イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > ヴェネツィア > 『ヴェネツィアでホテルの客引き』

パドヴァからヴェネツィアへは電車で20分(インターシティー、ユーロスター等)?45分(鈍行電車)程度です。
私は、パドヴァで朝食を食べなかったので、ヴェネツィアの駅に着いたらバールで朝食代わりにトラメッジーノ(日本で言うサンドウィッチ)を食べました。
その後、タバッキでテレフォンカード(5ユーロ)を購入。

地図も大きなのは持ってなかったので駅の観光案内所に入りましたが、2.5ユーロしました。
普通は無料なんですけど、たまにお金の要るところがあります。
でも、この地図には別冊で小さな観光ガイドが付いていたのでまあ良いかなと思います。

そして、ちょっと大きな買い物ユーロナイト往復乗車券(ウィーン?ヴェネツィア・メストレ)140ユーロ(片道70ユーロ)を窓口で購入。
自動券売機では買えなかったので、仕方なく行列に並びました。
因みにヴェネツィア・メストレ(Venezia Mestre)駅というのはミラノやボローニャ方面から電車で来る時にヴェネツィア・サンタ・ルチア(Venezia Santa Lucia)駅の1つ手前にあります。
間違えて降りないようにしましょうね。
私は友人と初めてヴェネツィアに来た時、降りそうになりました。(ヴェネツィアの駅は2つ有るんですよ。)

ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅

運河の向こう側から見たヴェネツィア・サンタ・ルチア駅

駅前のモニュメント

ヴェネツィア駅前のモニュメント。
アメリカ批判かな?と私は思いました。(これを撮ったのは2006年10月です。今も有るかは分かりません。)

ヴェネツィア駅のそば

駅を出てすぐそばから土産物屋が並んでるのがヴェネツィアですね。

ヴェネツィア

ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅の近く

ヴェネツィアのゴンドラ

ヴェネツィアの名物ゴンドラですが、私は乗ったことございません。

ヴェポレット乗場

ヴェネツィア駅そばのバポレッと乗場
バポレットも乗ったことございません。

ヴェネツィア駅でこの日の用事はほぼ終わらせてしまった私は、久しぶりのヴェネツィアをフラフラ歩いて行きました。

すると、向こうから一人の男がやってきました。
首からは何やら証明書らしきものを提げています。
「今日の宿はとってあるのかい?」と英語で声かけられました。
「いや、まだだけど。」

「俺はアンドレア。うちのマンマがやってるホテルが有るから見に来ないか?」

アンドレアと名乗る男はホテルのパンフレットを私に見せました。

「うーーん。1泊いくら?」

「45ユーロだ。」

「カードは使える?」

「もちろん。」

怪しいなとは思いつつ、「騙されたらネタが出来るなー。」という計算の元、彼に付いて行くことにしました。(それでいいのか?(^^;))

案内された部屋は、パンフレットほど綺麗ではないものの、まあO.K範囲。
バス・トイレ共通、食事無し。
駅からゆっくり歩いて10分程度。
ヴェネツィアの物価を考えると安い方かなーと思い、ここにしました。
ヴェネツィアのホテル

ヴェネツィアのホテル2

ホテルの部屋

部屋に荷物を置いたら、もう一度ヴェネチア駅の近くからフラフラ歩いてみます。
まずは、駅のすぐ横にある教会、スカルツィ教会から。
スカルツィ教会

スカルツィ教会内部


そこからもう少し離れた場所、橋を渡らずリアルト橋方面に徒歩5分くらいの場所に広場がありますが、その広場に面したサン・ジェレミア教会。
サン・ジェレミア教会

サンタ・ルチア

サンタ・ルチア

この教会にはサンタ・ルチアが祀られています。
サンタ・ルチアはシラクーザ(シチリア)の出身の女性で、元はシラクーザで祀られていましたが、ヴェネツィアが運んできちゃたそうです。(ヴェネツィアが海洋国家として勢力が強かった時期だと思います。)
シラクーザの市民からは遺体の返還が要求されていますが、未だ戻っていないようです。

