イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ミラノ2』TOP > ミラノ > 『ミラノ2』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ2



Milano
こんな風景に、見慣れたFirenzeRomaとは違う空気を感じます。
5年位前にミラノを訪れた時は、ドゥオーモ(Duomo)
ガッレリア(Galleria Vittorio Emanuele II)、
ブレラ美術館(Pinacoteca di Brera)

スカラ座(Teatro alla Scala)を外から見ただけ、
サンタ・マリア・デッレ・グラ?ツィエ教会(Basilica di Santa Maria delle Grazie)の最後の晩餐(レオナルド先生の御作)のみ
ちょっと変り種として
レオナルドダヴィンチ記念国立科学技術博物館(Museo Nazionale della Scienza e della Tecnica,Leonardo da Vinci)
を見ただけの普通の観光客でした。
 思い出としては、ミラノ中央駅から歩くとドォーモまでは遠いということと、科学技術博物館(ダ・ヴィンチが設計したものの模型があったり、飛行機、潜水艦の実物が展示してあったりと乗り物が好きな人は楽しい展示内容)が印象に残っています。
 泊まったホテルが良かったこと。(前日までは休みで、ちょうどその日から営業開始とタイミング良く泊まったこと、朝食のトラメッジーノが美味しかったこと。部屋もバスルームも清潔で日本人の私にはこの上なく心地良かったことなど、印象的なことが沢山有りました。)
 食事に関しては、マリネが生臭かった(私は特に生臭ものに敏感なので、普通の人は平気かもしれません。)ので、「生ものをイタリアでは食べない!」と決めたミラノ。(他は何食べたか憶えてません。)

今では教会オタク(?)くらいに各地の教会を訪れていますが、ミラノで1つの教会もまともには見てなかったのは、らふぁえろの7不思議の一つです。(笑)

ドゥオーモの後に足を運んだのは、ナヴィリオ運河方面です。
ナヴィリオ運河
ナヴィリオ運河
くつろげる場所の候補はナヴィリオ運河近辺かなと思って行ってみたら、ほぼ正解でした。
贅沢を言えば、もうちょっと川幅が欲しいことと、川岸のどちらかに公園やベンチが欲しいことくらい。(天気も良いから、座りたかったのですよ。)

その後、サンタンブロージョ教会
サンタンブロージョ教会
サンタンブロージョ教会
サンタンブロージョ教会
サンタンブロージョ教会
サンタンブロージョ教会


スフォルツェスコ城(美術館は有料だったので入るのを取り止めました。)
スフォルツェスコ城
城の前に噴水が有りますが、ここは疲れた足を冷やすために作られたものです。皆さんご利用下さい。
(冗談です。でも、ここに足つけてた人も数名居ました。私もその一人ですが・・・・)

スフォルツェスコ城(Castello Sforzesco)
Polizia
スフォルツェスコ場内の見回りをする騎馬警察
猫猫
気持ちよさそうに寝る城の住人達。

平和の門
スフォルツェスコ城を抜けると、センピオーネ公園(Piazza Sempione)が有ります。ここは広い公園なので一休みするのにはちょうど良い場所だと思います。
奥の方に見えるのが平和の門(Arco della Pace)です。直線距離で500mくらいでしょうか。(疲れてたので行きませんでした。)

アンブロジアーナ美術館
閉館50分前に入ったアンブロジアーナ美術館 ( Pinacoteca Ambrosiana )
慌しい鑑賞でした。
カラヴァッジョの作品は意外と小さく、
「あれっ」と思いましたが、その表現力には吸い寄せられるものが有りました。
本当はもう数箇所まわってる予定でしたが、待ち合わせの時間も迫ってきたのと、予想以上に疲労してたので、この日は以上で切り上げました。


おまけ
ガッレリア
ガッレリア
ガッレリアです。
下は男の子が幸運のおまじないをしているところ。
雄牛の部分に踵をつけて一回転?。(その部分はみんなが踏みつけるから異様に凹んでいます。そのうち地面が出てくるんじゃないかと人事ながら心配しています。ですので、フィギュアスケートほどのスピンは止めましょう。)
因みに私は回転したことありません。

