イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の街 > 『トリエステ その1(ヴェネツィアからの大移動3)』


時間がないので、お昼はウディネ駅前のマクドナルドでテイクアウト。
移動中に食べることにしました。

12:45発のトリエステ行きの電車に乗り込み、出発を待ちます。
隣の席に座ったのは、30代?40代の男性とその母親といった感じの人達。
どうもマザコンらしい雰囲気が漂っていました。

そして、ホームに目をやれば、アルピニストの帽子(ヴィチェンツァでは同じ帽子を被ったおじさんにご飯おごって貰いました。)を被った迷彩服の青年。
珍しいもの見ました。(笑)

アルピニストの帽子
アルピニストの帽子



次に目指すのは、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリアの州都トリエステ(Trieste)です。
オーストリア、スロベニアの国境に接したイタリアの東の端に位置しています。

エスプレッソが好きな人なら知ってるIlly
ILLYはトリエステが本拠地。
見つけられたら行ってみたいなーなんて思いつつ車中で過ごしておりました。

さて、トリエステには、これまた定刻の14時頃に到着。


曇り空ではありましたが、幸い雨は上がっていていました。
それでは、駅から海岸線に近い通りを南下していくとしましょう。
港町らしい風景を楽しむことができます。

Chiesa_evangelico_luterana
Chiesa evangelico luterana
駅の近くでは気になる教会を発見!!(でも開いてませんでした)


トリエステの風景
絵になる風景(晴れてないのが残念です。)


トリエステの港
港に停泊していた帆船。
この近辺で観光客にシャッター押してくれって頼まれました。
(ちょっと変わった雰囲気の人だったので、躊躇してしまいました)

イタリア統一広場
イタリア統一広場(Piazza dell'Unita d'Italia)

トリエステの噴水
市庁舎前の噴水(寄りま?す)


トリエステの風景2
建物に取り込まれてますが、ローマ時代のアーチでしょうね。



そして、ちょっと高台にあるサン・ジュスト聖堂(Cattedrale di San Giusto)に。
外観は撮らなかったようなで気になる方はこちらで確認して下さい。
旧のバジリカ跡に1300年代に再建された教会で、モザイク画が美しいと思います。
カルパッチョの作品も有ったようなのですが、暗くてよく分かりませんでした。

サン・ジュスト聖堂_カルパッチョ
(たぶんこれかなー)


サン・ジュスト聖堂モザイク
比較的マシに撮れたモザイク画


サン・ジュスト聖堂_人物画
日本の神話に出てきそうな人物画


サン・ジュストの丘バジリカ跡
バジリカ跡



もうちょっと続きます。


2006年10月20日 トリエステ 1




ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

トリエステの町も素敵ですねぇ~。
ほんと町によって全然違うね。
この町のイタリア統一広場はオーストリアっぽいかなぁ~?って。
行ってみたいなぁ・・・・・。

あれ?これイタリアですよね?特に統一広場、ドイツのとある街です、って言われても疑わないかも。細かい建築様式とかはさっぱりわかりませんが、全体の雰囲気は似てるような気がします。
アルピニストの帽子、ラックイラ(?)でパレード見たとき、街でも売っていてかわいかったので買おうかとも思ったのですが、使い道ないのでやめました。その場の雰囲気って怖いです。ロシアであのもけもけの帽子を買うような感じでしょうか(笑)

坂道が大変だった

冬のトリエステで
海からの風になぎ倒されそうになりながら
海辺を歩きました。
建物に取り込まれたローマ時代のアーチから
「どーしてもここに建てたい!」という
持ち主の執念が伝わります。

「トリエステの坂道」って須賀敦子さんの本にありましたね。あれを読んで、町を想像してました。

10年以上前に、ローマからオーストリアまで電車で旅行したことがあります。帰りはUdineに入った途端にイタリアへ戻った!と感動した記憶が・・・

マッサさん

トリエステは14世紀から17世紀かけてオーストリアの統治下にあったので、建物の作りはオーストリア的なものが多いように思います。

街自体も、イタリアなのに整然としてる印象です。v-410

Setteさん

確かにドイツやオーストリアの街に似てますよ。

私はミュンヘンとこの日記では次に向かうウィーンしか知らないんですが、受ける印象はゲルマンです。

アルピニストの帽子は何で羽がついてるんだろうなーって疑問ですが、被っても似合わないだろうし、替えません。v-392
でも、ロシアの帽子は欲しいです。
フワフワで温かそうだし。v-411

エミリアさん

冬の港は風を遮るものがないので、かなり寒そうですね。


アーチの取り込み柱のように利用したんでしょうね。
歴史の一部と繋がってる気がします。v-410

そふぃあさん

ローマ~オーストリアへは昼間に行かれたんでしょうか。

私は行きも帰りも夜中に移動だったため、景色の違いは体験できませんでした。v-409

「トリエステの坂道」はタイトルだけ聞いたことあります。v-535

イタリア男性って

日本人の目からして見ればマザコン気味に見える人もいるよね。
ママ ミーアと、オーマイガッドは同じ意味でママと神様は、この国では同等って聞いたよん。

迷彩服と

アルピニストの帽子が色合いのせいなのか、ピッタリ似合っているのが面白いですねv-392

実は彼もケータイでマンマと話してたりして~v-398

げちゅさん

私の目には確実にマザコンと映りました。v-389

イタリアのマンマが神と同列ってのは分かる気がします。v-411

うさぴょんさん

そうそう、ちょうど迷彩服とお揃いの深い緑の帽子だから全く違和感がありませんよね。v-411

山で遭難したら救助してくれそうな彼も、「マンマ」に連絡は欠かせないと・・・
あながち外れてもいないところが恐ろしいですね。v-392

トリエステ、一度は行ってみたいです。
トリエステに住んでいた夫の友人は方言がすごいので会話が通じなかったりしたことがあったそうです。
町並みもずいぶんローマなどとは違いますしね!

カンポさん

トリエステはイタリアとは違った雰囲気ですから、外国に来た気分になれますよ。

トリエステの方言は、あまり人と喋らなかったので分かりませんでした。
ドイツ語っぽいのかなーって想像するばかりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/340-a388f049


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