さて、サンタ・ルチアですが、紀元304年頃の殉教しました。
キリスト教徒が迫害を受けていた当時ですから拷問を受けて亡くなったのです。
彼女は乳房を切り取られた姿で描かれたり、盆に眼球を載せた人物として描かれたりしています。
伝説では、1000人の屈強な男達が動かそうとしても動かなかったとか、喉を切り裂かれても声を発したと言われています。

何れにしても痛い話ですね。(><)


気を取り直して、もうちょっとヴェネチアを歩いてみましょうね。


2006年10月18日 ヴェネツィア 1


ランキング



ナチュラル・バランス・ダイエット






ヴェネツィアのホテル予約
スポンサーサイト

コメント

来週

インターシティに乗りますが、席の並びって
イタリアの国鉄で日本と違い数字順でないので
席決めの時に悩んでます。(ツアーなので・・(;^_^A
お陰様で声でました~
あぁあぁ~~v-342声が出るって幸せですね。
有難うございました。

ヴェネツィア

そういえば、私もゴンドラ乗ったこと無いです。
結構歩いてたですは。

「騙されたらネタが出来るなー。」がスゴイです^^
私はさすがに無理かも
でも、綺麗な部屋で良かったですね♪

ヴェネツィア・メストレ駅で

降りそうになりますよね、初めてのときって。私もでした。
今ではそれっぽい乗客を見かけたら
「次ですよ。」って言ってみたり。
(偉そうにねー)

騙されてなくてもネタになってるv-398さすがです!

サンタ・ルチアさん、せめてシラクーザに帰してあげたいですねv-406

げちゅ~さん

復活おめでとう。
ツアーは全部バス移動かと思ってましたが、電車も使うんですね。
席決めはヤッパリあみだでしょう?(違う)

Sophi★さん

あなたも乗ったこと無かったのね。(^^)
迷路のような街は歩く方が、楽しいです。

>少々トラブルに遭ってもネタが出来たらおいしいと思ってしまうのは、関西の性です。。。

部屋はボチボチって感じでした。

うさぴょんさん

メストレは多分何も無いですから、間違って降りたら30分くらいは電車待ちするだけしかないでしょうね。

聖人ではないものの、フィレンツェ出身のダンテさんもラヴェンナにいらっしゃいます。
彼の場合は追放されたので、立場は異なりますがフィレンツェも遺体の返還要求してたりしますよね。

まあ、みんな居るべき場所が有るんだと思います。

ルチアさんはシラクーザが相応しい場所でしょうね。
因みに、12月にシラクーザを訪れましたが、ルチアさん(カラヴァッジョ作)には会えませんでした。v-406

私もいまだゴンドラにのったことがありませんよ~。
ヴェネツィアってホテル高いですよね。バス。トイレ共用といえど45ユーロは良心的ですよね。
私は初めてヴェネツィアに行った時は一晩(朝食付)50,000リラ(25ユーロ)で修道女経営のホステルに泊りました。リラの時は良かった!でも門限は夜9時半・・・。

カンポさん

ほんとリラの時代は良かったです。
少々誤魔化されたって、円からリラへ両替する時に桁数が増えてる、心に余裕がありました。(笑)
ヴェネツィアでこの料金ならお手頃なんでしょうね。

このホステルって、カナレ・グランデ渡って行くのとは別の所でしょうね??

ビンゴです!

アミダです~。
v-12当たりましたよ~
ICもESスターも使うんですよ~。
この前のスイスなんかツアーで路線バスのポストバスに乗っちゃいました。

げちゅ~さん

当たっちゃった~。(^^v)

ICやESはともかく、路線バスはツアー客の誰かがスリに遭ったりなんて心配もありそうですね。

まあどんな交通手段を使おうが、無事日本に帰るまでは気を抜けないことは変わりないですね。ご苦労様です。v-500

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/327-f8caa5e6


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