公園
公園で語り合うおじさん達。

事故現場
上の公園近くで見かけた事故現場。(スクーターと車の接触事故のようでした。)スクーターは壊れてましたが、搭乗者は怪我してなさそうでしたが、交通事故には気をつけましょうね。

2006年9月28日 ミラノ2



ブログランキング参加中
@With 人気Webランキング


スポンサーサイト

コメント

明けましておめでとうございます☆

Padovaの聖人様(←早速言ってみる)(笑)
本当にいろんな所に行かれたのですね。
スフォルツェスコ城の住人には会った事あるかもです。
知り合いではないですが・・覚えてます(笑)
このブログ見てたらヤヴァイです。
イタリアに行きたくなりました。
なので今月行って来ます☆
仕事ですが・・・_| ̄|○ ガクッ
v-16今年も宜しくお願いします☆

げちゅ~さん
聖人の名に恥じないようますます精進致します。(笑)

今月イタリアなんですね。
仕事の合間に楽しんできて下さい。
私が知ってる所で面白い所があればご案内いたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あけましておめでとうございます。

ミラノですね~。最近ようやくミラノのいろいろな側面を分かってきて、一人歩きをするようになりました。
ナヴィリオエリアはアペリティーボでよく行きます。
ミラノって他の街と違って、知らないと決して住みたいと思うような街ではないですが、知れば知るほど旨味をましてくれる…それがミラノかなぁと最近感じています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

Buon Anno Nuovo~♪

ミーハーな私は
雄牛の部分に踵をつけて一回転したトコを
写真v-212にバッチリ☆
願い事をしながら回るのでしたっけ?
すり鉢状に摩滅しているので
失敗すると足首痛めますね。

明けましておめでとうございます!
カターニアでは楽しかったですよー!
ご無事でイタリア縦断旅行を終えられてなによりです。
素敵な写真がいっぱいですね。
私はあまりミラノを旅行したことがないので楽しませていただきました!

ところでこの・・・雄牛のあそこを踏んでくるっと周るおまじないって、いつだったか日本のドキュメンタリーで見たことがある。。。もしかして強壮のおまじないでは?!

今年もどうぞよろしくおねがいいたします~♪

Felice anno nuovo !

ただいま帰国しました。
写真見たら帰りたくなりました^^;

色々見てこられたのですね~
私は実家で飲んだり食べたりで観光名所行ってません><
今度行ってみようかな。。
(来月にでも行きたいくらい)

Marinkaさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

私はミラノに住むんなら、下町で、家賃の安い所が有れば不便でも良いです。

以前はほんとに何も知らなかったから、全然落ち着けませんでしたが、
慣れたら、機能的で住むのは楽かなーと今回の旅を終えて思いました。

私は北部、中部イタリアなら何所でも順応できそうです。(笑)

エミリアさん

Buon Anno Nuovoという言い方も有るんですね。φ(..。) メモメモ

子供は軽いからクルクル回っても平気でしょうが、大人は下手すると足痛めるでしょうね。
アレは罠なんですよ。(違う)

Stella★さん
もう帰りたいって、日本に戻ってきたばかりじゃないですか。(笑)
でも、この日は予定の半分も消化できてないんですよ。(T_T)
でも、「まあいいか。今度来ればいいし。」と思うようにしてます。

Etnaさん
明けましておめでとうございます。

カターニアではありがとうございました。

おまじないの種類までは知りませんが、幸運のおまじないにしておきましょうよ。

はじめまして。

私はイタリアは1度しか訪れたことなく、全くの初心者ですが是非また行ってみたいと思っています。

スフォルツェスコ城は私が行った時は天気も悪く人一人いない寂しい雰囲気でしかなかったです。

写真見させてもらってたら、また行きたくなってきました。

また良い時期に行きたいと思います。

エリさん

人が居ないというのは寂しいですね。

天気が良ければ、裏の公園も散歩にちょうど良いと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/265-f95d6457


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。