イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > ヴェネツィア > 『ヴェネツィア観光』

ヴェネツィア観光

ほんとうはこの日にアクイレイアに行く予定でしたが、ガイドブックをヴェローナで落としたので

予定を変更してヴェネツィアをブラブラしました。

1つ前のゲットーは前から興味が有ったので良い機会でした。

夕方に待ち合わせがあるので、それまでは気になる教会を見つけたら入るいつもの行動パターンです。

ちょっと普通の観光客っぽくまわってみます。

まず目に付いたのは、サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会(Chiesa di Santa Maria dei Miracoli)。
サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会

この教会はヴェネツィアの宝石箱と評される教会です。

とっても小さく可愛らしい教会。

でもね。入場料金はそれに似合わず可愛くないのでございます。

書き残さなかったのですが、お値段は確か5ユーロ?7ユーロです。。。。(はっきり憶えてないんです。ごめんなさい。)

外の窓から中を覗いてみて、そんなに私の好みじゃなかったので入場は取り止めに致しました。

そして、その次に向かったのは、サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ大聖堂(Basilica di Santissima Giovanni e Paolo)
サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ大聖堂




ここの教会は、ベッリーニ作の聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ祭壇画(Polittico di San Vincenzo Ferreri)が有名なので、それを見ておこうということでやってきました。入場料は2.5ユーロ
Biglietto_Basilica_SS_Giovanni_e_Paolo

聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ祭壇画
祭壇画(絵葉書より)


サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ大聖堂2
何となく撮ってみた騎馬像はどうやらヴェロッキオ先生の御作のようです。

病院
そして、この隣の建物ですが、教会のように見せかけておいて実は病院です。
私がイタリア語を習っていた先生の妹さんがここで生まれたそうです。



あと、外観の写真を撮り忘れたので何処か分からなくなってしまったんですが、オペラの衣装が展示してありました。
オペラ1

オペラ2

オペラ3



ヴェネツィアでは、定期的に無料のオペラが開催されていますので、その会場だったと思います。
私は、イタリアで無料とかお得の2文字に敏感に反応してしまいます。(^^;)


ヴェネツィアに来て時間が許すんであれば、オペラも楽しめます。

開演時間は大概20時ですが、ほぼ遅れます。

休憩時間もちょっと長かったりします。(開演遅れたのに)

当然、終了時間も後ろに延びるわけです。(これがほんとのオペラだー!?)

どうです。行きたくなったでしょう?(笑)

ということで、あと1回だけヴェネツィア編続きます。



2006年10月19日 ヴェネツィア 10




ブログランキング


アンドレア・デル・ヴェロッキオ(Andrea del Verrocchio) 1435年頃フィレンツェ - 1488年ヴェネツィア

ルネサンス期の彫刻家・画家・建築家。レオナルド・ダ・ヴィンチの師匠。



ジョヴァンニ・ベッリーニ(Giovanni Bellini, 1430年頃 - 1516年)

ルネサンス期を代表するヴェネツィア派の画家。
スポンサーサイト

コメント

お得か無料じゃなきゃ

行ってあげないからぁv-415ぐらい言っとけば何とか安くなりますかね~。(無理か)

入らなかった可愛らしい教会と、病院の建物が似てますよね!

オペラの衣装、綺麗ですね。
いつか本物を観てみたいけど、なるほど、
これはめっちゃ行きたくなる、行きやすい時間の曖昧さですなv-398
らふぁえろさんみたく、イタリア人になりきらなきゃねv-500

ミラーコリ教会、らふぁえろさんでも、ファサード全部が入り切りませんでしたね。結構みんな苦労しています。

ヴェネツィアはオペラが成長した街。この街でオペラが観れたら、格別だな~と思います。フェニーチェ劇場、入れるかな?

うんうん。
行きたくなりました~。
いいなー。
イタリアでオペラ見たい~~!!!

ベネツィアって、有料の教会が多かった印象があります。ローマとか、それほどはないなぁ、とか。しばらくイタリアには行ってませんのでそろそろ行きたいです(泣)

うさぴょんさん

言われてみればその通りです。
建物よく似てます。

設計者が一緒だったのかなー?

