イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > イタリア各州 > 『サルデーニャ州』

サルデーニャ州

イタリア 基本情報
サルデーニャ島は、イタリア半島、スペイン、チュニジアの間、フランス領コルシカ島の南に位置するイタリア領の島である。シチリア島に次ぎ、地中海で2番目に大きな島となっている。

サルデーニャは、サルデーニャ語ではSardigna, Sardinna, Sardinnia 、イタリア語ではSardegna、カタルーニャ語ではSardenyaと綴る。この違いの影響もあり、日本語ではイタリア語からのサルデーニャの他、ラテン語や英語のSardiniaに由来するサルディニア、サルジニア、サルヂニア、サルデニアなどの表記がある。

古代にこの島はフェニキア人によりイクヌーザ(ラテン式の綴りでIchnusa、もとはHyknusa)と呼ばれており、。現在は州都カリャリで製造される、サルデーニャで一番ポピュラーなビールにその名を残している。また、イタリア半島を足だとすると、その足跡にあたるような島の形から、古代ギリシャ人はサンダリオン(Sandalyon)と呼んでいた。

地理
サルデーニャ島は面積24,090 平方km、人口165万人。島全体が、イタリア共和国のサルデーニャ自治州である。州都はカリャリ(カリアリ)。

東側にティレニア海、その対岸にイタリア半島、北側にはボニファシオ海峡を挟んでコルシカ島を望む。また西側はサルデーニャ海と呼ばれている。南東にはシチリア島がある。

行政
サルデーニャ州は8つの県からなる。カリャリ県、サッサリ県、ヌオロ県、オリスターノ県に加え、分割により2005年にオルビア=テンピオ県、オリアストラ県、カルボーニア=イグレージアス県、メディオ・カンピダーノ県が加わった。なおサルデーニャの住民はヴェネト州の住民とともに、"popolo"(固有の民族集団)としてイタリア議会から認定されている。

観光この島には、リゾート地コスタ・ズメラルダやジェンナルジェントゥ山地など、多くの観光地がある。有名なビーチの美しさだけでなく、先史時代の石造建築であるヌラーゲ遺跡を代表するバルーミニのス・ヌラージ、フェニキア・ローマ時代の都市遺跡であるオリスターノ近郊のターロス、カリアリ南郊プーラにあるノーラなど、様々な興味深い観光資源に恵まれている。

気候サルデーニャは地中海性気候に属し、春と秋は暖かく、夏は暑く、冬は穏やかである。近年、地球温暖化が原因と考えられる旱魃が続いている。

言語
サルデーニャで一般に話されている言語はイタリア語とサルデーニャ語である。サルデーニャ語はラテン語を起源とするロマンス語に属する言語で、フェニキア語、エトルリア語の影響を受けているとも考えられている。

公用語としてはイタリア語が使われている一方、サルデーニャ語は今でも農村部では日常語として話されているが、特にカリャリの若者たちの中にはサルデーニャ語をまったく知らない人もいる。サルデーニャ島では島民たちを一つの民族または国だと考えており、政治的な意味からサルデーニャ語を主要言語だと主張しているグループも存在する。

これに加え、サルデーニャ島北部のガッルーラ、サッサリ地域では、コルシカ語の方言が話されている。ジェノヴァ地域からの移民が暮らすサンピエトロ島では、イタリア半島のリグリア方言が使われている。また、アラゴン王国の支配を経験した歴史的背景から、アルゲーロ近辺では中世期の要素を受け継ぐカタルーニャ語の方言が話されている。



地域 イタリア島嶼部
州都 カリャリ(カリアリ)
面積 24,090 km²
人口 1,643,096 人
人口密度 68 人/km2
県 オリスターノ、オリアストラ *、 オルビア=テンピオ *、 カリャリ、カルボーニア=イグレージアス *サッサリ、ヌオロ、 メディオ・カンピダーノ *
コムーネ数 377

サルデーニャ州公式ホームページ(イタリア語)
イタリア政府観光局公式ホームページ(日本語)

上記データはWikipediaより
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/208-0e240b41


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