イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > ロンバルディア州の街 > 『初めてのダウン』

初めてのダウン

赤コーナーより挑戦者の入場です。
 これまでの戦績は6戦5勝、1分けです。

第1Rゴングが鳴りました。

「カーーーーン」
 「ダウン!!1.2.3.4.5・・・・・」


 話は遡ると、前日の夜2006年10月11日に夜に。

 ミラノで友人と待ち合わせをして居た場所には、もう1人の人物が居ました。

 イタリアに料理修行に来ているコックさんです。

 この人がなかなか話の面白い人で、各地の料理の語ってくれたのです。

 「南イタリアでは生のウニが食べられてねー。  その場でパンと割って食べるのが、旨い。  日本で桐の箱に入ってるウニ?  アレはダメ。防腐剤とか入ってるから、味が全然違う。」

 「リグーリア州には、薄くパリッと焼いたピッツァの生地に チーズを挟んで、わざと生地にヒビを入れる。 それを焼いたら、生地と生地の間のヒビから溶け出したチーズはパリッと焼けて、生地に挟まれてるチーズはトロッとしてて。 香ばしい香り、生地のパリパリ感、とろけるチーズの旨みがねー、旨い。」

と、こんな感じで。

話を聞いてると、食べ物の形や味や食感、匂いまで伝わってくるのです。


私は、正直その人を憎らしいとさえ思いました。(殺してやる?とは思いませんでしたが。)

それは、本当に美味しいものを知っている人間の顔だったからです。
とっても悔しい。
何だか分からないけど、負けたくない。

私はこれまでいろんな強行軍をやってきたんだ。
美味しいものをどれだけ知ってるかは、現時点では負けてるけれど、無茶な旅では、絶対に負けるもんかー!

そんな気持ちが沸々と湧いてきてしまったのです。
本当は、体調も悪いし、ローカル線で1駅か2駅くらいの場所を半日だけ見て、残りの半日は休養にしようと思っていたのです。

でも、ライバル(?)の出現がそんなことを許さなかった。
「立て、立つんだ、らふぁえろ。風邪なんかに負けるんじゃない!」
そんな声がリングサイドから聞こえてくるような気がしました。


その日の夜にコックさんはベルガモに行って知り合いとポルチーニを摂って来ると、言って旅立ったのでした。
「アオスタはねー、山が綺麗でねー。駅にレンタサイクルが有るからそれ使ったら2,3時間で大体回れるよ。」と言い残して。


もともとアオスタには行きたいと思っていましたが、コック氏の言葉で翌日(2006年10月12日)にカルナーテ?アオスタ日帰り強行軍を決意し眠りに就いたのです。41


でも、朝目覚めてみると、どうにも調子が悪い。
友人宅から、駅までが苦しい。
なんと駅までの道のりが遠いことか。
なんと踏み出す1歩の重たいことか。
呼吸とは、吸って吐くものなのに、肺に入ってくる酸素が少ないんじゃないだろうか。
このまま歩いていても、永遠に辿り付けないんじゃないだろうか。
ゾクゾクするような寒気、地面がグルグル回ってるような気持ちの悪さ。

意識を保っていられる間に、兎に角帰ろう。
どこかで倒れて病院送りじゃシャレになりません。

そして、重い体を引きずって友人宅まで辿りついた私は、ベットに崩れ落ちました。393
暫らく苦しくて眠れなかったけれど、いつの間にか眠ってしまいました。
目が覚めたのは周りが暗くなって、気温が下がってきた時間帯です。


「アオスタまで行ってたのに早かったねー。」
夜になって帰ってきた友人は言いました。

「実は、行こうと思ってたんだけど、駅まで歩いてる途中で気持ち悪くなって帰ってきた。それから、さっきまでずっと寝てたよ。」400
夕方に起きてはいましたが、身体はだるく、頭がグルグル回ってるみたいでした。


「アオスタまで行ってたら、こんなに早いわけないよね。何か食べる?」


「いい。何も食べたくないから。このまま寝ときます。」394
そして、私は翌日まで眠りについたのでした。



この日だけは写真が1枚もありません。

らふぁえろ、カルナーテに死す (T_T)  _| ̄|○


 2006年10月12日 カルナーテ



 


ナチュラル・バランス・ダイエット
スポンサーサイト

コメント

わわ・・

体が大事だもの。
寝て正解だと思うよん。

前に、某サバ○ィー二の研修生さんのお世話をした事があるんだけど、あちこちへ旅行して美味しいもん食べれていいなって思った。ツアーだとコストの関係があって、いつも、美味しいとは限らないので・・(;^_^A汗。

蘇り日記、待ってますw

それにしても南のウニとリグーリアの焼チーズ・・・
食べたいっっ☆彡

ついに

ダウンですね・・・。

それにしてもそのコック氏のお話は空腹時に聞きたくない感じですねぇ。。ライバル魂が目覚める気持ち、わかります!

