イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ヴェネツィア名物?アクア・アルタ』TOP > ヴェネツィア > 『ヴェネツィア名物?アクア・アルタ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクア・アルタ(Acqua Alta)って何?
Acqua:水
Alto/a:高い

簡単に言えば高潮なんですが、アフリカから吹く熱風シロッコと低気圧が重なると起こる現象です。
アクア・アルタが起こる時期は秋(10月頃)?春(4月頃)。


で、私はアクア・アルタに遭ったことあるのかって?
幸か不幸か、ありません。(^^;)
出会えば、おいしいネタなんですけどね。

ヴェネツィアは元々ラグーナ(Laguna:砂州で外海と分離された湖)に作られた街です。
5世紀にこの地に移り住んだ人々が湿地の上に木の杭を打ち込み、その上に石造りの街を築いたのです。


アクア・アルタの原因

地下水の汲み上げによる地盤沈下。
杭の沈降。
地球温暖化による海水面の上昇。


といくつもの要因が絡み合って、かつては数年に1回だった
アクア・アルタが、年数回起こるようになったのです。
ロマンティックな雰囲気のヴェネツィアですが、住むにはそれなりの苦労もあるようです。
(ヴェネツィアの先生はカビが生えるって言ってました。)

特に海抜の低いサン・マルコ広場は冠水しやすい場所。
そんな時にサン・マルコ広場に登場するのが遊歩道、この上を通れば濡れなくて済みます。


アクア・アルタ1

アクア・アルタ2

アクア・アルタになったサン・マルコ広場(写真はWikiより)



サン・マルコ寺院

遊歩道の写真。
この時1999年12月末ですが、僅かに広場は湿っていたように思います。
雨か、アクア・アルタの後かは分かりませんが海水面は高かったようなのでアクア・アルタの後に訪れたんだと思います。


ちょっと話は変わりますが、
水上に浮かんでいると聞いて思いつくのは、滋賀の人間なら浮御堂(うきみどう)。臨済宗の禅寺で、海門山満月寺が正式名称。

ここも行ったこと無かったりします。(車から眺めるだけ。)


浮御堂に関する昔話

むかしむかし、草津の1軒の宿に
「おいさ」という美しい娘がいました。
ある日、比叡山(ひえいざん)で修行中の若い僧が托鉢(たくはつ)に訪れました。
若い僧も、おいさも一目見てお互いが好きになりました。

その日の宿を世話になった僧でしたが、
あっという間に数ヶ月がすぎてしまいした。
楽しい日々に時の経つのを忘れていた若い僧でしたが、
修行中の身、いつまでもこうしているわけにもいきません。

名残惜しみながらも、若い僧は修行に戻ることにしました。
しかし、別れに際し「おいさ」があまりにも悲しがるので、

若い僧はこう言いました。
「私は堅田(かたた)の浮御堂(うきみどう)で修行をしています。
もし、百日毎晩通うことができたなら、あなたと夫婦になりましょう。」
と。

「おいさ」は、その言葉を信じ毎晩盥(たらい)の船に乗り
琵琶湖を渡って若い僧に会いに行きました。
雨の日も、風の日も、身も凍る雪の日も。

そして、とうとう九十九日「おいさ」は浮御堂へ通ったのです。

若い僧は、「いおさ」が途中で諦めるだろうと思っていたのです。
もし、「おいさ」が百日通ってきたなら、「おいさ」を嫁にしなければなりません。
若い僧は悩みました。
僧職の身での婚姻は硬く禁じられていたからです。

そして、百日目の夜。
若い僧は浮御堂の灯明をふっと吹消したのです。

そんなこととは露知らず、盥の船でやってきた「おいさ」には
途端に浮御堂の火が見えなくなったのです。
目標を見失い、真っ暗な琵琶湖の上で、右も左も分かりません。
それでも、「おいさ」は一生懸命盥の舟を漕ぎました。
願いが叶うと信じて。

ところが、折からの突風に煽られ盥の船は
木の葉のように揺す振られ転覆してしまったのです。

可愛そうに「おいさ」は冷たい琵琶湖に投げ出されてしまいました。
そして自分の思いが叶わぬこと、裏切られたことを思い、
水底へと消えたのでした。

琵琶湖にはイサダ(イサザ)という魚がおりますが、
これが「おいさ」の化身だと言われています。

こんな話を子供の頃、祖父から聞いた記憶があります。
(幻灯で見たんだったか、図書館で読んだんだったかかも知れません。)

イサダ

イサダの写真
琵琶湖の固有主ですが、外来種のブラックバスやブルーギルに
随分と生存が脅かされています。


アクア・アルタも生態系の破壊も人間が招いたものなので
人間で何とかしましょうねと思うのでした。

気付けば、ヴェネツィアのことより琵琶湖のことの方
が多くなってました。。。。


近江の昔話(スライドで面白いですよ)



参考情報

アクア・アルタの対策としてモーゼ計画(Progetto Moze)なる
案もあったのですが、環境への影響為中止されました。

モーゼ計画:ラグーナとアドリア海を結ぶ3箇所の水路に水門
を作って海水面上昇時に門を閉めるというもの。



毎年3月26日、天台系の行者たちが行う比良八講という行事がありますが、
比良山系の打見山で取水された法水を船上から琵琶湖にまき、
「おいさ」の供養と湖で遭難した人達の供養を目的としています。
この時期天気は荒れます。

ゴンドラ乗場

最後はヴェネツィアらしくVenezia Santa Lucia 駅向かいのゴンドラ前で。
(もちろん、乗ってません。記念撮影です。)

