イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ヴェネツィアのゲットー』TOP > ヴェネツィア > 『ヴェネツィアのゲットー』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィアのゲットー(Ghetto)は1516年に作られました。

ユダヤ人居留地区を指すゲットー(Ghetto)自体の起源は、更に遡り13世紀と言われていますが

詳細は明らかになっていません。

一方、語源の方はヴェネツィアのある地名、ghettoからきているという説が有力で、

これはイタリア語の「鋳造工場」からきています。

ヴェネツィアに来てゲットーを訪れる日本人は少ないでしょうが、駅から程近い場所に有るので、

ヴェネツィアには何度も来てるから、ちょっと変わったものが見たいなーって人にはお勧めです。

ゲットーには何があるのか?

シナゴーグ(Synagogue)が有ります。どんな感じのものかは、サッビオネータの穴のシナゴーグをご覧下さい。

シナゴーグはユダヤ教の教会、集会所といった役割の建物。子供達に勉強を教える場でもあったようです。(後にフィレンツェのシナゴーグでそんな説明を聞きました。)

ヴェネツィアのゲットーではツアーが行われていて、博物館とシナゴーグが見学できます。確か料金は7?9ユーロでした。

(サッビオネータでシナゴーグには入っていたので今回は入りませんでした。)

もし、ヴェネツィアの地図をお持ちならGhetto VecchioとGhetto Nuovoという地名を探してみて下さい。

駅の北東辺りに位置しています。

古くからあるGhettoは壁に囲まれた場所で(現在は違います)、その昔は入り口は1つだけ、

そして夜になると外から門に鍵がかけられたということです。(現在は門も無く、行き止まりでもありません。)

かつて門があった辺りにはユダヤ料理の店、ユダヤのお菓子を売ってる店があります。

お菓子の方は、アーモンドが入ってるのが特徴です。

Ghetto Nuovoは後から作られたもので、現在は中心が広場で、広場の一角に博物館が有ります。



ゲットー
Ghetto vecchioのお土産屋さん。ダヴィデの星(六芒星)が目印です。


ゲットー2
ユダヤの格好の青年(Ghetto Nuovoの広場)

ゲットー3
第2次大戦のモニュメント(Ghetto Nuovoの広場)
911以降は軍隊が警備しています。


ゲットー4
ゲットー5
ユダヤの博物館

ユダヤのお菓子屋
お菓子屋さん

ユダヤ料理の店
ユダヤ料理の店


2006年10月19日 ヴェネツィア 9


ブログランキング






ナチュラル・バランス・ダイエット





スポンサーサイト

コメント

映画アルパーチノ主演の「ヴェニスの商人」で、Ghettoってどんなところなんだろってずっと思ってました。ほんと歴史が息づいてますね~
もの静かで時間が止まっているような・・・そんな空気を感じます。
思わずお菓子屋さんの写真にベーグルを探してました(笑)。

つい最近、簿記の発祥がヴェネツィアだという事を知り、話はヴェニスの商人シャイロックにまで及び、
ここ暫くのらふぁえろさんのブログを観るとヴェネツィア続きで・・・行きたくなってしまいます。
一週間くらいヴェネツィアで迷子になってみたいものです。

我が家の

某所(個室)にはVeneziaの地図が貼ってあるので、早速位置を確認。
まだまだ未開拓のエリアですな~。
Ghettoってゲットーと読むのかぁ。(レベル低っ)

ゲットの街並み好きです^^
お菓子も勿論好きですが・・・。
ghettoは地名で、そこが石切り場だったと聞いたような。。

今朝日本に着ました。
10日ほど観光していきますw
祭りもありますしね♪

Leonaさん

ヴェネツィアのゲットは今も昔の雰囲気が感じられますね。

お菓子屋さんでは何か買ってくれば良かったなーって思います。
結構美味しそうでした。(^^)

うめさん

簿記はややこしくて私は苦手です。(^^;)
引き算が出来ない人達が考えた計算方式なんで、日本人にはとっつきにくいですね。

ヴェネツィアで迷子を楽しむのなら、ナターレの時期などが面白いと思います。
 広場ではクリスマスマーケットが行われるので、出店している色んな屋台で味見して回れるし、気に入ったらワインやらお菓子やら購入してもいいですし。

私は初めてヴェネツィアに来た時がちょうど12月末だったので、色んなグラッパ味見しましたよ。
なかなか目的地に辿り着けない楽しい旅でした。

うさぴょんさん

イタリア語は「ゲット」で「ゲットー」って伸ばさないようです。

ひょっとしたら地図上に六芒星の目印があるかも知れません。
がんばって探して下さい。

Sophi★さん

確かに、石切り場ってのも調べてたら有ったんですけど、鋳造工場って起源が書いてあるのを幾つか見かけたのこちらを採用しました。

ヴェネツィアが潟の上作られた街なので、こっちの方が似つかわしいかなーって推測しました。

ガラス工芸のムラーノ等が火事を避けるために本島の外に行ったように、鋳造工場を移設され、その跡地がGhettoとして利用されたとしたら、私にはしっくりくる説明なんですよ。

お帰りなさい。
お祭りは祇園関係のどれかかな?
楽しんでって下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/334-f5306f59


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。