私の今までで一番の強行軍は昨年行ったローマからカプリ島への日帰りです。
バローロマスターレベルでしたよー。

イタリアでうには食べたことありません。南行かないとおいしい新鮮なのはないんでしょうね。
夫の両親のセカンドハウスがGiglio島にあるんですが、7年前は海にうにがいっぱいいて、コレは食べられるか聞いた覚えがあります。こんなのだれもたべないよといわれたけど、ここ7年で乱獲?されて一匹もいなくなってしまいました・・。
たべときゃよかった!と思ってしまいました。
体調をなおすには寝るのが一番ですよ~。

無理はいけません、無理は!でも、帰れてよかったですね。眠るとやっぱ違いますもん。体が余分な体力使わないから、回復に専念できるし。大変なことにならなくてよかったです!

イタリアには、知らないところにまだまだ美味しい物が一杯!
私もイタリアでウニが食べたい・・・。

げちゅ~さん

某サバ○ィー二って一回も行ったこと無いです。(T_T)

私も冒険者なので、かなり外してます。
確率悪い方ですよ。

sumeraさん

確か名前は忘れましたけど、リグーリア風のフォカッチャだったと思います。

この話し聞いたの、ジェノヴァから帰った後だったんで、味わえませんでした。残念です。

うさぴょんさん

ボディーブローがジワジワ効いてきました。

ローマ~カプリだと慌しいですね。
ナポリ~ローマがすんなり行って片道2時間だし、私でも、やらないかもしれない。
カプリマイスターの称号を差し上げます。(要らない?)

カンポさん

勿体無いことしましたね。
迷わず食べときましょう。
当ったら当った時考えれば良いです。そうやって私は生ガキで3回か4回当ってます。_| ̄|○

大概の病気は寝ると治りますね。
近頃1日では治らないですけど。。。

Setteさん

でも、旅先では1日でも無駄にしたくないので、よっぽど天気が悪くない限り、無理してでも出たくなるんですよねー。

ちょっと反省です。

aiutoさん

私は南イタリアでウニ、ウニ、ウニーって聞きまくりました。


がっ、食べられませんでした。
_| ̄|○

時期が悪かったんですよね。

ありがたく・・・

称号を頂戴いたします(苦笑)
もっとゆとりのある旅を目指したいですね~。

うさぴょんさん

ますます、最速の称号に磨きをかけて下さい。
私も頑張りますので。(違いますね)

ありがとうございました☆

遊びに来ていただいて
ありがとうございました☆

私も1ヶ月のイタリア・ドイツ旅の
中間時点で体調崩して大変でした!

フィレンツェとローマで2回医者に
掛かってましたv-13

ローマは日本人の先生だったんですが
良いアドバイスもらいましたよ☆
毎日ピザとか美味しいもの(こってり)
の生活をしていない日本人は
胃腸が弱いそうで。

らふぁえろさんは結構無茶をしてるようですが・・・

私の場合
「1ヶ月近くも食生活を急に変えたら
そら、体がびっくりするで」
とのことでした。
温野菜スープが一番の薬のようです。
(生野菜は体を冷やして負担になるそう)


体調が悪い時は
体を労わる食事取ってあげてくださいねー。
ヾ(*'-'*)/

miyamiyaさん

仰るとおり、無理、無茶、無謀が私の専売特許でございます。(^^;)

食べ物は、なるべく野菜かキノコ類、魚貝を選んでいたので、もち堪えられました。

イタリアで、生ものはなるべく食べないようにしています。
今度から、体調悪くなったら、1日くらい寝るようにしようと思います。

大丈夫でしたか~?!

私も、帰国日の前日に胃腸カゼにかかってしまい、
朝から吐き気と熱にうなされて、半日寝てた事がありました。
(パブロンとキャベ2飲んで寝たら、何とか復活^^;)

それ以来、必ず風邪薬と胃腸薬は持っていきますヨ!

それにしても、らふぁえろさんのイタリア魂には脱帽!!
その熱いイタリア熱は、いつまでも上がり続けるんでしょうね~(^^b

旅だとついついムリしてしまいがちですが、
何がなくても体が資本、調子が悪い時は思い切って1日休養日に充てて下さいネ!

それにしても・・・ウニの香りが漂ってきそうで(笑)

stellaさん

一応私もアスピリンだけ持ち歩いてます。
でも、胃薬も必要かなーって思うようになりました。(^^;)

体調が悪くても、旅の時は無理しちゃうんですよねー、学校なんかだとサボりたくなるのに不思議ですよね。

南イタリアで、ウニはやっぱり食べたいなー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/306-1e51f170


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