イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > フィレンツェ > 『サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )』

サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

画像クリックで地図が開きます。

フランチェスコ会派の教会で
1295年アルノルフォ・ディ・カンビオ(Arnolfo di Cambio)により起工、1442年献堂。
長さ138m、幅39m。
サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂(ドメニコ派)に意識的に対抗して建てられたそうです。
イタリアを代表するゴシック建築のひとつといわれ、正面ファサードは15世紀のクロナカ(Cronaca)のデザインをもとにしたと言われています。
内部は3廊のバシリカ形式で、身廊幅約19mと広く、外からの光も十分に入ってくるので明るく感じます。

見所
ジョット(Giotto)作「聖フランチェスコ伝」
ジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari)作「聖トンマーゾの疑い」、
「受胎告知」
ドナテッロ(Donatello)作「キリスト磔刑」ブルネッレスキに「お前は農夫を十字架にかけたのか」と酷評されたとか
ブロンツィーノ(Bronzino)作「ピエタ」
アレッサンドロ・アッローリ(Alessandro Allori)作「十字架降架」
タッデオ・ガッディ作「聖母マリアの生涯」
ベネデット・ダ・マイアーノ(Benedetto da Maiano)作、説教壇

有名人のお墓目白押し!(教会の中です。)
ミケランジェロ・ブオナローティの墓(アッカデミア美術館のダヴィデ、サンピエトロのピエタ、システィーナ礼拝堂の最後の審判等、多数の名作を残しています。この墓はヴァザーリ作)
ガリレオ・ガリレイの墓(地動説を唱えた人物)
ダンテ・アリギエーリの墓碑(神曲の著者であり、近代イタリア語の父とも言われる人物。亡命先のラヴェンナで亡くなり遺骨遺骨はそちら)
教会の前に正面向かって左手にダンテの立像もあります。
ニコロ・マキャヴェッリ(Nicolo Machiavelli)の墓(君主論等を著した人物)

催し物
教会前の広場(Piazza Santa Croce 結構広いです)では
前述のカルチョ・ストーリコ(6月)
クリスマス・メルカート(12月)が開かれます。

天気が良ければ、ここでベンチに座って鳩と戯れるか、ジェラッテリアでジェラートを買ってきて頬張るのが私のお勧めです。(笑)



ブログランキング参加中

楽天市場はサッカー応援グッズも安い!NIKEやaddidasが驚異の最大98%OFFに

プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ海外旅行【JTB スタッフけんさくん】
KLMのドリームキャンペーン
スポンサーサイト

コメント

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

Santa Croceはきれいな教会ですね。
正面の星はHexagramでしょうか?

天気のいい日はベンチで読書しながら、すごしたいですは^^

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

らふぁえろさん、ご無沙汰しております。
久しぶりにおじゃまさせていただきました!
サッカー関連の記事、かなり興味深いですね。特にお祭りの写真なんか驚きでした!

イタリアの教会は宝箱ですね。
いろいろな歴史あるものが「ちょこん」と置いてあったりして、ビックリすることも多々。

ベルガモのとある教会にとっても古いフレスコ壁画があります。これも1見の価値あります!
が、どうもこの教会の担当神父さんとその助手の女性があまり感じが良くなかった…んですよ。
(という理由で、自分の結婚式にこの教会は使いませんでした…笑)

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

Stella★さん

ファザードは確かに六芒星です。
由来や意味は知らないのですが(汗)、サンタ・マリア・ノヴェッラに対抗心を燃やしたそうなので、太陽に対して星できたのかなーって勝手に想像しております。(そんなのでいいのか?)

まだまだ、修行が足りませぬ。

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

Marinkaさん
お久しぶりです。

イタリアの教会は美術館に入るよりもわくわくすることがありますよね。
中には日本人には「えーっ」って、感じるものも有ったり。

ベルガモの教会、ちょっと残念ですね。
対応一つで印象って随分変わってしまいますから。

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

Santa Croce前の広場もよいですね。
フィレンツェとは相性がよくて、いつも快晴なんですョ。
モノは高いですけれど…。

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

エミリアさん

そうですね。
Firenzeは物価高いですよね。
それを言うとローマ、ミラノも同じですけどね。
でも、北欧やドイツの方がもっと高いから、お金が無いと心細くなります。(笑)

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

らふぁえろさん、こんにちは!
サンタクローチェ教会に行くのに、何故か迷ってしまった苦い記憶が・・・。ようやく辿り着いた時はくたくたでした!というか、ミラノでも迷い、フィレンツェでも迷い、彷徨いまくり(^_^;)唯一ローマだけが全く迷わず、現在位置を把握できたんですよ~。
なぜ狭いフィレンツェで迷ったのか・・・。らふぁえろさんは如何でしたか?

Re: サンタ・クローチェ教会( chiesa di Santa Croce )

nicaさん

私も迷うことは有りますよ。
慣れ親しんだFirenzeでも、Romaでもです。
私は既に知っている”いつもの道”ばかりを通るのがつまらないと考える人間でして、方向と距離で大体の見当を付けて地図を見ないで歩くことがよく有ります。
そして、何分の1の割合で迷い、現地の人を捕まえて道を聞くのが一種の楽しみにもなっております。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/32-a0cad277


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