イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > 2008年01月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデナの世界遺産


モデナ大聖堂(Duomo di Modena)

Duomoの建設は1099年に始められました。

大聖堂には、モデナの守護聖人サン・ジミニャーノが祀られています。

建築はロマネスク様式で、ユネスコ世界遺産に登録されています。

モデナ出身のテノール歌手ルチアーノ・パヴァロッティ氏の葬儀もここで行われました。

入り口の円柱の土台に有るライオン像は古代ローマ時代の物です。


モデナ大聖堂はグランデ広場(Piazza Grande)に有ります。

ドゥオモの鐘楼(ラ・ギルランディーナ)は88メートルですが、

モデナの駅からはそんなに目立ちませんでした。(と言うより見えませんでした。)

外観は一つ前の記事有るので、今回は内部を紹介します。

暗いですが、ロマネスク様式の内部は中々に見応えがあります。

機会が有れば、実物を見て下さい。

モデナのDuomo



世界遺産モデナのドゥオーモ


モデナのドゥオーモ、プレゼピオ

プレゼピオ

世界遺産、モデナのDuomo


モデナのDuomo


世界遺産、モデナのDuomo


モデナのDuomo


世界遺産モデナのドゥオーモ


モデナの駅とDuomoの位置



2006年10月24日モデナ その2

つづく


ブログランキング
スポンサーサイト

昨日とても疲れていたので(ウィーン→ヴェネツィア→ミラノピアツェンツァ)朝が遅かった私は、ピアチェンツァを12:57→モデナ(Modena)14:03という電車に乗りました。
なんとも中途半端な時間帯です。

駅に着いた私は、公衆電話から「エミリアさんにモデナに着きました。18時頃駅に居ます。」とSMSを送り、モデナ市内の散策に出掛けました。

モデナではユースホステルが有りますので、宿泊はそこを利用するに。
なにせ、予算が押してましたんで・・・・(TT)

では、モデナのユースホステル(Ostello San Filippo Neri Modena)がどんな所かご紹介しましょう。

ユースホステルの会員証が要りますが1泊17.5ユーロと低料金(食事はありません)。

前払いで宿泊日数分を支払います。(クレジットカードも使えます)

部屋は2人部屋ですが、まあまあ綺麗な方だと思います。
(この日は他に人がいなかったので私は1人で占有できました。)

モデナのユースホステル
モデナのユースホステル2



モデナのユースホステル、バスルーム

バスルームは部屋数分くらいは有るので、何処かは空いている筈です。

モデナのユースホステル、自販機

ユースホステル内には自販機も有って、料金は駅やバール等と比べて安目です。

他人と相部屋、共有バストイレが苦にならない人には、快適に過ごせると思います。

レッドブル

これは関係ないですが、ユースホステルの近くにレッド・ブルの宣伝カーが駐車していました。

モデナのユースホステルは、こんな感じ。
安く旅をしたい人は使ってみて下さい。


世界遺産、モデナのDuomo

では、最後にモデナの世界遺産Duomo

モデナの市場

モデナの市場



2006年10月24日モデナ その1

つづく


ブログランキングテクノラティプロフィール

ピアツェンツァ


私は、過去にピアツェンツァ(Piacenza)という街に来たことがあります。

バイオリンで有名な街、クレモナ(Cremona)へ行く途中で立ち寄ったのです。

もっとも、電車待ちをしてる短い時間でしたが。

その時のピアツェンツァの印象は、「バールで食べたパニーノが意外と美味しかった。」です。(笑)

30分くらいの待ち時間では、これくらいしか出来なくても仕方ないですね。(^^;)

そんなわけで、立寄りはしたけれど、何も見ていないここピアツェンツァを少しばかり散策してみます。

(本来の予定からはかなり外れていますので、ピアチェンツァに今日のホテル探しも同時進行です。)

ピアツェンツァ
街のはずれにローマのシンボル、オオカミとロムルス、レムルスの像があります。

これは、北イタリア最古の古代ローマの植民都市だったことも関係しているのでしょうかね。

街は紀元前218年に創設され、紀元前90年にはローマ帝国自治都市に制定された。



ピアチェンツァのロッジア

街の中心にあるカヴァッリ広場(Piazza dei Cavalli)に有るゴティコ (Il Gotico

1281年にロンバルディア・ゴシック建築された建物。

下部は大理石、上部は全てレンガ造りになっています。


ピアチェンツァの教会
ピアチェンツァの教会2
ピアチェンツァの教会3

ピアチェンツァの教会4
サン・サヴィーノ聖堂(Basilica_di_san_savino)

1107年に献堂されたロマネスク様式の聖堂。

この教会は、街の守護聖人である聖サヴィーノ(420年没)祀られています。

そして、12世紀のモザイクの床も奇麗です。


他にも色々教会には入りましたが、悪天候で良い写真が撮れなかったので掲載は止めておきます。(T_T)


街はガイドブックでもそんなに紹介されていませんので、個人でイタリア旅行をされる方に一言アドバイス。

「観光客が多くない地方都市は、気を付けろ!」ということです。

理由

1.ホテル自体が少ないこと。

2.そして、ホテル等の情報を仕入れる観光案内所も営業時間が短かったりすること。
(この日、ピアチェンツァの観光案内所は、午前中しかやってませんでした。)

