イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ヴェローナで食べる』TOP > パドヴァ > 『ヴェローナで食べる』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「今日の晩御飯は何にしようか?」 ダンテ像
本日の相談役はシニョーリア広場のダンテさんです。

 「ダンテさん宜しくお願いします。」

 「・・・・」

「お勧めの料理なんか有りますか?」

「うーーーん・・・・」

と相談して、ダンテさん答えてくれる分けでもありませんので、自分で選びます。
(聞こえたら怖いです)

入ったトラットリアは、何所だったか?近くに行ったら思い出すかも知れません。
 もう1ヵ所と迷いましたが、こっちに入りました。 Verona_Spaghetti
プリモピアットは、Spaghetti all'acciuga con uvetta e pinoli(スパゲッティ・アッラッチューガ・コン・ウヴェッタ・エ・ピノリ)かPappardella al ragu d'anitraだったように思えます。(この店には2回行きました。)

Acciuga(アッチューガ):鰯

Uvetta(ウヴェッタ):干しぶどう

Pinolo(ピノロ):松の実

アンチョビソースに、干しぶとうと松の実を添えたスパゲッティ

Pappardella(パッパラデッラ):きし麺状のパスタ

Ragu(ラグ):ミートソース

anitra:私の辞書には載ってません。

どっちも美味しかったですが、ちょっと珍しい方のパスタを解説しますと、松の実や、干しぶどうのほんのりした甘さとアンチョビの塩気がちょうど良く、量は少々多めでしたが舌は満足な1品でした。

 でも、「ヴェローナ、食の世界遺産や?。」等とは叫んでいません。
 Verona_Carne
セコンドピアットはPastisada de caval con Polenta (Spezzatino di cavallo)。

 馬肉の煮込み、ポレンタ添え。 馬肉は脂分が少ないので固くなることが多いと思うんですが、味もしみこんでいて柔らかく、とても美味しかったです。
 Verona_Smart

飲み物はスプマンテではなく、ヴェネトのワイン、ソアーヴェ。
すっきりした辛口の白ワイン。
(魚料理でなくても、良いのだ。)

ソアーヴェ


Verona_tiramisu

ドルチェはフィレンツェでの私の通り名ともなっているTiramisu(ティラミス)です。
(一部関係者のみ知っている秘密の名前です)
 これも甘過ぎず、合格点   

 Verona_フレスコ画
フレスコ画発見。





Verona_Duomo
ロマネスク様式のDuomoだったはずです。



スカラ家の霊廟
スカラ家の霊廟と教会
スカラ家の廟と、それに連なる教会。


 スカリージェロ橋

夜のスカリージェロ橋。

この橋を渡ると、別の世界に迷い込みそうな雰囲気です。



2006年10月13日 ヴェローナ 2 

 

ナチュラル・バランス・ダイエット
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~らふぁえろさん
車の塗装、ほんとイタリアらしいですね、シブイ!
それにしてもヴェローナのスパは太めなんですね。 その下のヴェローナカルネ?っていったい何が入ってるのでしょう?

Leonaさん

カルネは馬肉です。
昨日途中で寝ちゃいました。。。

そうですね、ちょっと太目でしたね。
でも、トスカーナにもピチって太麺が有りますよ。

ポレンタ好きなんですけどそれだけだとちょっと飽きちゃうので、肉とか他のものと一緒はいいなあ♪
フレスコ画、なかなかきれいに保存は難しいですね。全部見えたらまた違うんでしょうね。

Setteさん

フレスコ画は、一旦剥離しちゃうと、残ってくれないですよね。

ただ、これらのフレスコ画も年月で自然に剥がれたものばかりでなく、ペストの流行した時には壁の消毒のために剥がされてしまったそうです。
また、新しくその上にフレスコ画を描く時も壁は剥がされました。
(フレスコ画に沢山の穴が穿ってあるのは、人が剥がそうとしたものです。)

この絵は多分前者ですね。

ポレンタはプレーンで何かの付け合わせでちょっとあるのがベターですね。

ヴェローナ

は、地震でヴェローナの町がアレーナを残し倒壊して、それから出来た建物はフレスコ画で覆われていたのですね。一番、保存状態が良いのはエルベ広場のマッツァンティ家ですが、場所は違うけど、不思議なのは保存は難しいフレスコ画のポンペイの壁は、壁か剥がしてフレスコ画を横浜美術館に持って来ましたね。現地のライセンスガイドに聞いたら、壁から剥がしても、また再びくっつけることはできるという答えに進化してるなって思いました。
smartは、良く宣伝カーとしてヨーロッパでは使用されてるみたいですね。

美味しそう♪

よく撮れていますね。すっごく美味しそう!お腹が空いてきましたっ。ヴェローナ、一度は行きたい都市です。教会巡りしたいですね。
smart、ミラノでも宣伝カーになっているのを見ました。カーニバルの翌日に到着したのですが…あのsmartはカーニバルっぽくカラフルでしたよ。

これくらいは

完食しちゃうんですか?男性はやっぱり食べれますね~。
あ、でもイタリア行ったら私も完食しちゃうかもv-389

馬肉って匂いとかクセは無いんですか?よく煮込んであるみたいだから感じなさそうですね。

夜のスカリージェロ橋は昼間とは表情が違ってロマンチックですねv-346

ところで、通り名ってなんですか?

げちゅ~さん

フレスコ画剥がして持ってきたんですか!?
建物と一体なのが本来の姿なんで、個人的にはあんまり剥がして欲しくないなーって思います。

イタリアのsmartは面白いのが沢山ありますね。v-410
他にも何枚か撮ったと思うので、また公開します。

Charlieさん

ヴェローナは教会巡り、楽しめると思います。
私も時間の関係で回れなかった場所があと数箇所残ってしまいました。
今度写真だけでもUPします。

うさぴょんさん

美味しいと、食べられます。(笑)

馬肉は、そんなに癖が無いと思います。癖のあるお肉はイノシシとかですね。

通り名は、フィレンツェの某マエストロ氏が、私に付けた名前です。
分からなくなったんで、適当に付けたんでしょうが、いつもTiramisuと呼ばれるようになりました。(^^;)

パスタの名前は

プリモピアットのパスタはbigoli al ragu d'anatraといってカモのミートソースです。bigoliはヴェネト特産のパスタです。

私もこの太麺パスタが大好きで近所のトラットリアでよく食べてますよ^^いづれは作れるようになりたいと思ってます。

あまろーねさん

解説ありがとうございます。
辞書に載ってない単語も有って、謎のパスタでしたがスッキリしました。

Grazie mille !!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/308-abaa68fa


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。