イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ヴェネツィアの高い昼食と』TOP > ヴェネツィア > 『ヴェネツィアの高い昼食と』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴェネツィアでリストランテを選ぶのは難しい。
なるべく観光客が通るような大通りは避けても、ヴェネツィアの来るのは殆ど観光客ですから、一見さん相手の商売も成り立ってしまいます。
美味しくなくても、値段が高くても、観光客は来るわけですから。。


そんなわけで、私も外しました。(><)


そんなに観光客は入っていなさそうな店だったので、入ってみたのですが、結果は印象が良くないものでした。

理由はとっても高かったからです
ヴェネツィアの高い昼食
リゾット

ヴェネツィアの高い昼食
フリット・ミスト(揚げ物の盛り合わせ)
(揚げ物ですが、海老とイカとポレンタが載っています。これだけ、油っぽいものばかりだと胃がもたれますね。)
それと、水だけだったにもかかわらず、料金は28ユーロです。

ドイツ人観光客も「高い?!」と支払い時に文句を言ってましたが、その通りです。

それに対する店員の応対は「ここはヴェネツィアだからね。」と少し横柄とも取れるものでした。
確かにヴェネツィアは他の街と違う税金が課税されていますが、いただけない態度です。

私も支払いをカードでしようとすると、何とも面倒くさそうにやってくれましたので
決して気分の良いものではありませんでした。

ヴェネツィアで物が高いのは知っているので、気を取り直して待ち歩きへ。

目指す先はダルマータ・デッリ・サンティ・ジョルジョ・エ・トリフォン信徒会(Scuola Dalmata delli Santi Giorgio e Triffon)です。
名前はかなり長いです。

Scuolaは英語のSchool(学校)の語源とも言われる言葉ですが、それ以外にも協同組合、集会所のような意味もあって、
ここは、ダルマチア(クロアチアの一地方)出身者のための建物だったわけです。


切符
では、3ユーロ支払って中に入りましょう。

Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon
建物外観


Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon
私はこの絵が見たかったんです。実物が見られて良かったです。
のえの作者はヴィットーレ・カルパッチョ(Vittore Carpaccio, 1460年頃 - 1525年/26年頃)
Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon
Scuola dalmata delli santi giorgio e triffon

さて、この建物内ですが、実は撮影禁止だったようで、
「ここは殺意撮影禁止って書いてあるだろう。」と注意を受けました。
暗くて気が付きませんでしたが、確かにそんな表示がありました。(^^;)
皆さん気を付けましょね。

Scuola Dalmata delli Santi Giorgio e Triffonの位置場所はここです。

2006年10月18日 ヴェネツィア 6

ブログランキング



ヴィットーレ・カルパッチョ(Vittore Carpaccio, 1460年頃 - 1525年/26年頃)はイタリア、ヴェネツィア派の画家で、ヴィンチェンツォ・ベッリーニに師事した。風景描写に優れる。カルパッチョはとりわけ、「聖ウルスラの伝説」として知られる、9枚の絵画よりなる連作で著名である。

代表作
1495年の9枚の連作『聖ウルスラの夢』
1515年の『騎士の帰還』(Ritratto di cavaliere)

その他
薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけた料理を好んだ。この料理は彼の名を取ってカルパッチョと呼ばれている。



ナチュラル・バランス・ダイエット
スポンサーサイト

コメント

私はこの教会へ行ったことがありません。

次回ヴェネツィアへ行く機会があったら、行って、観る価値のありそうな絵画ですね。

L'autoreは?

カルパッチョの絵ですね。ここにはまだ行っていません。次回、ヴェネツィアに行った時は見なければ。アッカデミアの『聖女ウルズラ物語』は観ました。もうイタリアにまた行きたい病です(笑)。

カルパッチョの語源になっているって、どれだけの人が知っていますかね?

やっぱり安くておいしいお店は地元の人に聞くのが一番でしょう。隠れ家的なレストランを見つけるの大好きです。日本の雑誌にでると、すぐに日本の観光客が押し寄せ、味もサービスも落ちるのが残念です。

ホントに・・・

私もヴェネチアではやらかしてしまいました~(^^;

アーティスト?画家?兼シェフという触れ込みのお店に
入ったのですが、今日は市場が休みでエビとイカはないだの(シーフード売りにしてるのに?!)、パスタを頼んだのに、1時間待たされて・・・
文句言わずに、さっさとお金払って帰ってきましたよ~

そして、翌日のパドヴァのトラットリアで炸裂してしまいました~(笑)

それは高い・・・

唯でさえ外食は高いのに、ヴェネチアではやられましたね~~。難しいですよねレストラン選び・・・。

わたしは。。

ベネチア行くときは、いつも家か、ミラノのどこぞのBARからパニーノとジュースというお弁当持込で行くよ。
宿はFSのひとつかふたつ手前の駅にするとちょっと不便だけど安いし。。夜はその周辺で食べるな。

殺意禁止??

