イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『最速のバローロ☆マイスター』TOP > ピエモンテ州の街 > 『最速のバローロ☆マイスター』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の名は「らふぁえろ」、イタリア各地を風のように駆け抜ける男です。
バローロまで


関係者からは、パックツアーよりも移動が多いことで知られ、イタリアバカの名を欲しいままにしております。
バローロまで2


そんな私がバローロ(Barolo)に来たら、どうなるのか?
当然最速の座は誰にも譲りたくありません。
駆け抜けます、全力で。
もうすぐバローロ


誰にも負けません!!
欲しがりません、勝つまでは。(謎)


バローロ看板
バローロ村に着いたのは、ちょうど14時頃、みんなが昼食を楽しんでいる時間です。
しかし私には、席に着いて食事を楽しんでいるような時間はありません。
バローロ村リストランテ


スケジュールは秒刻み。
常に時計と睨めっこ
バローロ街角
狭い村の中を全速力で駆け抜けます。


アクセルは常に全開。
バローロの気になる木
遠くに見える気になる木も、気にしている暇はありません。


向かってる来る敵をちぎっては投げ、ちぎっては投げ。
バローロ街角2

やっとの思いで、バローロの城に到着。
バローロ城
バローロの樽
そして「ワインを1杯!」頂くのでした。



何で最速になってしまったのか?


先のアルバ(1つ前の記事を読んで下さい。記事は別ページですが、同一日の日記です。)から、バローロ村まではバスでの移動です。
電車は有りません。


所要時間は約30分で、近いと言えば近いです。
アルバの中心近くにある観光案内所で、バス乗り場とバスの時刻を聞いてきたので、間違いないだろうと思っていたのですが、12:40発のバローロ行きのバスが来ない・・・。

もともと土曜日はバスが無かったのか、イタリアらしく、いつものように来なかったのか、どちら分かりません。
でも、予定のバスより1本後に乗らざるをえなかったのは事実です。

バローロ村の滞在は2?3時間の計画でしたので、これで予定滞在時間が1時間マイナスになりました。
更に悪いことに、帰りのバスはバローロ14:49発か、その後は19:27しか無く、14:49分のバスに乗らざるをえなかったのです。
19:27で帰ると、アスティは22時とかになるかもしれませんし、
19:27のバスが来ないこともあります。安全策を取ったらこなっちゃったのですね。

そんなわけで、バローロ村滞在時間、僅かに約50分。
それ故の、最速のバローロ☆マイスターなのです。(自慢になりません)
好んでやったわけじゃないですからね。
それでも、私に挑もうと言う勇気ある挑戦者いらっしゃいましたら、いつでもお相手致します。(笑)
こんな慌しいこと、普通好き好んでやりませんよね。


50分で街をぐるっと回って、ワイン1杯飲んで、城の資料館見学までしたのだから、まあ良いかな。
ここの城に付属のカンティーナですが、5ユーロ(多分それくらいでした)で3種類のグラスワイン(勿論バローロ)が試飲できるので、お得だと思います。
バローロのカンティーナ
バローロのカンティーナ2
バローロの城に付属しているカンティーナ。
ここで、ガヤのバローロ有るか聞いたんですけど、無いって言われたんで他のカンティーナへ行きました。
でも、そこでも無かったので7ユーロのグラスワイン(バローロ)を飲んで帰路に着いたのでした。(トラットリアやリストランテでも聞いたんですけどねー。)



Gajaのバローロをグラスで飲みたかったなー。(1本はちょっと手が出ないのです。)


バローロ アンジェロ・ガヤ



私が飲んだことあるのは、そんなアンジェロ・ガヤ氏がトスカーナで作るマガーリとプロミス。
マガーリ(Magari)は、〇〇だったらいいのに?とか言う意味で使うイタリア語。
Promisの方は存じません。でも、金貸しじゃないですよ。
どちらも、フランスのワイン用ブドウを使った、スーパータスカン(その地域の固有のブドウを使いことにこだわらないスタイルのワイン造り)。


マガーリ
私はマガーリの方が好きです。
昔買った時と比べて、値段が上がってますね。(´`;)
3000円くらいで買ったような気がするんですけど、人気が出てくるとこうなんですよね。(><)

今度はバルバレスコ村に殴りこみワイン飲みに行くぞ?と、ちょっとだけ思うのでした。


ネッビオーロ
ネッビオーロ
この写真は、ワイン組合(だと思う)のブドウ収穫風景です。
ネッビオーロ(Nebbiolo)というブドウは霧(ネッビア:Nebbia)の出る時期、ちょうど私が訪問した時期くらいに収穫することからこう呼ばれています。
(普通のブドウは8月下旬?9月頃に収穫することが多いようです。)
ことわって、1粒貰いましたが、糖分が乗っていてとても美味しかったです。(バローロの味がしましたよ。)
この糖分がアルコールになって、アルコールに歌碑や種子からの成分が溶出してきて、樽熟成で樽のタンニンとかアロマが入ってきて、バローロになるんだなーと思うと楽しい気分になりました。
(ワイン用のブドウっは、生で食べても美味しくないものが、結構有ります。)


