イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ヴェネツィア名物ゴンドラ』TOP > ヴェネツィア > 『ヴェネツィア名物ゴンドラ』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴェネツィアの優雅な交通手段といえば、お馴染みゴンドラ(Gondola)、運河を進んでいく姿を見ると、少々お高いですが一度は乗ってみたいなーと思います。

でも、ゴンドラと見た目はそっくりのトラゲット(Traghetto)という交通手段も存在します。
こちらは、地元の人も利用する経済的な足でして、1回0.5ユーロだそうです。(これも乗ってないんですねー。)

ヴェネツィアの街をS字状に流れるカナレ・グランデ(Canal Grande)ですが、ここには橋が3つしか架かっていません。

ヴェネツィア・サンタルチア駅前のスカルツィ橋(Ponte degli Scalzi)
スカルツィ橋



フィレンツェのポンテ・ヴェッキオのように橋の上に店の並ぶリアルト橋(Ponte di Rialto)、別名「白い巨象」
リアルト橋
ちょっと写真が古いです。(1999年12月撮影)



アッカデミア美術館前の木造のアッカデミア橋(Ponte dell'Accademia)
アッカデミア橋
この橋を渡ってアッカデミア美術館に行きます。
確か、合わせ鏡で天井画を見た記憶のあるアッカデミア美術館。見所はたくさんあるヴェネツィアですが、思い出に残る場所だと思います。(でも、どんな絵があったか憶えてなかったりする自分がちょっと情けないです。。。)


この3つの橋以外でカナル・グランデを渡る渡し舟がこのトラゲットなのです。
トラゲット乗場
トラゲット乗場の1つ。
お金が無い。でもゴンドラに乗りたい!!
そんな時は、トラゲットでゴンドラに乗ったような気になりましょう。


ゴンドラ1

ゴンドラ2
でも、こうやって見るとやっぱり優雅に水上を渡っていくんですよねー。

さて、そんなゴンドラの気になる料金なんですが、正式なものを調べてみたら以下の通りでした。

40分まで80ユーロ(1隻に6人まで乗れるので、相乗りなどすれば一人当たりは約13.4ユーロ)
その後20分毎に40ユーロの追加料金(これも割れば、何とかなるでしょう。)

そして、夜間(19:00?8:00)になると更に料金は上がって40分100ユーロ、その後20分毎に50ユーロとなります。

ゴンドラの料金はヴェネツィアのHPで確認して下さい。
何も知らない観光客に高い料金を請求してくることもあるようです。
1人の料金じゃなくて、1隻の料金ですので間違えないようにしましょう。

ヴェネツィアの観光案内所で聞けば教えてくれると思います。
また、ホテルのフロントでも予約できるようですので、宿泊先で聞いてみても良いでしょう。

イタリア語や英語は苦手、でもゴンドラ乗りたいって時は日本の旅行会社を通してイタリアのオプショナルツアー
イタリアのオプショナルツアーなど申し込んでも良いかと思います。





優雅なゴンドラでの一時


ヴェネツィアの名物の鳩は結構器用ですよ。(笑)




ヴェネツィアの街角





2006年10月18日 ヴェネツィア 5


ブログランキング






ナチュラル・バランス・ダイエット






スポンサーサイト

コメント

いいですね~ ヴェネチア
”優雅なゴンドラでの一時 ”の動画見てて、どこからともなく聞こえてくる音楽が風情をかもし出してて
ほんと優雅ですね! 

ゴンドラ

いいですよね~1回は乗っておきたいです^^
(名古屋のイタリア村ではEriちゃんと乗りましたが)

なぜか、実家にゴンドラの制服あります。
両親がやっていたわけでは無いのに・・・謎だw

ヴェネツィアの鳩さんは器用ですよね♪

木造の橋、素敵♪渡ってみたいです。
ゴンドラ、まだ乗った事ありません。というか、まだ1度しか行ったこと無いので(笑)誘われてイタリア人の友人が断ってたら最終半値以下になってた時ありましたが(笑)そんなにお客さんがいなかったのかな(汗)

ゴンドラ、私も乗ったことないです。案外そんなもんです(爆)

トラゲットはしょっちゅう乗りますが・・

結構悪徳なゴンドリエーレも居るんですよね。彼らがぼろうとするのはアメリカ人か日本人。1隻の値段をひとりにふっかけたりもします。恐ろしいです

リンクしました、遅くなって本当にごめんなさい!

ヴェネチアはまだ行ったことがありません。
ゴンドラ80ユーロは高すぎますね。私はトラゲットで十分です。

観光客が少ない時期にゆっくり散策したい町です。

乗りましたっ

一度だけ、ゴンドラに!
母が乗ってみたいと駄々をこねたのでv-390
確か40分で85ユーロって言われて、60ユーロに値切ってねv-398
高かったけど、乗らなきゃ撮れないかなーって写真を撮れましたよv-426

脱線しますが「夏までに10キロ痩せる」はらふぁえろさんのコメントも含め面白すぎます。(降参)

ツアーで

お客さんも、自由行動中にゴンドラに乗って
ボラレた話を聞いた事があります。
あと、以前は、どんなツアーでもゴンドラに
ミュージシャン(歌い手)が含まれてたのですが
その方々をツアーに含ませると莫大なお金になるので
今のツアーは、はずしてるんです。
たまにゴンドリエーレも歌ってくれる事があるそうです。
お客さんの女の子がウィンクしたら歌ってくれたそうです。
それって、イタリアらしい話ですよね。

レオナさん

歌はゴンドラからです。
アコーディオンを弾く歌い手が乗ってました。e-289

御歌は別料金~ですけど、思い出にはいいのかな。

Sophi★さん

ゴンドリエーレから奪い取った貰ったとか?

