イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『カンデーロ(Candelo)』TOP > ピエモンテ州の街 > 『カンデーロ(Candelo)』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンデーロ(Candelo)

カンデーロにいらっしゃい。

オローパの牛渋滞を抜け、ビエッラの街降りてきたのは、15時くらいだったでしょうか。

観光案内所で友人は車を降り、パンフレットやら、現地情報を
仕入れてきてくれました。(ありが?と?う)

友人の入手した情報によると、カンデーロという近くの街でワイン祭りをやっているということでありました。

もちろん、行きますともワインを飲みに!

距離はビエッラから車で20分くらいと結構近く、ミラノ方面への帰る途中に寄れるというで、あくまでついでの訪問でした。

Ricetto

カンデーロのフェスタ会場近くにはお祭りのポスターがあり、ちゃんとワインのフェスタであることが確認できます。
(目標を肉眼で確認)

さて、このカンデーロという街、この時は知らなかったのですが実はとてもユニークな場所だったのです。

ワインフェスタの会場は城壁に囲まれた場所、リチェット(Ricetto)に有りました。

入場料として、一人3€支払い、それと引き換えに袋に入ったお米を貰いました。
米

これがお米の入った袋です。(3合か4号くらいあったのかな?)

リチェット(Ricetto)というのは、逃げ場、隠れ家というような意味があります。

街の外に築かれた城壁や城砦(Rocca)と異なる点は、これが農民用の避難所、食糧貯蔵庫という使われ方をしていたからです。

現在では、ワインセラーやワインの醸造に一部の建物が使われているくらいです。

1つ1つの建物は個人所有で、ここに住んでる人も居るとか居ないとか、工事して水道引いたら、ここでも住めるとか、地元の人と話してるのを断片的に憶えていますが、怪しい限りです。(私の記憶とイタリア語力が)

フェスタ会場の様子は以下の通りです。

樽

リチェット

リチェットに入って直の広場。

イタリアのカラス

飼いならされて、すごく利口なカラス。
イタリアのカラスはこんな風に体の1/3くらいが灰色です。最初はカラスと思わなかったんですけど、鳴声でカラスだと分かりました。(イタリアでも鳴声は同じです) 
驚いたことに、人の手から餌貰ってましたよ。

リチェット


通り中世ヨーロッパを感じさせる造りです。
彫刻などの装飾は有りませんが、
木で出来たバルコニーに味わいが感じさせてくれますね。

ステージ


ステージで出番を待つシニョーラ達。
出し物は何だったかな?

ワインの試飲

ワインの試飲


お待ち兼ねのワインの試飲、即売会のコーナーです。
屋内、屋外共に幾つものカンティーナが出展していました。

私は遠慮して10種類程度にしておきました。
スプマンテ、赤、白、ロゼ、グラッパ。
おつまみにサラミを試食したり、チーズを試食したり、3ユーロ以上に楽しめました。

ヘチマ


鉢植えのヘチマです。触らないでと書いてます。
(1つ誰かが摂っていったらしいです。)
他にも展示してあった、十字架だったか甲冑だったかも前日に盗まれたそうです。(ほんとかなー?)

ぶどう


会場の案内地図とワイン用のブドウです。
バルベーラだったかなと思います。
幾つかのブース回っていて、バローロ(Barolo)が有ったので試飲させてもらいました。

私の舌にはちょっと若い印象がしたそのバローロ。
この辺りのワインのフェスタなのに何でバローロが有るんだろうと疑問に思って聞いてみたところ、ごく最近はアオスタでもバローロが生産されるようになったんだそうです。(知りませんでした。)




ワイン作りの道具達

古い樽

古い道具

古い道具


遠い昔の記憶。
降り積もった埃。
歴史の一場面を見ているようでした。



最後のオチはこれで!
主役は誰でしょう?



カンデーロやリチェットについて詳しく知りたい方は以下のリンクが良いでしょう。
カンデーロ街とリチェットの解説(日本語)
カンデーロ 街の写真が見られます(イタリア語)





2006年10月1日 Candelo

ブログランキング参加中



スポンサーサイト

コメント

素敵なまちですね。
VinoにもPaeseにもすごくそそられます・・・

ところで、いただいたお米は、その後どうしたのですか。

ぐら姐さん

大変お得な入場料かなと思います。
このフェスタ自体は土、日の2日間開催されたようです。

お米は、ペルージャの友達の所に行った時に、焚いてもらいました。
結構いけましたよ。

へぇ、イタリアのカラスって真っ黒は少ないんですね。初めて知りました。まるで鳩みたいですね。
食べ歩く楽しみがいっぱいありそうですし、見所も多いようだから私も一度観光に行ってみたいです(´・ω・`)

(´・ω・`)知らんがなさん

そうなんです、カラスは真っ黒じゃなかったんです。
最初は大きな鳩かと思ったくらいです。
小さいそんなに観光客が来ないような街が、意外と美味しい店が隠れていたりしますんで、食べ歩きにはイタリアはいいと思いますよ。
是非一度訪れてみて下さい。

お米

最初に貰ったお米は
なんだったのでしょうか?
私はそのお米を途中でまいたり
お金の換わりに使うのだとばかり
思っていましたー!!!
3ユーロでこれだけ楽しめるなら
元は十分とれましたねー!!!

ロンドンのZuppinaさん

お米は多分この辺りが米の生産地だからだと思います。
秋の収穫祭兼、ワインフェスタという色合いのイベントだったと思います。
お米はお土産です。(ちょっと重たいけど)

3ユーロで博物館や美術館以上に楽しんじゃいました。v-410

カンデーロ

本当にいろんな土地に行っているんですね。こういうの見ると、イタリアもいいなあ、とか思います。

yuranotoさん

これは、偶然の訪問でした。
城壁の中は古い建物が殆どそのままで残っていたが、大きな魅力だと思います。
たまに行く、親戚がこんなところだったら良いのになーって思いません?

いろんな所へ行ってますね~

私も小さな町のフェスタは大好き!
地味な町だと人々も親切だから楽しいですよね♪

aiutoさん

ここのフェスタは小じんまり感がとっても良かったです。
ワインでほろ酔いも出来ましたしね。(これ重要)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/278-1358a92f


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。