そうです。

この日の私の宿は街中探してようやく見付けた4つ星ホテルGrande Albergo Roma

エコノミーな旅行プランが(旅行期間が3カ月ですから)大いに崩れた瞬間でした。

天気が悪かったので、あまり良い写真も撮れず、長時間歩き続けたので、足も疲れ、
ホテルにチェックインしたら、もう夕ご飯を食べに外出する気にはなれませんでした。

1泊130ユーロ前払い。

ホテルの場所はピアチェンツァの中心部。

シングルでしたが、縦向きに寝ても横向きに寝ても体がはみ出ないゆったりしたベッド。

ピアチェンツァのホテル


バスルームも浴槽がちゃんと付いています。
たまの贅沢と思って、浴槽に熱目のお湯を張ってのんびり入浴を楽しみました。

ピアチェンツァのホテル2

朝食のビュッフェも温かいものが食べられて満足でした。

ピアチェンツァのホテル3


ピアツェンツァ

Ciao Piacenza また来る日まで

2006年10月23日  ピアツェンツァ

ピアチェンツァで泊まる

ブログランキング
2007年10月13日_2 ヴィチェンツァ

ウィーンからイタリアへ帰るのに、この日見たのがシェーンブル宮殿だけでは、ちょっと私らしくないなと思い、夕暮れのドナウ川の風景でも撮影しようとUバーンに乗ったのですが、・・・

大して綺麗でも無かったので、2、3枚撮影して直ぐウィーン・スッドバンホフ駅に戻りました。

ドナウ川
ドナウ川2
ドナウ川を撮った写真。ショボイです。(>_<)

しかし、Uバーンの駅からウィーン・スッドバンホフ駅が思い他遠くて近くを通りかかったおじいさんに道を聞いたら、英語が通じませんでした。(>_<)

良く知らない街で、暗くなってきて、しかも電車の時間が?となると、ちょっと焦りますね。

多少早足で歩いたので、電車の時間には間に合い、19時のユーロナイトに乗り込みました。
来たルートを逆に進むわけです。
この帰りの電車で気を付けないといけないのは、朝の3時頃にヴェネツィア・メストレ駅で降りなければならないことです。

幸い、検札は列車が動き出して直ぐに来て、その後は寝ていた23時頃にオーストリア警察のパスポートチェック、次いでイタリアの検札&パスポートチェックが1時頃とご丁寧に4回ございましてた。
狭いコンパートメントで足が伸ばせなくて、あまり眠れなかったことも合わさって、ヴェネツィア・メストレ駅を乗り越すこと無く降りられました。

ヴェネツィア・メストレ駅到着は早朝3時。
ヴェネツィア・メストレからウィーンへ向かう時も書きましたが
寒いです
バールは開いてないです
マクドも開いてないです
ヴェネツィア・メストレ駅の待合室が開いているのは、6:00?24:00までです

そして、切符を買おうと思っても自動券売機のある場所も閉まってます。

ミラノまでの切符買ってないのに、買えないじゃないですか。
切符売場は何時に開くのか?
することもなく、暗いヴェネツィア・メストレ駅でじっと待つしかありません。
ヴェネツィア・メストレ駅ではどんだけ?ってくらい待つもんなんですね。(>_<)


せめてもの救いは、こんな時間にも拘らず、電車を待ってる人が何人も居たことです。

ヴェネツィア・メストレ駅
ヴェネツィア・メストレ駅2
ヴェネツィア・メストレ駅3
暗いヴェネツィア・メストレ駅のホーム

ヴェネツィア・メストレ駅4
切符売場を開ける駅員さん

「電車に乗る5:29までに窓口が開かなかったら、切符無しで乗り込むのかな?」
そんなシナリオも考えたりしましたが、5時前くらいだったでしょうか、
駅員さんが窓口を開けてくれました。

ミラノまでの切符を買って電車に乗り込むと、ユーロナイトで十分に眠れて居なかったので直ぐさま眠りに落ちてしまいました。(この時は、検札は来なかったので、ぐっすり眠れました。(^^))

そして、ミラノに到着すると雨。

10月13日に修理に出しておいた携帯を取りに、電気屋へ寄らねばなりません。
小雨の中電気屋へ向かうと、友達の予言の通り修理は出来ておらず、壊れたまま持って行こうと思っていたのも、携帯もここには無いとオチです。

携帯電話を買った見せのレシートが無いと修理が出来ないとかで、メーカーで止まってるってことでした。
それならそうと、トリエステから電話した時に言ってくれればいいのに!
私は、とんだ無駄足を踏んでしまっただけでした。

ここの電気屋に来てしたことと言えば、ペットの犬と10分ほど戯れただけ。
仕方なく、修理が終わったら友達に電話してくれと伝えて店を後にしたのでした。
スーパーでちょっと買い物をして、ポルタ・ガリバルディ駅まで地下鉄で移動して、
次なる目的地(携帯電話の引き取りで仕方なく入れた街)ピアチェンツァ(Piacenza)へ向かうのでした。


2006年10月22日、23日 ウィーン→ヴェネツィア・メストレ→ミラノ
ブログランキング

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。