イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > パドヴァ > 『ヴィチェンツァで無銭飲食』

ヴィチェンツァ(Vicenza)の街はアンドレア・パッラーディオの建築物が多く残る街です。

とはいっても、私はそんなに沢山の資料を持っていなかったので、自分の気に入ったものを適当に撮影しただけです。

実は前日ヴェローナでガイドブック落としたので、地図が無いし、資料も全く無かったのです。(><)

ヴェローナからバスに乗って(電車の代行)来たので、駅でヴィチェンツァの地図が有るか聞いてみました。

結構親切な駅員さんがコピーした地図をくれました。+地元の人が街の観光案内所の位置を教えてくれました。

Vicenza

駅前の大通りは、学生が多かったです。

ヴィチェンツァ2

街の入り口

ヴィチェンツァ3

公園 この時結婚式やってました。

ヴィチェンツァ4


門から街に入ってすぐの場所。
人影まばらで、ちょっと寂しい。

ヴィチェンツァ5


パッラーディオ設計、テアトロ・オリンピコ。(中には入らず) 観光案内所はこの近くです。

この近くで、ドイツ人に道聞かれました。
「イタリア人に聞くと、みんな違うこというから、全然目的地に辿りつけない。」だそうです。
「だから、いつも警察官にしか道は聞かない。」って。 (私は警察官じゃありませんが)

そんなこと話していて、メールアドレス聞いたんだけど、メール書いてません。。。。。

ヴィチェンツァのフェスタ

ちょうどこの日はフェスタでした。 アルプスです。

ヨーゼフ、ハイジ、ペーター、おじいさ?ん
ほんとに、ハイジに出てくるおじいさんみたいな人が何人かいました。

ヴィチェンツァのフェスタ2


ヴィチェンツァ6


ヴィチェンツァ7

ここの広場にずーとテントが並んでいて、登山用具とか、他いろいろな出店を眺めて回って、最初の白いテントに戻ってきました。

ヴィチェンツァのただ飯


ここで、目に付いたのは「Baccala」という見慣れない単語。 思わずテントの前で辞書を引いてしまいました。

「乾燥した塩漬けのタラ」のことでした。 内陸部なのに魚食べるの? そんなことをしていると、係りのおじさんが私を見つけ、「俺のおごりだ。飲んでけ。」となり。
「食べていくか?」となり。

vino_vicenza.jpg


タダで全部いただいちゃいました。 内容は、干した塩ダラをバターで戻した感じの料理。 ポテト、ポレンタ、ワイン(ワインは合計3、4杯)。

汚い絵ですが、「こうやって飲むんだ!」と力説されたので、書いておきます。(理由は分かりません) 食べ終わってお礼を言おうと思ったけど、おじさんはどっかに行っちゃってて見つからず。

そんなわけで、この場で「Grazie」

食い逃げはしてませんので(笑)

2006年10月14日 ヴィチェンツァ 1






ナチュラル・バランス・ダイエット
スポンサーサイト

コメント

イカス~!!!

そのオジサン、最高にかっこいいですね。
ローマだったら「何かヤバイ薬でも入ってるんじゃないか」なんて疑っちゃいそうですけど(笑)。
そのオジサンの写真みたいですv-10

らふぁえろさん、こんにちは~☆

TBありがと~エムエム@銀座です☆
私も早速、とらっくバックさせて頂きましたので宜しく~☆

無銭飲食なんて題名だから「もしかしてサイフ無くした?盗られた?」かと思ってビックリして来てみたけど・・ゴチになったって事ね?(笑)

私も、もっと若い頃に旅してた時は沢山あったわーイタリアとかフランスとかetc・・

折角オリンピコ劇場の前まで行って中に入らなかったのは勿体無い!ま、でも神様が「もう一度行け」と云ってるんでしょう(笑)

ちなみに、らふぁえろさんは、どうやって私のページまで辿り着いたの?

おごり万歳!

落としたのが財布じゃなくて良かったですねv-408

写真のワインがこぼれちゃってるとこがウケました。そんなに注ぐかぁ!って感じv-411
なのにそんな不思議な持ち方できませんよね?

親切なイタリアのおじさんやおばさんに出会うと心が温まりますね。ひとり旅だと特にですね。



みっちょんさん

ローマだとそういう人が居るかもしれないなー。

写真は無いんだけど、アルプスの山の人って感じの人で、私の知ってるイタリアとは何か別の国でした。(ハイジのおじいさんのような髭は有りません。)
1枚くらい撮っときゃよかったなーと思ってます。

でも、それ以上にアルプスの山の方に行ってみたいと思うのでした。

エムエム@銀座さん

コメントありがとうございます。
食い逃げも、財布盗いまのところ有りません。(笑)

私は子供の頃から、見知らぬ人に物を貰うようなことが何故
だかあります。
きっと貧しそうなオーラが出てるんでしょう。(^^;)

テアトロオリンピコをローマ時代の劇場だと思っていたので、飛ばしちゃいました。
行った人の写真を見て、こんなんだったのかーと知るに至りました。

ページへはヴィチェンツァの資料があんまり無いので、検索していて見つけました。

うさぴょんさん

ワイン、この量ではやってませんよ。(笑)

最初に話していて、「ワイン飲むか?」の時に教えられたんです。

人の親切に会うと、自分も親切したくなるから不思議ですね。

てきと~イタリア人

はーーい私です^^ノ

公園での結婚式いいですね~
って、日本では見ないですね。。

それにしても、食器の写真でワインがテキトーに
注がれてるのを見ると、
なぜか懐かしいww

もし

このブログをおじさんが読んでいたら
是非是非名乗り出て下さい。
そして私にも奢って下さい。
Baccalaのフライが大好きな友だちがいますが
私はやっぱり生の鱈がいいな~。v-229

Stella★さん

私はいい加減関西人です。w

日本では、神社か結婚式場かホームパーティーみたいなのくらいかなと思います?

ワインは汁だくです。(違う)
地元の人くらいしか行かない店だと、料理の盛りもこんなんですね。(笑)

エミリアさん

アルプスの山登ってみたら出会えるかも知れません。(^^v)

私は「たらこ」、特に辛子明太子が好きですわ。
鱈を生で食べるというのは、初めて聞きました。

いろいろありますね

そうですね、そのようなおじさんにあったら、まず、親切なんだろうけど、警戒してしまうと思います。

ガイドブックなくすって、けっこう不便だったのではないですか?
地図は現地に行って手に入るとしても....ガイドにない行き当たりばったりのオリジナルの旅ができるかもしれませんが。

yuranotoさん

最初は何か売りつけようとしてるのかなとも思いましたが、警戒しないといけないような人物でもありませんでした。(経験は多少役に立ってます。)

ガイドブック無くって困ったのは、アクイレイアに行けなかったことくらいで、他は何とかなりました。
もともと大した情報の書いてないものだったのが幸いしました。(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/309-83dbe3ad


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