2006年10月18日 ヴェネツィア 4


ブログランキング





スポンサーサイト

コメント

ヴェネツィアの近くに住んでいた時に、是非ともアクアアルタの時に長靴はいて行ってみたかったけど、実現しませんでしたー(涙)

でも、水汚いから出来なくてよかったのかなw

gelliusさん

それは残念。
私は是非とも水の中を歩きたいですよ。
汚いのは、・・・・
まあこの際気にしません。

子供の頃はわざと川の中を歩いて帰ったりしてましたし、
水の中を歩くことに燃えます。v-42(笑)

私も訪れたとき板の上を歩きました。冬、寒かったのを覚えてます。年数回じゃ大変ですね。

Setteさん

でも、たまにしか行けない私達にはちょっとしたイベント?ですよ。

板の上だけでなく、水の中も歩いてみたいって思っちゃいます。(笑)

7月に行った私には無縁のアクアアルタでした。
・・話は変わって、琵琶湖のおいさの昔話は覚えていましたよ~
日本昔話の影響でしょうか?笑

わたしがサンマルコ広場あたりを歩いたのは
5月末でしたね。去年は時間がなくVeneziaには行けませんでしたが・・・

お水溢れる中を歩く心境って
童心にかえって
ぴっちぴち・ちゃっぷちゃっぷ
ランランラン^_^って感じかな?^_^

私はヴェネチアにはかなりいっていますが、一度もAcqua altaの経験はありませんね。でもニュースでは、ここ数年しょっちゅう見ているような記憶が・・・

acqua alta

私は不幸なことに会いましたよ~
写真のように、いすみたいなものをならべた細い橋の上を一方通行ではなく両通行で歩きました。

今となってみれば良い経験なのかな~

排水溝から水がっ!

2004年の11月に遭遇しましたv-398
といっても出発の朝だったので、冠水のピークには遭わずに発ってしまったんですけどね。
あの板の上は歩きましたよ、下りたら踝位まで浸かってたと思いますv-535
長靴あればやりましたよ、きっとv-411

近江の昔話、方言が良い味出てましたねv-392

アグリさん

夏だと無いみたいですね。
冬場と違って夏だと、サンダルだろうから、水のなか歩くのも気にならないでしょうにね。(そういう問題かい)

・・話は変わって、琵琶湖のおいさの昔話は覚えていましたよ~
日本昔話の影響でしょうか?笑

>昔話でやってたのかな。
 私も見たような気がしてました。(^^;)
 どうやって知ったのか分らなくなってきちゃいました。。。v-474

vino rossoさん

そうですよ。
童心に帰る。

普通なら、アクア・アルタで水浸し。
靴が濡れる。嫌だなー。ですが。

普段こんなことできないし、思いっきり遊んじゃえ。って考えたら気分転換やリラックスに。。

そんなおいしいイベントですよ。(私から見たら)

そふぃあさん

回数多く行かれてるのに合わないってのは、運が良いのかな?

私は1回くらい経験したいですねー。

ちずmilanoさん

写真のように、いすみたいなものをならべた細い橋の上を一方通行ではなく両通行で歩きました。

>細い板の上をすれ違う。
落ちるかもしれないってドキドキ感がありますね。
私は、そういう感覚好きだなー。(笑)


今となってみれば良い経験なのかな~

>アクア・アルタが起こりやすくなってる昨今でも、いくつかの気象条件が重ならないと発現しませんから、やっぱり貴重な体験だと思います。

うさぴょんさん

アクア・アルタとご対面

あの板の上は歩きましたよ、羨ましいです。v-410

私は長靴とかよりビーチサンダルで歩きたいなー。
水が冷たいとそういうわけにはいかないでしょうけど、秋か春先ならできるかも。。

方言もいいもんです。
たまに、何言ってるか分からないと更に良いです。(笑)

絵葉書のようなきれいな風景ですねv-237
会社の先輩がこのまえイタリア旅行したらしいのですが、
37度もあって凄く暑かったといってましたv-11

私は2000年にヴェネチアに行きましたが、ヴェネチアを去った後、アクア・アルタになって大変だったようです。
確かイタリアへ行く時にポー川も氾濫して大ニュースになっていたように思います。

まっちゃまちゃさん

今イタリアはすごく暑いようです。
シチリアのカターニアでは気温が52℃にもなったそうです。
夏にイタリアに行くのは、ちょっと考えた方が良いかも知れないですね。

マッサさん

2000年と言うことは、私が行った時期と結構近いですね。

ポー川氾濫、調べてみたら2000年10月に大きな被害が出たようですね。

災害となると、大変です。v-12

こちらにも遊びに来ました!

私のブログの方へもご訪問ありがとう。
アックアアルタ、最近は季節関係なくある感じですよ。
近いうちにHPの方からリンク張りますね。
今度またゆっくり遊びに来ます。

ゆみこさん

訪問ありがとうございます。
アクア・アルタに季節感が無くなってる!
そう聞くと、ますます地球環境について人間は考えなきゃならないですね。

リンクありがとうございます。

私は、少しだけですが、アクアアルタに遭遇したが、やっぱり見てみたいってありますよね~。あんまり高い水では困りますけどねv-12

乗らないの?

私も2回しか乗ったことないけど
なかなか乗り心地良かったよ?

aiutoさん

水位が腰まであったら困りますが、踝位なら歩いてみたいです。v-410

げちゅ~さん

行きたい所は、大体歩きでも行けますので乗ってないんです。
乗ってはみたいんですけどね。(^^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/330-ece680e8


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。