を挟んだ対岸。

?のアッカデミア橋(Ponte dell'Accademia)を渡って行くことが出来ます。  
毎年11月21日に行われる聖母マリア奉献祭(Festa della Salute )には、臨時で橋が作られるそうです。
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会上から
上から見ると八角形


サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会1

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会2

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会3

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会4


Brek
Brek



駅近くのピッツェリア
ヴェネツィアのPizzelia

Pizza
ピッツァ・マイラータ

スポンサーサイト

ヴェネツィア観光

ほんとうはこの日にアクイレイアに行く予定でしたが、ガイドブックをヴェローナで落としたので

予定を変更してヴェネツィアをブラブラしました。

1つ前のゲットーは前から興味が有ったので良い機会でした。

夕方に待ち合わせがあるので、それまでは気になる教会を見つけたら入るいつもの行動パターンです。

ちょっと普通の観光客っぽくまわってみます。

まず目に付いたのは、サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会(Chiesa di Santa Maria dei Miracoli)。
サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会

この教会はヴェネツィアの宝石箱と評される教会です。

とっても小さく可愛らしい教会。

でもね。入場料金はそれに似合わず可愛くないのでございます。

書き残さなかったのですが、お値段は確か5ユーロ?7ユーロです。。。。(はっきり憶えてないんです。ごめんなさい。)

外の窓から中を覗いてみて、そんなに私の好みじゃなかったので入場は取り止めに致しました。

そして、その次に向かったのは、サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ大聖堂(Basilica di Santissima Giovanni e Paolo)
サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ大聖堂




ここの教会は、ベッリーニ作の聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ祭壇画(Polittico di San Vincenzo Ferreri)が有名なので、それを見ておこうということでやってきました。入場料は2.5ユーロ
Biglietto_Basilica_SS_Giovanni_e_Paolo

聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ祭壇画
祭壇画(絵葉書より)


サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ大聖堂2
何となく撮ってみた騎馬像はどうやらヴェロッキオ先生の御作のようです。

病院
そして、この隣の建物ですが、教会のように見せかけておいて実は病院です。
私がイタリア語を習っていた先生の妹さんがここで生まれたそうです。



あと、外観の写真を撮り忘れたので何処か分からなくなってしまったんですが、オペラの衣装が展示してありました。
オペラ1

オペラ2

オペラ3



ヴェネツィアでは、定期的に無料のオペラが開催されていますので、その会場だったと思います。
私は、イタリアで無料とかお得の2文字に敏感に反応してしまいます。(^^;)


ヴェネツィアに来て時間が許すんであれば、オペラも楽しめます。

開演時間は大概20時ですが、ほぼ遅れます。

休憩時間もちょっと長かったりします。(開演遅れたのに)

当然、終了時間も後ろに延びるわけです。(これがほんとのオペラだー!?)

どうです。行きたくなったでしょう?(笑)

ということで、あと1回だけヴェネツィア編続きます。



2006年10月19日 ヴェネツィア 10




ブログランキング


アンドレア・デル・ヴェロッキオ(Andrea del Verrocchio) 1435年頃フィレンツェ - 1488年ヴェネツィア

ルネサンス期の彫刻家・画家・建築家。レオナルド・ダ・ヴィンチの師匠。



ジョヴァンニ・ベッリーニ(Giovanni Bellini, 1430年頃 - 1516年)

ルネサンス期を代表するヴェネツィア派の画家。

ヴェネツィアのゲットー(Ghetto)は1516年に作られました。

ユダヤ人居留地区を指すゲットー(Ghetto)自体の起源は、更に遡り13世紀と言われていますが

詳細は明らかになっていません。

一方、語源の方はヴェネツィアのある地名、ghettoからきているという説が有力で、

これはイタリア語の「鋳造工場」からきています。

ヴェネツィアに来てゲットーを訪れる日本人は少ないでしょうが、駅から程近い場所に有るので、

ヴェネツィアには何度も来てるから、ちょっと変わったものが見たいなーって人にはお勧めです。

ゲットーには何があるのか?

シナゴーグ(Synagogue)が有ります。どんな感じのものかは、サッビオネータの穴のシナゴーグをご覧下さい。

シナゴーグはユダヤ教の教会、集会所といった役割の建物。子供達に勉強を教える場でもあったようです。(後にフィレンツェのシナゴーグでそんな説明を聞きました。)

ヴェネツィアのゲットーではツアーが行われていて、博物館とシナゴーグが見学できます。確か料金は7?9ユーロでした。

(サッビオネータでシナゴーグには入っていたので今回は入りませんでした。)

もし、ヴェネツィアの地図をお持ちならGhetto VecchioとGhetto Nuovoという地名を探してみて下さい。

駅の北東辺りに位置しています。

古くからあるGhettoは壁に囲まれた場所で(現在は違います)、その昔は入り口は1つだけ、

そして夜になると外から門に鍵がかけられたということです。(現在は門も無く、行き止まりでもありません。)

