イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『パドヴァ』TOP > パドヴァ > 『パドヴァ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パドヴァ


パドヴァ駅
いきなり美術館?教会?と思わせておいて、実はパドヴァの駅に有ったポスターです。

でも、良く出来てます。( ̄? ̄)うーん。

パドヴァの位置
場所はヴェローナとヴァネツィアの間で、ヴェネツィアまで電車で30分?40分くらい。
ヴェローナまでは1時間?1時間30分くらいの距離です。

この日はヴェローナからの日帰りではなくて、翌日行くヴェネツィアに近いこちらに重い荷物を背負っての移動なのです。

とても良い天気で、歩くと暑いのです。( ̄  ̄;;;;;;)

いつものように大きく歩き回ると、暑いこと暑いこと。

休憩も兼ねて、ヒンヤリした教会に入ることは欠かせません。
(こんなんで良いんだろうか?)

そして、パドヴァに来て最初に入った教会がこちら。
エレミターニ教会(Chiesa degli Eremitani)です。
駅前の道を真っ直ぐ進んで川を渡ると左手に公園があるのですが、その公園のすぐ横がこの教会です。

chiesa_degli_Eremitani  
教会外観

chiesa_degli_Eremitani2
内部
単廊式の設計ですが、天井の作りが、ちょっと変わってますね。


chiesa_degli_Eremitani3

chiesa_degli_Eremitani4

chiesa_degli_Eremitani5
フレスコ画は奥の祭壇の左右だったと思います。

少々痛んでますが、フレスコ画がきれいな教会です。
教会で一休み絵画を鑑賞して、次の場所へ移動するのでした。



2006年10月17日 パドヴァ 1









ナチュラル・バランス・ダイエット




スポンサーサイト

コメント

昔、仲良かった友達がPadova出身で連休に遊びに言った記憶が^^
なつかしいですは。。
フレスコ画が痛んでてちょっと悲しいですね
ぜひ修復して欲しいものです。。

おお~ やっぱりイタリアですね素敵

夢子も昔だけど ミラノの駅でポスターが綺麗で写真をとったことがありますが
やっぱり何だろう イタリアの全てが大好きです 建物もポスターも色使い面白い 陶器も らふぁえろさん!素敵な写真を有難うございまーす。

ここで

聖人になったのですよね!
私の炎天下の街を歩き疲れたら
教会に避暑します。
涼しいし落ち着きますよね。

Sophi★さん

パドヴァに友達って良いですね。

ヴェネツィアも近いし、交通の便も悪くないし。

フレスコ画が年数経って痛んでくるのは、仕方ないです。
痛んでても、歴史を感じられるから私はフレスコ好きです。

Grace夢子さん

イタリアはポスターでも、カッコ良いのが転がってますね。

ミラノに有ったアルマーニのポスターもいい感じでした。
http://vacanze.blog63.fc2.com/blog-entry-264.html

エミリアさん

この街で聖人の席に名を連ねることになりました。(ほんまかいな)
それは、2つくらい後のエピソードになります。

きれいな

ポスター、落書きがないのが嬉しいですね。

「良い天気で空がきれい!」とか言ってますけど、実際は暑い時もありますもんね。
教会で一休み、私もやってます。

フレスコ画、歴史を感じます、綺麗ですね。
なんとなくアッシジを思い出しました。

うさぴょんさん

流石に聖人の街では、悪さも出来ないのでしょう。(笑)

乾燥してるので、蒸し暑い日本よりはましですが、やっぱり暑いです。( ̄o ̄;)
教会で一休み、みんなやってるんですね。

この絵、私にはちょっぴりアレッツォが思い浮かびました。

私も・・・

数年前のヴェネト観光で訪れました!

私の1番の目的は、スクロヴェーニ礼拝堂☆
夜空を思わず天井壁画に圧巻でした。
きっとらふぁえろさんも見られてる事と思います。

サンタントニオ大聖堂、聖地の名にふさわしい教会でしたよね。
懐かしい記憶が甦ってきました♪

改めて、らふぁえろさんの日記と写真で、しばし
パドヴァにタイムスリップさせて頂きまーす(^^b
続き楽しみにしてます!