普通家に無いですよね。
ほんと入手の経緯が知りたいですわ。v-28

鳩がどうやってあんな飲み方始めたのか、これまた謎です。

Setteさん

半額以下とは驚きです。
もともと高い値段で吹っ掛けてきてたのか、
よっぽど暇だったのかどっちかでしょうね。

きっこさん

生活している分には、ゴンドラに用は無いですし、市民の足はトラゲットかバッポレットですね。

結構悪徳なゴンドリエーレ恐ろしいです。
日本人だと高いと思っても言い返せずにそのまま払っちゃう人も居るんだろうなー。
ヴェネツィアでゴンドラに乗る予定の人は、事前の情報収集してぼられないようにして下さいませ。

リンクありがとうございます。v-435

マサラさん

ゴンドラは少々高い乗り物ですね。
でもまあ、新婚旅行出来ている人の思い出には良いんじゃないかなと思います。

私がイタリア語を習っていた先生がヴェネツィアの出身だったのですが、教会で結婚式を挙げた新郎新婦がゴンドラに乗って、会食のリストランテに行くって伝統があるようです。

そういった歴史、文化の中にあるとちょっと意味合いも変わってきて、意義あることかなーって思います。

といっても、私は多分乗らないでしょうね。(笑)

うさぴょんさん

お母さんにせがまれちゃ、仕方ありませんね。

しかも値切りましたか。
お見事です!!

夏までに10キロやせる。
ブレーシャの人形ですね。v-411
彼は最強のダイエッターです。
ビリーズブートキャンプにも負けないでしょう。

げちゅ~さん

ミュージシャン(歌い手)を考えると、うーーん益々手の届かない領域です。

ウインクでゴンドリエーレが歌ってくれるって良いですね。v-410
イタリアらしい光景が目に浮かびます。

私がゴンドラに乗った時、こいでる人が『この家が○■の生家でぇ~』とかっていたって普通の家をさすので適当に言ってんじゃねーのかぁ?と疑ってしまいました(笑)
ゴンドラ乗るなら水の匂いがましな冬の方がいいですねん♪

懐かしのゴンドラ・・・

ヴェネツィア、本当に素敵なところですよね。。。

ゴンドラは、初めて行ったイタリアパッケージツアーで、数人のツアー客と一緒に乗りました!

カメラに一枚でも写真を残そうと色々アングルを考えてると、
『動くなぁっっ!!!』
と、ゴンドリエーレから怒鳴られ、一同ビックリ。
異動すると、船が揺れて、危ないからだろうけど。。。

その後彼は、上機嫌で歌を歌ってくれました。
テンションの起伏の激しさにツアー客一同、再び唖然、でした。。。

ヴェネツィアに架かる橋も、それぞれ風情があって、良いですよね~
アッカデミア橋、初めて見ました!
木造の橋もあるんですね!!

私も一度だけヴェネツィアに行ったことがありますが、トラゲットがあるなんて知らなかったです。
ゴンドラも乗ってないし‥。
今度行ったら、一度はゴンドラにも乗ってみたいけど、ぼったくられないようにしないと!
悪い人は本当に悪いですからね~、イタリアは。

gelliusさん

普通の家指して言われたらそう思うかもしれませんね。
ダンテの家みたいに、近くに看板があると確認しやすいです。

夏は匂います?
冬はチョッピリ寒いですけど、香りはマシかな。(笑)

ciaociaoさん


ヴェネツィア、本当に素敵なところですよね。。。

>ベタですけど、一度は行っても良い場所だと思います。
(私はまた行くと思います。)


ゴンドラは、初めて行ったイタリアパッケージツアーで、数人のツアー客と一緒に乗りました!

>複数人だとそれができるので良いですよね。
1人だとコストが重くのしかかってくるので、なかなかできませんです。


喫水が浅いゴンドラでは動くとバランスが取れないんでしょう。
ゴンドラから落ちちゃったーなんて思い出のある人も居るのかな?
歌ってくれたのは、素直に言うこと聞く日本人だったからとか。。

私も木造の橋の方がなだらかなアーチになってて、風情もあるので良いなーと思います。

さちさん

トラゲットはお手軽な乗り物だから、次回はお試し下さい。

かく言う私も、ヴェネツィアで乗り物は乗ってないんですよねー。v-388

弱り目に祟り目なんて言いますが、気が滅入ってる時、焦ってる時なんかが悪い人に遭う確立上がりますよね。
気を付けないといけないです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/331-2e7bea6d


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。