かつて門があった辺りにはユダヤ料理の店、ユダヤのお菓子を売ってる店があります。

お菓子の方は、アーモンドが入ってるのが特徴です。

Ghetto Nuovoは後から作られたもので、現在は中心が広場で、広場の一角に博物館が有ります。



ゲットー
Ghetto vecchioのお土産屋さん。ダヴィデの星(六芒星)が目印です。


ゲットー2
ユダヤの格好の青年(Ghetto Nuovoの広場)

ゲットー3
第2次大戦のモニュメント(Ghetto Nuovoの広場)
911以降は軍隊が警備しています。


ゲットー4
ゲットー5
ユダヤの博物館

ユダヤのお菓子屋
お菓子屋さん

ユダヤ料理の店
ユダヤ料理の店


2006年10月19日 ヴェネツィア 9


ブログランキング






ナチュラル・バランス・ダイエット





ヴェネツィアの犬

次はヴェネツィアのゲットーについて書く予定ですが、書くのは日曜か火曜の予定です。

それまで、のこ写真で楽しんで下さい。
楽しみ方は自由です。(笑)

ヴェネツィアの犬

ヴェネツィアの犬



2006年10月19日 ヴェネツィア 8


ブログランキング






ナチュラル・バランス・ダイエット





いろいろと散策したヴェネツィア。

高い昼食にはげんなりもしましたが、それでも私はヴェネツィアの街は好きです。

他の街にはない景観が楽しめますもんね。

少ない手持ちの資金を最大限に活用して、目一杯街を歩き回って、楽しむこと。

これが私のずーーっと変わらない旅のテーマです。

食事の仕方は、まだまだ検討の余地が大有りです。

ただ、観光客が多いヴェネツィアですからちょっと良いこともあります。
マクドナルドは、大概の街に有るんですが、クレジットカードが使えたり使えなかったりです。(ヴェネツィアでは、全部の店舗で確かめたわけではありませんが、ほぼ使えます。)

そして、マクドナルドの数も1箇所ではなく、私の知る限りで3箇所以上ありますので、軽い昼食なり夕食に使うこともできると思います。

日本の100円マック同様に1ユーロバーガーがあったり、0.5ユーロのジェラートがあったりします。

私の必殺技は、1ユーロバーガー2つにジェラート1つ、クレジットカード払い!!(笑)

この日はスーパーで何か買って夕食にしましたが、翌日の昼食は上記の通りハンバーガーとジェラートです。


それでは、ヴェネツィア風景でお別れしましょう。

リアルト橋の上
夕方のリアルト橋の様子。
駅までのメイン通りになるリアルト橋の上は、日が暮れても行き交う人の流れがあります。

ヴェネツィアは他の街より治安は良い方なので、狭い人気の無い通りを避ければ、夕方の景色を楽しんでも大丈夫でしょう。

ヴェネツィアの夕暮れ
ヴェネツィアの夕暮れ2

ヴェネツィアの運河
リアルト橋の上から運河を眺める。

ヴェネツィアの夕暮れ3
明かりのつき始めたリストランテ。
鴨川の川床(ゆか)にも似た雰囲気です。

ヴェネツィアのカジノ
もうちょっと、日が暮れてからのカジノ。
ヴェネツィアにはカジノがあります。
ギャンブルが好きな人は、行ってみては?
パスポートが要ったと思うので、お忘れなく。


2006年10月18日 ヴェネツィア 7


ブログランキング






ナチュラル・バランス・ダイエット




ヴェネツィアでリストランテを選ぶのは難しい。
なるべく観光客が通るような大通りは避けても、ヴェネツィアの来るのは殆ど観光客ですから、一見さん相手の商売も成り立ってしまいます。
美味しくなくても、値段が高くても、観光客は来るわけですから。。


そんなわけで、私も外しました。(><)


そんなに観光客は入っていなさそうな店だったので、入ってみたのですが、結果は印象が良くないものでした。

理由はとっても高かったからです
ヴェネツィアの高い昼食
リゾット

ヴェネツィアの高い昼食
フリット・ミスト(揚げ物の盛り合わせ)
(揚げ物ですが、海老とイカとポレンタが載っています。これだけ、油っぽいものばかりだと胃がもたれますね。)
それと、水だけだったにもかかわらず、料金は28ユーロです。

ドイツ人観光客も「高い?!」と支払い時に文句を言ってましたが、その通りです。

それに対する店員の応対は「ここはヴェネツィアだからね。」と少し横柄とも取れるものでした。
確かにヴェネツィアは他の街と違う税金が課税されていますが、いただけない態度です。

私も支払いをカードでしようとすると、何とも面倒くさそうにやってくれましたので
決して気分の良いものではありませんでした。

ヴェネツィアで物が高いのは知っているので、気を取り直して待ち歩きへ。

目指す先はダルマータ・デッリ・サンティ・ジョルジョ・エ・トリフォン信徒会(Scuola Dalmata delli Santi Giorgio e Triffon)です。
名前はかなり長いです。