オペラは20時頃始まって、24時前後に終わるので、睡魔との闘いです。
後半戦が結構きますよ。(笑)

アンジェイさん

この教会のファザード全部納めようとしたら、広角レンズが無いと無理だと思います。
下がりすぎると建物の影になるか、後ろが無かったかのどっちかで撮影者泣かせな建物です。(^^;)

フェニーチェ劇場はその名の通り不死鳥の如く蘇りました。
2003年12月14日、リッカルド・ムーティ指揮によるコンサート形式の演奏会をもって再開場したそうです。

Teatro La Fenice

http://www.teatrolafenice.it/

ウェブサイト見るだけでも豪華さが伝わってきますよ。

アグリさん

私も翌朝早くに出発じゃなかったら間違い無く見に行ったんですけどねー。

残念、また今度、潜入調査をレポートしたいと思います。

Setteさん

ヴェネツィアは有料+高額ですね。(><)

ドイツからなら直ぐですよ。
格安チケット取って一っ飛び~。

やろうと思えば日帰りも出来ますよ。(それはちょっとやりたくないですよね。)

うさぴょんさん、凄いですね!ご指摘のとおり、同じ人が設計しています。

病院の方は、スクオーラ・ディ・サン・マルコと呼ばれていて、ピエトロ・ロンバルドが設計し、1487年から90年にかけて作られています。ミラーコリ教会は、1481年から89年にかけてですから、ほぼ同時代です。僕もぜんぜん気付きませんでしたよ。彼の作品は、カナル・グランデに面したパラッツォ・ダーリオでも観れるようです。

あ、昔ヴェネツィアのとある食料品店に入ったら日本人が忘れていったとかで真新しいガイドブックを貰った事があります(笑)
あれ、らふぁえろさんのだったりして!

オペラいいですね~

無料というのなら、尚更行ってみたくなりますねv-411

最後の写真、首がないのが怖い!
(爆)

どうせなら頭もつけていただきたかった。。(爆)

アンジェイさん

調べると色々分かってくるもんですね。(^^)

gelliusさん

おお、それぞ私の落したガイドブックです。(そんな分けない)

私のはかなり古いし、必要な部分だけ切り取ってたので、紙切れです。
v-410

aiutoさん

探すと、無料のコンサートやオペラってありますから目聡く見つけるとラッキーって気分になりますね。

きっこさん

首があるとかえって怖いこともありますよ。 v-404

目が合ったような気がしたり、動いたような気がしたり・・・
ですね。
人形は苦手です。

ぶっ!
確かに怖い!
目があったらそらせないかも・・・

(*`艸´)ウシシシ

らふぁえろさん、ひょっとして怖がりさんですか?!

じつは

私はお人形さんが苦手です。

アンティークドールとか日本人形とか。
古いと人の念が籠ってそうで・・・
v-12
そう思いません?

オペラは・・・

まだ本格的なものは1度み観た事がないのですが、是非1度は本場イタリアでも観てみたいと思っていますv-513(いつになるのやら?!)

夏になると、ミラノのドゥオモ広場他、色々な場所で、無料コンサートやオペラがなどが上演されるって聞いた事がありますv-341

さすが、芸術に造詣の深いイタリアですよネv-500

stellaさん

日本で無料のオペラって言うのはあまり聞いたことが無いですが、イタリアではたまに有りますよね。

歴史のある建物、小さなオペラ劇場って条件だけでも見る側としては嬉しいです。

イタリアでオペラはそんなに高いものではないので、機会があったらオペラ劇場に潜入して下さい。
きっと損した気分にはなりませんよ。

オペラ観劇用のv-324を持参しなくてはv-363
それとも現地調達v-362

ある程度の正装が必要ですよねv-77
でも、そういうのも楽しみデスv-342

stellaさん

正装とまでいかなくても、ちょっとオシャレしていくと気分がノリますよね。

そんなところもオペラの楽しみ方なのかも知れません。v-411

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/335-cee55b3f


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