それではまた、アルバに戻ります。


2006年10月07日 バローロ 


押してね





スポンサーサイト

コメント

私も

バローロに行き、赤ワインの王様、バローロ飲みたいですよ。
しかし、時間がバラバラのイタリアでの事だから安全策を取らざるを得ないのは仕方ないですよね。妙に納得です。それに駆け回りましたね。

げちゅ~さん

まあ、毎度のことです。(^^;)
好んで無くても、駆け足になっちゃいました。

バスの来る来ないってのは確かようがないですから、時間を30分くらい過ぎてこなかったら、諦めるしかないですね。。。。

実は帰りのバス、バス停で停まってくれなくて手を振りながら走って追いかけたんですよ。
運転手が気付かず行ってしまってたら、危ないところでした。v-404

イタリアワインが飲みたい!

はじめまして!

この度はトラバしていただきまして

ありがとうございました。

これからもちょくちょくお邪魔させ

ていただこうかと思っております。

どうぞ、よろしくお願いしま~す♪

お~~

マガーリもプロミスもほんといいワインですよね!
でもその上のカマルカンダは残念ながらまだ飲んでいません。

馳星周の小説ばりのスピード感あふれるバローロ探訪、面白かったッす。
無謀にも挑戦してみようかな。(笑)

はじめまして!
39cupyと申します。
基本的にはアクアリウムの写真をやってますが、
今はスペイン・ポルトガル旅行の紹介もしてます。

私はイタリア行ったことないんですが、
すごく行ってみたくなりました~
赤ワインが好きなので、うらやましいです。
ブドウを1粒分けてもらったって、
イタリア語しゃべれるんですね。
さすがイタリアマニアですね^^

リンク、いただいていきます。
また、遊びに来ま~す。

50分ですか!お忙しかったですね!あまりバスとかの本数ない場所への場合、キャンセルされると困る!私はバスが来なくて、何にもないところに1日いたら気が狂うと思って、人生で1度だけヒッチハイクをしたことがありました(汗)
ワイン、美味しそうですね。銘柄とかは全然わかりませんが、飲んでみれば、自分が好きかどうかはわかります(笑)
次回もし機会があったらまた訪れたいと思いますか?今度はもっとゆっくりと。

TBありがとうございました。
バローロ周辺の町はそんなに遠く離れてはいないものの、交通が不便ですよね。
私もこの地域へは秋に行きましたが、風景、美味しい物三昧に魅了されました。
また行きたいものです。

またお邪魔しますね。

saluteさん

コメントありがとうございます。
ワイン畑の写真に惹かれて、トラックバックさせて頂きました。

こちらこそ宜しくお願いします。

いっちゃんさん

私も、カマルカンダとは、まだご縁が有りません。v-409

無謀なことをするのが、私の特技です。常識には縛られません。(ただ時間が無かっただけです(^^;))

挑戦してくれるんですか。
嬉しいなー。v-411
私のコースレコード塗り替えて下さい。

39cupyさん

簡単なイタリア語です。
「Posso assaggiare?」
味見して良い?って言う簡単な聞き方です。
イタリア語とスペイン、ポルトガル語は似ています。
ひょっとしたら旅先で、似たような言葉を耳にされてるかもしれませんね。

リンクありがとうございます。

Setteさん

また行きたいですよ。出来ればゆっくり食事したいなー。
私が撮ったリストランテの写真が有りますが、そこなんか感じは良さそうでしたよ。

私はヒッチハイク(自分からの乗せてくれと頼んだことは有ませんが)、ドイツで1回、イタリアで3回くらい有ります。

ワインは自分が好きなものが良いのです。自分が気に入れば、すべて良し!なのです。(笑)

MIYAZAKIさん

コメントありがとうございます。
バスは来るのか来ないのか、駅みたいに駅員が居ないから聞く人が無くて困ります。

でも、ローカルな場所だけに田舎の良さも感じられて、私は好きです。
今度は美味しいもの食べたいです。v-393

足跡たどってきましたーー
う~~~~んmmmmm

バローロにバルバレスコ
何とも美味しそうです・・笑

アグリツーリズモさん

少々慌しい訪問になりました。(^^;)

もうちょっと落ち着いて楽しみたいものです。
また来て下さい。

スーパータスカン

イタリアのあちこちを旅されていて、楽しそうですね。
私はフィレンツェ在住で、仕事であちこちへ行きますが、なかなかこういう旅ができないのが残念ですよ。
ちょっと気になったのですが、スーパータスカンはサッシカイアなど、トスカーナでDOCGなどの検定に一切こだわらずに作った優秀なテーブルワインの総称ですよね。
ですから、トスカーナでもないバローロのワインをスーパータスカンというのは聞いたことがありません。
10月の旅、お元気で楽しんでください!(って、いわなくてもそうなさるでしょうけど。)

ガッタ・イタリアーナさん

スーパートスカーナですから、他の地域のワインはそう呼ばないんでしょうね。v-410

伝統や格式も大事だけど、需要のあるものを作り出すってことが大切なのかなーと思います。

もちろんイタリアの旅楽しんできます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/297-0fd8e5fc


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。