Scuolaは英語のSchool(学校)の語源とも言われる言葉ですが、それ以外にも協同組合、集会所のような意味もあって、
ここは、ダルマチア(クロアチアの一地方)出身者のための建物だったわけです。


切符
では、3ユーロ支払って中に入りましょう。

Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon
建物外観


Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon
私はこの絵が見たかったんです。実物が見られて良かったです。
のえの作者はヴィットーレ・カルパッチョ(Vittore Carpaccio, 1460年頃 - 1525年/26年頃)
Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon
Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon

さて、この建物内ですが、実は撮影禁止だったようで、
「ここは殺意撮影禁止って書いてあるだろう。」と注意を受けました。
暗くて気が付きませんでしたが、確かにそんな表示がありました。(^^;)
皆さん気を付けましょね。

Scuola Dalmata delli Santi Giorgio e Triffonの位置場所はここです。

2006年10月18日 ヴェネツィア 6

ブログランキング



ヴィットーレ・カルパッチョ(Vittore Carpaccio, 1460年頃 - 1525年/26年頃)はイタリア、ヴェネツィア派の画家で、ヴィンチェンツォ・ベッリーニに師事した。風景描写に優れる。カルパッチョはとりわけ、「聖ウルスラの伝説」として知られる、9枚の絵画よりなる連作で著名である。

代表作
1495年の9枚の連作『聖ウルスラの夢』
1515年の『騎士の帰還』(Ritratto di cavaliere)

その他
薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけた料理を好んだ。この料理は彼の名を取ってカルパッチョと呼ばれている。



ナチュラル・バランス・ダイエット
ヴェネツィアの優雅な交通手段といえば、お馴染みゴンドラ(Gondola)、運河を進んでいく姿を見ると、少々お高いですが一度は乗ってみたいなーと思います。

でも、ゴンドラと見た目はそっくりのトラゲット(Traghetto)という交通手段も存在します。
こちらは、地元の人も利用する経済的な足でして、1回0.5ユーロだそうです。(これも乗ってないんですねー。)

ヴェネツィアの街をS字状に流れるカナレ・グランデ(Canal Grande)ですが、ここには橋が3つしか架かっていません。

ヴェネツィア・サンタルチア駅前のスカルツィ橋(Ponte degli Scalzi)
スカルツィ橋



フィレンツェのポンテ・ヴェッキオのように橋の上に店の並ぶリアルト橋(Ponte di Rialto)、別名「白い巨象」
リアルト橋
ちょっと写真が古いです。(1999年12月撮影)



アッカデミア美術館前の木造のアッカデミア橋(Ponte dell'Accademia)
アッカデミア橋
この橋を渡ってアッカデミア美術館に行きます。
確か、合わせ鏡で天井画を見た記憶のあるアッカデミア美術館。見所はたくさんあるヴェネツィアですが、思い出に残る場所だと思います。(でも、どんな絵があったか憶えてなかったりする自分がちょっと情けないです。。。)


この3つの橋以外でカナル・グランデを渡る渡し舟がこのトラゲットなのです。
トラゲット乗場
トラゲット乗場の1つ。
お金が無い。でもゴンドラに乗りたい!!
そんな時は、トラゲットでゴンドラに乗ったような気になりましょう。


ゴンドラ1

ゴンドラ2
でも、こうやって見るとやっぱり優雅に水上を渡っていくんですよねー。

さて、そんなゴンドラの気になる料金なんですが、正式なものを調べてみたら以下の通りでした。

40分まで80ユーロ(1隻に6人まで乗れるので、相乗りなどすれば一人当たりは約13.4ユーロ)
その後20分毎に40ユーロの追加料金(これも割れば、何とかなるでしょう。)

そして、夜間(19:00?8:00)になると更に料金は上がって40分100ユーロ、その後20分毎に50ユーロとなります。

ゴンドラの料金はヴェネツィアのHPで確認して下さい。
何も知らない観光客に高い料金を請求してくることもあるようです。
1人の料金じゃなくて、1隻の料金ですので間違えないようにしましょう。

ヴェネツィアの観光案内所で聞けば教えてくれると思います。
また、ホテルのフロントでも予約できるようですので、宿泊先で聞いてみても良いでしょう。

イタリア語や英語は苦手、でもゴンドラ乗りたいって時は日本の旅行会社を通してイタリアのオプショナルツアー
イタリアのオプショナルツアーなど申し込んでも良いかと思います。





優雅なゴンドラでの一時


ヴェネツィアの名物の鳩は結構器用ですよ。(笑)




ヴェネツィアの街角





2006年10月18日 ヴェネツィア 5


ブログランキング






ナチュラル・バランス・ダイエット







イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