イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ウディネの見所(ヴェネツィアからの大移動2)』TOP > フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の街 > 『ウディネの見所(ヴェネツィアからの大移動2)』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウディネのティエポロ巡り

ここウディネにはかつてフレスコ画で勇名を馳せたティエポロ氏の絵画が沢山見られる街です。

私が訪れたのは、ドゥオーモと美術館の2箇所です。

先ずはDuomoですが、・・・・修復工事中であまり見られませんでした。

雨だし、堂内は暗いし、シートに覆われてるしといった感じです。
ウディネのドゥオーモ外観
ドゥオーモの外観

ウディネのドゥオーモのティエポロ
ティエポロのフレスコ画

ドゥオーモの鐘楼
ドゥオーモの鐘楼




気を取り直して、次に美術館ですが、こちらはこちらで問題ありです。

何故なら、見学時間が20分しか残っていなかったからです。
ティエポロチケット
美術館のチケット

ティエポロ美術館

最初に入ったのは教会のような建物。(実は教会だと思って間違えて入っちゃったんです。)

「えっ、入場料要るの?」と思いましたが、5ユーロお支払いしました。

「この部屋だけなのに、ちょっと高いなー。」と思いながら見学を終えると、

係りの人が「向こうの入り口から博物館に入れる。」と教えてくれました。

付け加えて「ああ、でもあまり時間が無いわねー。」ってことも。(先に言って下さい。ペース配分考えますんで。(^^;))

でも、そういわれたからにはバローロマイスターの血が騒ぎます。

ここも最速で駆け抜けてやるんだと。

言われた通り、美術館から外に出て、博物館に辿り着いた私。

「まだ、見学いけますか?」

「ああ、どうぞ。」

と言うことで、見学者の名簿に名前を記入し(今日の日付には私の名前だけやん。。。)、内部を見学?と思いきや、


ティエポロ美術館2

時間が無いから(残り時間20分)と言うことで係りの人が案内してくれことになりました。

普通は階段を使うんでしょうけど、移動はエレベーターです。(これって、毎度のことながらVIP待遇ですか?いえいえ、時間が無いからです。(>_<))

一応部屋の説明なんかもしてくれた係りのおじさんの名前は忘れましたが、大阪に親戚が行ってるてなことも聞いてないけど話してくれました。

ちょっと印象に残ったのが、日本人の私には仏壇のように見えた祭壇。(これは、ウディネに特有のものなんだとか。)
ティエポロ美術館3


そんなわけで、無事に見学を終えた私は、1枚も写真を撮っていないのでありました。。。。

こちらはティエポロが好きな方のページです。写真が一杯で参考になります。

他はこちらも参考になると思います。


そして、帰り際にもう一人の係りのおじさんが博物館の写真集を出してきました。

「えっ、くれるの?ラッキー。」と心の中で思っていましたが、そうは甘くありません。

「今日は見学者が君だけだから、特別に割引で販売してあげよう。」ときました。

「お金要るなら、要らない。」とは言ってませんが、旅の前半で荷物は増やしたくないので購入はしませんでした。

最後はこんなオチです。


足早にウディネを見学した私は駅前のマクドでセットメニューをテイクアウトし、次なる目的地トリエステに向かうのでした。

つづく






美術館、博物館の情報

司教区博物館とティエポロ美術館(Museo Diocesano e Gallerie del Tiepolo)
総大司教館(Palazzo Patriarcale)


チケットのイタリア語をそのまんま訳してます。(らふぁえろ直訳でございます。以後お見知りおきを)



開館日、時間 火曜日?日曜日 10:00?12:00 15:30?18:30

休館日 月曜日
 
ティエポロ美術館の位置
美術館、博物館は○印の辺りが入り口です。



ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(Giovanni Battista Tiepolo, 1696年3月5日 - 1770年3月27日)本名、
ジャンバッティスタ・ティエポロ(Giambattista Tiepolo)。

彼は18世紀のイタリアを代表する画家で、フレスコ画の名手。


クレオパトラの饗宴などが有名。 National Gallery of Victoria 所蔵 ( オーストラリア メルボルン)



ウディネの地図
ウディネの見所一覧

リベルタ広場

時計塔、サン・ジョヴァンニのアーケード

Loggia

サンタ・マリア・デル・カステッロ教会

Castello

Duomo



2006年10月20日 ウディネ 2




ブログランキング



スポンサーサイト

コメント

ティエポロさんは

黄色がお好きだったのかなぁ?なんて思いながら観てしまいました。
フレスコ画の明るい黄色が印象的ですね。外が晴れていたらもっと綺麗だったのかな?

写真が一杯のところで見つけた
「天使の守り」は美輪さんっぽいかも~なんて思ってしまいました。(笑)

ゆっくり見られると良かったですね~、でもエレベーターはいいかも。季節でしょうか、あまり観光客はいなかったんですね~。それでもそこにいなきゃならない係員さんも、大変ですね。

うさぴょんさん

フレスコ画が黄色いのは、堂内照明の影響があるかもしれません。(でも、ほんとに黄色いだけかもしれませんよね。v-410

「天使の守り」言われてみると美輪氏を若くしたら、あんな感じかも。(笑)

Setteさん

ゆっくり見られたら良いんでしょうけど、「最速の星の元」に生まれている私にはゆっくりという言葉が似合わないのでしょう。v-388

階段を上り下りしなくて済んだのでよしとしておきましょう。

さすがです・・係のおじさんw

商人ですね~
特別割引だよ~なんて言って、全然割り引かれてないなんてことも。

ティエポロのフレスコ画は空や縁に黄色系使うので
全体的に黄色い印象ですよね。

GoogleMAP?の入り口とか見所わかりやすくていいですね~^^
私もまねしようかな

Sophi★さん

係りのおじさん暇だったんでしょうかね?(笑)

値段は一応割引料金らしかったです。
画集に書いてある値段よりは安かったですよ。

ティエポロさんのフレスコ画は明るい感じですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/339-cb76a0d1


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。