イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ボッロメオ家のシマ(Isola Bella)』TOP > ピエモンテ州の街 > 『ボッロメオ家のシマ(Isola Bella)』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボッロメオ(Borromeo)家の最大のシマ
その名はベッラ島(Isola Bella)。
まあ、とりあえず上陸して下さい。
ベッラ島

船から見上げるベッラ島の庭

ベッラ島

大きな建物はボッロメオさんの宮殿(Palazzo Borromeo)です。


ベッラ島

いよいよ上陸。
桟橋に見えるのは・・・
(ただの係員です)

ベッラ島

ベッラ島

こういうパラソル見るとリゾート気分になります。
これがボッロメオのですので、気をつけましょう。

ベッラ島の狭い道

だから言ったのに、「人がすれ違うのがやっとの通り。」を超える、
「人が横向きになってやっと通れる通り。」に追い込まれしまいましたよ。

ベッラ島の砲台

「あああっ、もーう。
だから言ったのに砲台にまで追いやられてしまったじゃないですか。」
でも、安心して下さい。
フラダンスでも踊りながら近づけば、砲撃されない筈ですから。

ベッラ島の地図

シマの地図。
庭が広いですねー。(地図下、黒塗り部分が宮殿、赤塗り部分が庭です。)
宮殿の方は撮影禁止なので、写真がありません。
(宮殿内部にはカラッチ等、有名な画家の絵、ムッソリーニが会議に使った部屋、ナポレオンが泊まった部屋なんかがありますよ。)

ベッラ島の庭

建物を出た所

ベッラ島の庭



ベッラ島の庭

このシマを仕切る白い孔雀。
安全にこのシマから出られるように挨拶はしておきましょう。
庭には二羽鶏がいない。
孔雀が一杯居ます。

ベッラ島の庭

ほんと変わったお庭です。




画像「ベッラ島上陸作戦」
厳しい作戦なので、みんな無口です。(正反対)


ペスカトーリ(複数形でした)島へ続く・・・


宮殿内部の写真



2006年10月5日 ストレーザ(Stresa) 3

ブログランキング参加中

うっかりクリック大歓迎です。応援お願いします。






スポンサーサイト

コメント

私もあの狭い道、横を通りました。
通りの名前『Via Stretta』で、まんまでしたね。^^

ペスカトーレ島へはまだ行ったことがないので楽しみにしています。
v-522

これは…

快晴の良い天気に恵まれましたね。
あの白い孔雀
実はアタシだっだのだv-278

いいなぁ

ココも行きたかった!!!
NHKか何かで、この島の特集してたんですよ。
晴れてよかったですね~。

Ciliegeさん

「狭い通り」って名前だったんですか。(笑)
ちょっとくらいひねって欲しいですよねー。

エミリアさん

そうでしたか。
そうとは存じませんで、失礼致しました。

次回は何か良いものをお持ち致します。m(-_-)m

みっちょんさん

この日は天気が恵まれて、眺めがとても良かったです。
テレビでやってたとは知りませんでした。

建物中だいぶ忘れちゃったので、再放送でもあったら見たいなー。

すごい庭・・・・・・広いし、水辺に面してていいですね。手入れは大変そうですけど花とか咲き誇る時期、カラフルで良さそうです♪裏庭には二羽鶏はどうでしたか?(笑)
あの道細いですね~。でも目安になるかな、通れなければ太りすぎとか(笑)

Setteさん

手入れは大変かも知れませんね。
鶏は、ここには居りませんでした。(笑)
白い孔雀の独壇場です。
あの道はかなり狭いです。
私はギリギリだったかなと思いますので、太ると通行できないかも知れません。v-388

懐かしい

夏のお天気の良い日に、ミラノから日帰りででかけました。
なかなか面白いところですよね。
丸池の蓮が綺麗でした。

らふぁえろさんでギリギリなら私はムリかな。。(苦笑

ぐら姐さん

電車の本数と船の時間には気を付けないといけませんけど、
ミラノから日帰りにちょうどくらいの場所ですね。

私の行った時は、ハスは咲いてなかったかな。(写真を見る限りでは)
でも、この庭出特にユニークなのは彫刻かなーって思ってます。
ポーズが変です。(笑)

タケさん

大丈夫です。
その瞬間だけでも腹筋に力を入れれば、通り抜けられます。
(そこまでしなくても、たぶん通れます。)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/290-e611bdda


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。