観光地は高いですね。。

リストランテは高いですね~
私なら苦情ものです!

Scuola Dalmata delli Santi Giorgio e Triffonの絵はステキですね!
私より全然イタリアくわしいですよね^^;
案内してもらいたいはw

高いですねっ(汗)いくらベネチアでもって思いましたけど……。それでもとても感じがいい所なら、結構皆さん払うのも苦にならないと思うのに……。感じ悪いのはいただけないですね。

一人旅だと

特にへこみますv-390、がっかりなお食事になっちゃいますね。
そんな嫌な思いをしても、「殺意禁止」ですから~~抑えて抑えて。v-398

らふぁえろさんの確信犯的な匂いがする撮影お陰で素敵な絵を見ることができました♪
Grazie!

莫さん

作者は、ヴィットーレ・カルパッチョ(Vittore Carpaccio, 1460年頃 - 1525年/26年頃)です。

見応えのある作品かなーと思います。

アンジェイさん

アッカデミアにその絵があったか、全く覚えていません。
何の予備知識も無しに美術館入りまくってたからですね。(^^;)

この間行かれたばかりなのに、イタリア病って早すぎますよ。v-410

カルパッチョの語源になっているって、どれだけの人が知っていますかね?

>私はネットで調べるまで知りませんでした。(ついさっき知ったとこです。)

彼の色使いの特徴、赤と白が生肉の赤マヨネーズの白とが良く似ていたから。
食べ物の名前にされたカルパッチョさんはどう思ってるんでしょうね?

そふぃあさん

日本の雑誌に載ると駄目ですね。
サービス、味は落ちて、価格は上がるという悪循環。

参考情報は居るだろうけど、良いお店の情報はあんまり雑誌には載せて欲しくないですよね。

stellaさん

パスタで1時間待ちは・・・
小麦粉から練ってパスタ作って、素材は畑や海に取りに行ってたのでしょうか。(そんなわけない)

言い訳されて、おまけに高いと・・・です。
次行ってみよう!と気持ちを切り替えた方が利口ですね。

akiさん

イタリアではエンゲル係数上がりまくりです。
宿泊費より高いとちょっと辛いです。(^^;)

いくきーとさん

イタリアに住んでると、そんな手もありますね。(^^)

殺意禁止??

撮影禁止です。直しときます。e-263

Sophi★さん

苦情の言い方ご指導願います。(笑)

ヴェネツィアの食事処以外は歩いて案内できるかもしれません。
(歩いてってところが重要ですよ。)

Setteさん

放っておいても観光客が常に来るって場所柄だけに、こうなんでしょう。

でも、悲しいかなこれが現実なのですね。

うさぴょんさん

食事は、殺意ものです!!(ちゃうちゃう)

教会内の写真は、大丈夫かなーって期待をして撮りました。
確信犯じゃありませんよ。(たぶんねv-12
こんなのもあるよって伝えられたので、よしとして下さい。

うん、私もベニスに行くときはパニーノ持参か、ファーストフードで済ますことも多いかも。

確かにワインも頼んでいないのに28は高いけど、イタリアではどこもこんな感じじゃないの?が素直な印象です。むしろ、プリモとセコンドも結構量があるのでベニスにしてはお得な気もしますけど。
よほど田舎とか、地元人が行かないようなところ、ツアーメニューがある(でも売りきれと言われたり、量が少ない、味が悪い場合もある)だと20ユーロくらいで食べれたりもしますけどね。

ユーロと日本円の開きが大きいので、現在では日本から旅行に来る人にはとっても痛い状況です。こっちで生活してても大変ですから。。
ピッツァとビール、コーヒー、デザートで20くらいはしますよ、もはや。

きっこさん

リラの時なら、そう気にしなかったんですけど、ユーロになってしかも150円超えてると気になるんですよね。

イタリアの盛に慣れてしまうと、セットメニューはやや量が少ないかなーと思います。
(でも、日本人にしたらジャストサイズくらいでしょうか。)

ピッツェリアでもコーヒー、デザート付けると20近く行きますね。
Pizzaと飲み物だけで、10ユーロ前後。。。。

私はスーパーを活用してました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/324-9f37ed18


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。