イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ブレーシャ(Brescia)丘の上の城砦』TOP > ロンバルディア州の街 > 『ブレーシャ(Brescia)丘の上の城砦』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


街の北側、チドネオの丘に建つ城(Castello)です。
頂上までは一足ありますので、そのつもりで登って下さい。
この城砦は保存状態が良いので、城内の散策や景色を眺めに登ってみるのも良いでしょう。(無料なので)

城は何度か改造され現在の形なっています。
変化の様子(見取り図)。ここで見てください。(下に行くほど新しい年代です)

ブレーシャの城


もうちょっと色々みて見たいという人は、頂上に武器博物館、城砦頂上より少し下がった所にリソルジメント博物館があります。

リソルジメント博物館は入ってないので詳細分かりません。(その時は閉まってました)

武器博物館の方をご案内いたします。
展示されているのは、ヴィスコンティ家所蔵の甲冑、槍、刀剣、鉄砲等の、中世の武器です。
ブレーシャが金属工業で栄えていたというのが、少し垣間見える気がします。
博物館内にはいくらか、14世紀のフレスコ画も残っています。

以下、内部の様子をご覧下さい。(写真はクリックで大きくなります。)
入場料は5ユーロでしたので、写真見て近くで見てみたいと思わなければ、飛ばしても良いとおもいます。
同じような武器の展示だと、フィレンツェのバルジェッロやヴェローナのカステル・ヴェッキオの方が内容が濃いように思いました。(残念ながら、昔の写真は有りません。)
ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

ブレーシャの城(武器博物館)

博物館外の庭
ブレーシャの城より

城砦頂上付近からの眺め
ブレーシャの城より

城砦の門近くのライオン像。
ブレーシャのことを「イタリアの雌ライオン」などと言ったそうですから、それかな?と思って、撮影した1枚。


ここで、スリランカ人のおじさんに出会いました。
イタリアに働きに来ているとのことで、理由を聞くと金になるからだそうでした。
イタリアの給料って、私が知る限りでは良くはないんですが、それでも彼らにすると本国よりもずいぶんましなんだそうです。(本国じゃ仕事が無いんだとか)




2006年10月4日 ブレーシャ(Brescia) 2

ブログランキング参加中

つい、うっかり、押して下さい。




参考
Museo del Risorgimento(リソルジメント博物館)4枚ですが、写真が見られます。

Museo delle Armi(武器博物館、写真の数では私の勝ちです)
スポンサーサイト

コメント

ブレーシャは行きましたがさすがらふぁえろさんは行ってる所が濃いですね。(笑

兵器産業、今も盛んな辺りでしたっけ?

当時引退間近だったR・バッジョのホームラストゲームを観戦しました。
1ゴール1アシストを目に焼き付けました。

Bresciaですか

ほんとうに色々回ってますね!
BresciaはHPもありますよね~
portale.comune.brescia.it
らふぁえろさんは私より色々まわられてますね^^
ブログ、勉強になります!

きれいに残ってるんですね

こういう場所が無料とか、すごいな~と思います。丘の上へは徒歩でも充分可能ですか?

タケさん

バッジョのラストゲームなんて、十分に内容が濃いですよ。
(羨ましいなー、ラストゲームは一回きりだもん。)

金属加工業、兵器産業は現在も健在のようです。

Stella★さん

高い所には比較的よく足を運びます。(^.^;)
(位置関係や、高低差が分かるので)
イタリアの地方都市って結構HP有りますよね。
ネット予約サイトで宿が少ない時(無い時)なんかに街のHPに出てる宿にメール送ったりってな使い方をしたこと有ります。

イタリア語ばっかりなので、うーーーっってなる時もたまに有ります。

Setteさん

外を見るだけなら無料でいけます。
徒歩で行けますよ。(私はいつも歩きが基本です)
駅からだと30分くらいは歩いたんじゃないかと思います。
丘の上なので頑張らないといけません。v-107

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/286-e9313888


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。