イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ビエッラ(Biella)1』TOP > ピエモンテ州の街 > 『ビエッラ(Biella)1』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビエッラ(Biella)1



ビエッラ(Biella)という街はガイドブックには載ってる街ではありません。
服飾等の仕事をされている方ならご存知かもしれませんが、ビエッラという街は古くから繊維産業で栄えた街で、
現在でも、上質な毛織物の産地としてその名を知られています。
知人に見てきて欲しいといわれた事に端を発したわけですが、調べてみると北イタリアの重要な巡礼地としても有名なことが分かり、キリスト教徒ではないものの、この地を訪れること決めました。(変わった所に行きたいですから)
この日は、友人が車を出してくれたので、随分楽に目的地であるノストラ・シニョーラ・ディ・オローパ(Santuario Nostra Signora di Oropa)来られました。
(公共交通機関でミラノから行くと、電車(FS)をノバーラで乗り換えビエッラ行きで終点まで。そこからバスに乗り換えて山の中に有るノストラ・シニョーラ・ディ・オローパへ向かうこととなります。)
アオスタやノバーラでは稲作が盛んなようで、私には見慣れた田園風景が車窓を流れていきます。
こういう風景をイタリアの他の地域で見かけたことが無い私はまるで、日本日本に居るかのように錯覚したくらいです。
水田
水田地帯

ビエッラ

ビエッラ、街の入り口

街の中心は平地に有りますが、目指すノストラ・シニョーラ・ディ・オローパは山の上です。
市街地から30分くらいは走ったでしょうか。
ノストラ・シニョーラ・ディ・オローパ
ノストラ・シニョーラ・ディ・オローパに到着です。
標高1200mと高地にある為、霧に煙っています。

以下ノストラ・シニョーラ・ディ・オローパの写真です。(クリックで大きくなります。)
Santuario Nostra Signora di Oropa

入り口入ってすぐの広場。
Santuario Nostra Signora di Oropa

2番目の広場
オローパ

Santuario Nostra Signora di Oropa

こちらの建物は古いバジリカ(1600年代建設)です。
建物に感じるものあったので、足を踏み入れましたが、予想通りでした。
黒いマドンナは、こちらの建物安置されていました。
黒い聖母

黒い聖母マリア像(言い伝えによると、ヴェルチェッリの司教であった聖エウゼビオがエルサレムで見つけたサン・ルカが彫ったとされる聖マリア像です。)
何かしらのオーラを発しているような気がしました。
(この写真は、近くから聖母マリア像が見られるように設けられた窓から撮ったものです。)

オローパの噴水

噴水。(この水は湧き水のようでとっても美味しかったです。私ガブガブ飲んじゃいました。)




階段

階段

現在のバジリカは一番高い場所に見える建物ですが、こちらは建設されたのが1800年代と比較的新しいです。
ただ、ここまで行くには少々階段を上らなければなりません。
お昼ご飯前の軽い運動に如何でしょう?


ビエッラ、オローパ情報
バチカンのHP内にあるオローパ情報(イタリア語)
ビエッラのHP(日本語)岩崎さんという日本人の方がいらっしゃいますので、日本語での質問も対応して下さいます。
ビエッラの巡礼地情報


2006年10月1日 Biella 1

ブログランキング参加中


スポンサーサイト

コメント

Biellaに

お友だちがいます。
「すんごい田舎で
街の人々は冷たくてよそよそしくて
大嫌いっ☆
あの方言も何言ってるのか…?」
異国の人は暮らしにくい街だと
言います。

ほぉ

水田の画像、本当に日本みたい~。
チラッと人に聞いた事はあるけど、
ビエッラの画像、初めてマジマジ拝見しました。
チャンスあれば、いつか黒いマドンナを見てみたいです。
巡礼地って・・・長い階段を上がり~~って所多いですよね。
モンサンミッシェルもそうだったけど
頑張って階段を上がって寺院に着いた時、なぜか嬉しくなります。

ステキなとこですね

私、行ったことないですは。。
次回ぜひ行ってみたいですね~
(関係の仕事しているのに><)

霧があると幻想的ですよね。
こうゆう風景好きです!


※葉書の件ありがとうございます。

ステキな町

巡礼地というだけに雰囲気ありますね。ピエモンテには滅多に行く事はありませんが、行ってみたい!

あ。

おっとだ。

エミリアさん

あら、そうなんですか。
この街では、あまり地元の人と触れ合うような機会は無かったので、人がどうなのかはよくは分かりません。

ただ、食べ物は美味しいように思いました。

げちゅ~さん

道の周りは田がいっぱい。
家の周りと同じです。(笑)

ここは、階段上りをしても美味しい湧き水があるので、大丈夫です!
(ほんと飲んでみて欲しいです。)

Stella★さん

是非行ってみて下さい。
標高が高いので、もう少し暖かい時期が良いと思います。

霧が出てる時はちょっと寒いくらいで、晴れ間があまり無かったので、写真撮るには向かない日でした。

akiさん

山の中静かな場所に有るので、日本の神社とちょっと似た空気を感じました。

是非、行ってみて下さい。

いくきーとさん

同じ水を飲んだ兄弟ですから。(笑)

ビエッラ地方観光局(ATL)より

ビエッラATL日本担当の岩崎です。この度はビエッラをこんなにつぶさに紹介頂き感激です!またビエッラが大嫌いとコメントされた方、すっごく残念です。ビエッラの人達はイタリアのスイス人とあだ名されるほど真面目で働き者、日本から取材にいらした雑誌社の「洗練された素材作りの街」というコメントにも私はうなずきます。私が観光局HP上「ぶじゃねん通信」で紹介している人達のようにビエッレーゼの大半は素朴な人達、南イタリア人の陽気さとは違いますが渋くて、味のある人達の集団ですし、ショッピングも本物の分かる人にはたまらない街なんですよ。感じの悪い人は日本にもイタリアにもいますが、ビエッラでもそういう人はお友達が少ないです。
次回は是非メカレ?(元気?)と行って見て下さい、見た目冷たそうな人も笑顔になるはずです。
イクキートさん、お友達の方、次回は絶対会いましょうね!!私のとっておきのビエッラはお二人をいつまでもお待ちしています。

岩崎さん
コメントありがとうございます。
「イタリアのスイス人」その表現よく合ってると思います。
行ったことは無いスイスをビエッラでは感じていました。

次回は、とっておきに訪問させて頂きたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/275-e8b8e928


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。