イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『パヴィア修道院(Certosa di Pavia)』TOP > ロンバルディア州の街 > 『パヴィア修道院(Certosa di Pavia)』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


午前中でパヴィア市内の散策は終えて、午後はパヴィア修道院(Certosa di Pavia)に向かいます。
パヴィア駅前のバスターミナルからバスは出ています。
ミラノ行きのバスで途中のパヴィア修道院まで片道1.3ユーロ。
先に往復で切符を買い、時間が有ったので近くのBarで昼食にしました。
Paviaの風景

Paviaの風景

街の風景


パスタ、セコンド、ペットボトルの水500mLで10ユーロ。
特別美味しくもなかったけど、安いです。
オマケに量が多かったので、肉はちょっと残しました。
思っていたより、昼食に時間を取られたため、
バスの時間がギリギリになってしまいました。

Paviaの昼食

Paviaの昼食

お昼に食べたパスタと豚の脛肉
ほんとに量が多いんです
そこから200mほどダッシュです。

(画像はクリックでちょっと大きくなります。)

Pavia駅の地下道

駅の地下道
明るいのは明るいのですが、歴史的な町並みとはマッチしてない落書き。

それでは、パヴィア修道院に進みましょう。
パヴィア修道院入り口

パヴィア修道院出口フレスコ画

パヴィア修道院門

修道院入り口の門
フレスコ画で綺麗に装飾されています。
入り口でこれなのだからと、いやがうえにも期待は高まりますが・・・
パヴィア修道院パンフレット

観光案内所で貰ったパヴィア修道院のパンフレット。
パヴィア修道院工事中

残念ながら工事中でした。
仕方ありません。
イタリアではいつもどこかで工事してますから。
パヴィア修道院ファザード

パヴィア修道院ファザード

パヴィア修道院ファザード

幕の掛かっていないファザード部分
色大理石を使っているのは、FirenzeやSienaなどのトスカーナ地方の教会を思わせますが、細かい彫刻や全体像からはもう少し荘厳なものを感じました。
ルネッサンス期のロンバルディア芸術の最高傑作と言われているのも納得です。


さらに、内部へ
ラテン十字型の堂内はかなり広く、当時の有名画家たちによるフレスコ画の数々は大変素晴らしいです。
私は写真に収めていませんが、ルドヴィコ=・イル・モーロ(Ludvico il Moro) 1494-1499、と妻ベアトリーチェ・デステ(Beatrice d'Este) 1475-1497の墓碑(婚礼衣装に身を包んで横たわった姿を彫刻したもの)左手奥に安置されています。
パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院

パヴィア修道院

パヴィア修道院

パヴィア修道院

パヴィア修道院

パヴィア修道院

パヴィア修道院

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院フレスコ画

パヴィア修道院

パヴィア修道院

パヴィア修道院


堂内右手から小回廊へ
パヴィア修道院小回廊

パヴィア修道院小回廊

パヴィア修道院小回廊

パヴィア修道院小回廊より

花がとても綺麗に咲いています。

パヴィア修道院食堂

食堂の最後の晩餐

パヴィア修道院僧坊

大回廊と僧坊
柱廊の柱の数は122本、中央は青々とした芝生の茂った大回廊。
その回廊を囲むように建物(切妻屋根に煙突のある建物)が24有って、それぞれが独立した僧坊になっています。
普通の(私が見てきた)僧坊はもっと小さく、簡素な机とベッドがあるくらいものでしたので、この規模の大きさには驚かせれました。
パヴィア修道院薬草標本、土産物屋

出入り口の左手には売店があり、蜂蜜やリキュールなどのお土産を売っています。
そして、何故かこの売店だけは撮影禁止になっています。
(これは謎です。)

この写真では分かりにくいですが、廊下の左右には薬草の標本があります。

パヴィア修道院前公園

修道院の前にはこんな公園も有ります。

パヴィア修道院バス停までの道

バス停までは並木道を1キロ程度歩くことになります。
帰りは道が分かってるから良いのですが、来る時は修道院までが意外と遠く、周りは畑と住宅。
「これでいいのかなー?」と不安にもなるでしょうが、この道で良いのです。

パヴィア修道院周辺

修道院の周りの畑。(刈り取った後なので推測ですが、多分トウモロコシ畑です。)

パヴィア修道院バス停

並木道を真直ぐ進んで、突き当たりの信号を右手に曲がります。パヴィアへ向かう場合は、私が居る側のバス停。
ミラノ方面へはちょうど青色のバスが写ってますが、この辺りがバス停です。(このバスに乗ります)



パヴィア修道院のHP(イタリア語)
参考
Close 月曜日
   11:30-14:30はお昼休みです。

Open 火曜?日曜、祝日
午前中9:30-11:30、
午後は14:30-16:30(11?2月),17:00(10,3月),17:30(4,9月),18:00(5?8月)

2006年10月3日 パヴィア修道院(Certosa di Pavia)

ブログランキング参加中




修道院は、ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(Gian Galeazzo Visconti)の命により、1396年に建設が始められ、僧院部分がつくられたのは1400年代前半、聖堂が完成されたのは1473年です。
ファサードは後年に追加されました。

スポンサーサイト

コメント

私は北は主だった街以外あまり行ってないので興味深く拝見しています。
それにしてもやっぱ教会好きですねー(笑
売店の撮影禁止、ホント何でなんでしょ?

パヴィアの僧院は私も行きましたよぉ☆☆
私が行った去年の8月も工事中でした↓↓
修道院そのものも素晴らしかったですが、小回廊のところに咲くお花が綺麗だったのを思い出します☆☆

あの『最後の晩餐』はSanta Maria delle Grazieの『最後の晩餐』よりも豪華絢爛ですよね。

私もあの並木道好きです。

タケさん

教会回るの好きです。
1/3くらいの比重はあると思います。

売店、世に出るとまずいものでもあるのでしょうかね?
買い物をする気がなかったので、中まで入りませんでした。
ちょっとくらい潜入調査するべきでした。v-393

ゆりこさん

8月だと私が行く2月前ですね。
こういう工事は年単位かかりますから、工事が終って幕が取られるのはどれくらい先になるんでしょうね。v-390

よく手入れされた庭ですよね。
毎日お坊さん達が世話してるからでしょう。
私も見習って、部屋の掃除くらいはしなくちゃ。

そふぃあさん

わたしも、こちらの最後の晩餐が好きです。
ダ・ヴィンの作は随分と色が剥がれていて細部がよく分からないですし、下の方に穴が開いてますからね。

並木道を歩いてると、とってものどかで、俗世間から離れた気分になります。
修道士の人達もそうなのかなーと思います。

きれいですね~

小回廊、花もきれいだし、建物もかわいい感じです。四角ばかりじゃなく、丸いものも入るとぐっと優しくなりますね。表とちょっと印象が違う感じがしました。大回廊、広そうですね~。

絶対

この道であってるのかな~、あってるのかな~と不安になることウケアイの道ですねぇ。
有名だけど、ちょっと遠いだけに二の足踏んじゃいます。

いいな~

ショートパスタ美味しそう・・・
通りとか懐かしいです。。

最近ミラノ近辺回ってないので
次回の帰省は北イタリア回ってみます!!

懐かしいです。

トラックバックありがとうございました。
パヴィア...私は7月の訪問でしたが、本当に懐かしいです。

修復中の幕はほんとにガッカリしてしまいますよね。いろんな町で出会いましたが、パヴィアは帰国前の最後の宿泊地だったので、ガッカリ度もひとしおでした。
では、これからの記事も楽しみに読ませていただきます。

安い!

パスタ、セコンド、ペットボトルの水500mLで10ユーロは、超安いですね。
プリモだけで10ユーロの所も多いですね。
バールだったからかな?

Setteさん

庭園の花はとっても綺麗でした。
正面ファザードは厳格な印象を与えるだけに、ほっこりさせてくれます。v-410

みっちょんさん

そうなんです。
思ってる以上にバス停からは遠いんです。
自然と歩みが速くなりました。
車や、観光バスで来てる人が多い印象です。

Stella★さん

ここは一見の価値有りだと思います。
ミラノから車でも30分程度でしょうから、パッと行けますよ。

komakoさん

修復中で、見たかったものが見られないのはガッカリしますよね。
日本からは遠いし、そうそう気軽に飛べませんから。

これからも宜しくお願いします。

げちゅ~さん

はい、セットで大変お安くなっております。(笑)
マクドナルドのセットメニューとはいきませんが、あの値段にしては中味の有る食事だったと思います。

バールと書きましたが、トラットリアだったかも知れません。
(きっ記憶が~v-388

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/284-d2777a7b


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。