現在も修復中だそうです

こんにちは。
エレミターニ教会の写真を拝見しました。マンテーニャのフレスコ画をご覧になれて羨ましいです。

この教会のことは2006年11月18日の朝日新聞の記事で知りました。
62年前、戦争による空襲で教会は破壊されたそうですが、住民がバラバラになったフレスコ画を集め、8万余もの断片を箱につめて「平和で経済的に余裕のある時代になったら修復して」と、ローマの国立中央修復研究所に送り、保管されていたそうです。

下段の2枚は戦前に外されていたため、戦災を逃れ、上段の左側は破損が少なく、戦後数年で修復が完成。
残りは破損が激しく、手付かずの状態だったのが、2001年から本格的に修復計画が始まったとのことです。

修復は、1920年代に撮られた白黒写真をもとにカラーの合成写真を作成し、ジグソーバズルのように破片を当てはめていく作業。
下絵に8千個の破片がはまった昨年9月、マンテーニャの没後500年記念として公開されたとのことなので、ご覧になったのは、この8千個の破片がはまった画面だったのではないかと思われます。

新聞記事は、
礼拝堂に甦ったフリスコ画は、まだ穴だらけで痛々しいが、これは「平和と再生の象徴」。当時を知る地元の方の「教会と芸術への愛着や、いつか平和な時代が来るという信念、あせらず待とうという忍耐が修復を可能にしたのだと思う。イタリア人としての誇りを感じる」というコメントを紹介しています。

写真からは、今後何年かかるか分からない修復に傾ける並々ならぬ情熱を感じます。本当に、イタリアという国の、芸術が与えてくれる力、人間力ってスゴイですね!

エレミターニ教会の外観は、スクロヴェーニ礼拝堂のそれに似ていませんか?
再びパドヴァを訪れる機会があったら、ぜひ、エルミターニ教会にも、足を運んでみたいと思っています。
ご紹介、ありがとうございました。

長くなって、ごめんなさい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

stellaさん

じ・つ・は、スクロヴェーニ礼拝堂に入ってないんですよ。
ガイドブックやネットで調べてみて、ジョット氏の宗教的な厳格さに圧倒されてしまい入るのを思い留まりました。

事前予約が必要なことも入らなかった理由です。
大まかな旅の計画は立てていましたが、現地でスケジュール入れ替えもよくやってましたので・・・なのでした。(^^;)

みゆきさん

詳しい解説ありがとうございます。
あのフレスコ画にそんな謂れが有ったんですね。
聖人アントニオの街に相応しいエピソードです。
この教会を訪れた時に私は、そんな話は知らなかったけれど、何かしら感じるものが有りました。
フレスコ画の白い部分が修復中であったのなら納得です。
情報 Grazie mille !

教会の外観はカメラに収めてないのですが、内部の構造から推測すると似ていたと思います。
(いつもは外観撮ってるのに、撮ってないとは不覚です。)

そうでしたね。

事前予約。。。そうでしたね~!!!
私も、出発前にそれを知って、現地の友達に予約→振込をお願いして行く事が出来ました。

確か、当時は振込も現地の郵便局かどこか限定だった気が・・・

なので、感動もひとしおでした♪

でも、らふぁえろさんはそれ以外にもたくさん価値あるものをパドヴァで見られているんでしょうね(^^b

みゆきさんからの

素敵なエピソードを読ませていただき、イタリアの温かさに触れた気がして嬉しくなりました!ありがとうございます。

らふぁえろさんの写真のエレミターニ教会の外観は、DVDでみたスクロヴェーニ礼拝堂の外観と似ていました!
どちらもまだ訪れたことが無いので、これからの楽しみが増えてワクワクv-392です。

stellaさん

振込とは、手間がかかりますね。
今は、その場で支払いできるんでしょうね。(?)

私が他で行ったのは、サン・ジュスティーナ教会です。
ちょっと変わった見学ができましたよ。(笑)

うさぴょんさん

DVDまで有るんですねー。
ガイドブックなどには載ってないエピソード、心温まります。

聖人の街に相応しいお話ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/318-4310238a


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。