イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > ピエモンテ州の街 > 『蝋人形の館へようこそ@ボッロメオのコレクション』

マードレ島(Isola Madre)はかつてサン・ヴィットーレ島(Isola San

Vittore)と呼ばれており、そして、その後(successivamente)、

マッジョーレ島(Isola Maggiore)と呼ばれていました。

島は、宮殿と広大な庭、小さな教会、はっきりと確認はしませんでした

がリストランテらしき建物が1つといった構成。

 全長330m、幅220mでペスカトーレ島よりは広いです。

 この島の見所は、宮殿と広い庭です。 というか他には何もありません。


 宮殿内部はボッロメオ家のコレクションしたアンティークドールや、

人形劇用の舞台などが展示されています。



 私は人形が好きではないのですよ。

 「だるまさんがころんだ。」と振り返ったら

微妙に動いてそうな気がしませんか?


目線をずらしておいて、不意に戻したら目が合っちゃった・・・




夜中、寝てたら寝苦しい。

 息苦しい。

「ひょっとしたら。」

 恐る恐る目を開けると固い指先が首筋に・・・

と私は考えてしまうのです。


 アンティークドールだけではなく、当時の衣装を身にまとった

人形もお出迎えしてくれますので、嬉しいかぎりです。


マードレ島
                     船上から見るマードレ島

マードレ島マードレ島
随分と近づきました。                上に見えるのが、ボッロメオ家の宮殿です。

マードレ島マードレ島
船は出てしまいました。                  庭園の階段                  

マードレ島マードレ島マードレ島マードレ島マードレ島 マードレ島
  きれいな鳥が放し飼いです。

マードレ島マードレ島
                 庭         写真は小さいですが、このススキ大きいですよ。   
マードレ島マードレ島
                                  小さな教会

マードレ島マードレ島


マードレ島マードレ島
マードレ島マードレ島
マードレ島マードレ島
マードレ島マードレ島
          庭は南国を感じさせる珍しい植物が一杯です。


マードレ島
船着場付近の壁に生えてるサボテンです。オレンジ色に見えるのがサボテンの実
これは食べても美味しくないでしょうけど、サボテンの実は食べられます。


マードレ島
                    船の上から、さようなら

さて、マードレ島(宮殿と庭の入場料)とベッラ島(宮殿と庭の入場料)には共通券てのがありまして、2つ併せて15ユーロくらいでした。

料金は高いので、入るかどうかは写真見て決めておくことをお勧めします。



関連情報
マードレ島、宮殿内部写真(ここのページに数枚あります。)
 マードレ島航空写真
ついでにベッラ島航空写真

おしまい

2006年10月5日 ストレーザ(Stresa) 5



ブログランキング参加中 1回くらい1番取りたいなーと思うので、応援お願いします。

 
スポンサーサイト

コメント

どんよりとした曇り空を払拭してくれる
鮮やかなブルーの海と空!
鳥さんまでが綺麗な羽の色!!!
いいお写真見せていただきうれしいです。
行った気になり(笑)
命の洗濯させていただきましたぁ~^_^
Grazie Mille^_^

vino rossoさん

そんな風に言っていただける嬉しいです。

ほんと、天気が良いと最高です。

怖いアンティークドールの写真は無いのですね?(笑

素敵ですね。鳥や花、イタリアは色鮮やかですね。サボテンの実、味わってみたいな~

タケさん

はい。有りませんでした。(良かった。)

写真撮影可能だったとしても、撮りません。e-236v-38

vonzipperさん

サボテンの実、美味しいものになるとかなり美味しいらしいです。

私はメロンとスイカを足して2で割ったような感じまでしか食べたことないんですが、それより上があるようです。(これでも美味しかったんですが)

うん、あれはこわかったな。
その当時で、しかも湖に浮かぶ陸から切り離された島だから、あれぐらいしか娯楽がなかったんだろうけど。
天国と地獄の部屋は壮絶でしたね。

いくきーとさん

そうでしょう。
人形ってなんか怖いですよね。

古いと特に、昔の人の念がこもってるような・・・

人形のインパクトは強かったんですが、
部屋の方は随分と記憶から無くなっていきました。_| ̄|○

鳥や植物、のびのびしてますね~。本当、行ってみたいな~。
・・・・・・・・天気のいい日に(しつこい?笑)
らふぁえろさんも人形だめなんですね!私も苦手です。昔博物館で、一部屋、昔の衣装の展示があったんですけどね。人形も着てたと思うんですけど、どう歩いてもその部屋に戻ってしまった時はですね、2度と出られないかも、きっとどうにかなって彼らと一緒にケースに入れられちゃうかも、と思いましたよ(泣)誰も気づかず、「あら、東洋人の人形がいるわ」なんて・・・・・・(怖)

とろぴかるー

イタリアもこうやって見ると
かなりトロピカルな雰囲気ですね
特に鳥達の色が鮮やかです
日本のように細長い国だから 
北と南それぞれの特徴があるの
でしょうか??
この島はとってものどかな雰囲気ですね
安全そうだし 私は15ユーロ払っても
惜しくないと思いました!

今度のトルコ旅行はツアーで
全部込みなので5つ星に泊れるんですが
個人でイタリアやスペインに行った時は
全部安宿 ホステル系でしたー

らふぁえろさんはイタリアで
危険な目に逢いませんでしたか?
私はミラノでジプシーの子供達に財布を
目の前で無理やり盗まれましたが
周りにいた知らないおじさん達が
助けてくれて 取り戻せました!!
イタリア人情の国ですねー!!

Setteさん

何度行っても同じ所に戻ってしまう。
危なかったですね。
もう少し向こうの世界に連れて行かれるところでしたよ。

自分はショーケースの中に入れられて、体が動かなくなり、口もきけなくなり、鏡に映った自分の姿を見れば・・・
木に変わってる。

そこえへ、近づいてくる足音の主は、ついさっきまでこのケースの中に入っていた人形。

「待ってーーー。」と叫ぼうにも声が出ない。誰も助けてくれない。

その人形はニッコリ微笑みその場を後にする。
そしてあなたはずっと待つことになる。
次なる犠牲者がこの地を訪れまで。

v-404恐。

夜に読みたくない話ですね。(書かなきゃいいのに、でも書きたい。)

地元に人形供養で有名な神社がありましてね。
普通の人形は普通に供養して終わりなんですけど
神社の地下には髪の毛伸びるのから夜中に動くのからぎっしり並んでましてね、
私ゃ怖くてとても行く気にはなりませんが今度来られた時にいかがですか?(笑

ロンドンのZuppina さん

北と南、内陸の山間部と海辺とでは、随分と違いが有ると思います。
冬場は特に山がちな所はとっても寒いです。

イタリアで危ない目にはさほど遭ってないと思います。
良くも悪くも慣れちゃってるので。

イタリアは南に行くほど世話焼いてくれる人が多いような気がします。
バカンスにシチリアはお勧めですよ。

タケさん

恐いもの見たさで行ってみたい気もします。
その後、取り憑かれないように御祓いも手配しといて下さいね。

綺麗な空

青空がいいですね~。秋に行かれたのですか?かわいい鳥が一杯で、それだけでもちょっと見てみたいという感じの場所ですね。

akiさん

はい、これは10月の初めに行きましたが、天気が良かったので結構暖かかったです。

私は黄色が基本のカラフルな鳥を捕まえたいなーなんて思ってしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/292-5b5d8cbe


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