イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『トリエステ その2(ヴェネツィアからの大移動4)』TOP > フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の街 > 『トリエステ その2(ヴェネツィアからの大移動4)』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリエステ その1の続きです。
私が、ここトリエステで他に見たかったのはローマ劇場なのですが・・・
実は見つけられなかったんです。
サン・ジュスト教会の建つサン・ジュストの丘から下っていくと、そう遠くない場所にある筈だったんですけどねー。
(帰国後にGooglemapを見ていて気付きましたが、ローマ劇場は、道路に面した壁がどうやら高いようです。)

でも代わりに変なもの見つけちゃいました。
それは、この像です。変でしょう?
トリエステの気になる像

トリエステの街角
場所はローマ劇場はこの辺りだと考えてうろついてた近辺Y字路になった公園の先端です。
金色の輝きが一際存在感をアピールしています。
この像にどんな意味があるのか、私としては気になるところです。

諦めの悪い私は周辺の通りを一本一本歩いてみるような馬鹿なことをしていたので、
辺りはすっかり暗くなってしまいました。
これでは仕方ありませんので、街の中心部サンタントニオ・ヌオーヴォ広場へ戻ることに。

サンタントニオ・ヌオーヴォ広場
サンタントニオ・ヌオーヴォ広場(Piazza SantAntonio Nuovo)

昼過ぎには海岸線に近い道路から眺めただけだったので気が付いていませんでしたが、入りた?くなるような教会。
ギリシャ正教のサン・ニコロ教会(Chiesa Greco Ortodossa Di San Nicolo)を見つけてしまいました。
サン・ニコロ教会外観


ガイドブックには載っていないでしょうが、内部の装飾はとても綺麗です。
暗かったので、まともに撮れてるのは数枚ですが、ご覧下さい。


サン・ニコロ教会天井画
サン・ニコロ教会天井画

サン・ニコロ教会祭壇1
サン・ニコロ教会祭壇2
サン・ニコロ教会祭壇3
サン・ニコロ教会祭壇

私の経験上、教会の名前にGrecoと付いていると内部が豪華なことが多いです。
ちょっとした私のおすすめです。

その後私は、夕食する場所を探しつつ駅に向かいました。
しかしながら、目ぼしい店が見つからないので、ふらりとスーパーに入りました。
今夜は夜行列車でヴェネツィア・メストレからウィーンへ向かうので、
飲み物とお菓子、朝食べるものを買う必要がありました。

でも、ここのスーパー(駅のそば)でちょっと変なおじさんに遭遇したのです。

大声で叫びながらスーパー内を歩いて、目を合わせたりするとちょっとやばいぞオーラを出していたのです。
(クスリとかやってそうな感じ)にも拘らず、私は一瞬そのおじさんの目を見ちゃいました。(??;)

ちょっとぶつかられたんで仕方なかったんですけどね。
その後は、直ぐさまとなりのレーンに退避です。

「追いかけてきたら・・・。腹を決めて闘うしかないか?ああっ、でも嫌だなー。こんなことで揉めるのって。」
と考えながらおじさんとの距離をなるべく取ろうと早足で移動しました。

「追いかけて来てないよな?」
と背後が気になるものの、振り向いたら奴が居たじゃちょっとした恐怖映画の1シーンになってしまいます。

今のところ映画に主演として出るつもりの無い私は、買いたいものはほぼ籠に入れていたので、素早くレジに向かいました。

それから数分後だったでしょうか。ガタイの良い警備員が二人やってきて、あやしいおじさんは無事連行されていきました。

「良かった。良かった。」と思ったのは私を含む店に居た人全員だった筈です。

スーパーを出た私は携帯電話を修理に出してるミラノの修理屋に一応電話しました。
1週間くらいで直るだろうという言葉をそんなに当てにはしてませんでしたが、修理が終わっているかどうかの確認のためです。

「プロント、1週間前に携帯電話の修理をお願いしたんだけど、できてますか?」

「ええっと、修理番号を言ってくれるか。」

「修理番号は54137。今日には終わってる筈なんだけど。」

「ちょっと待ってくれ。」

1、2分待った後の回答は「修理は、まだ終わってない。もう2、3日かかる。

「じゃあ、月曜日に取りに行くから宜しく。」

電話を切ってから、やっぱりかと思いつつ友人に電話。

「もしもし、修理屋に電話したらまだ直ってないみたい。あと2,3日かかるらしいです。」

「ああ、2、3日とか1週間とかいうのはイタリア人がする言い訳の常套句。当てにせん方が良いよー。」

と、またもや心強い言葉頂きました。(^_^;)

「一応、月曜日にミラノに寄って携帯持って行こうと思ってるんだけど、無理かなー?」

「たぶんねー・・・。もうちょっと後にした方が良いよ。」

「これでも、予定かなり延ばしてがんばった方なんだけどねー。来週の月曜がリミット。

その後はちょっとづつ南に下る予定なので、これ以上北部に留まっていられないよ。」

「そうねー。」

「最悪、月曜日に直ってなかったら、壊れたまま持って行く気だから。もう良いよ。(ほんとは修理完了しておいて欲しい。)」

「まあだめなら仕方が無いよね。いつまでも携帯1つに拘ってられないし。それじゃあ Buon Viaggio ! ウィーン楽しんできて。」

電話を終えた私は、自分がイタリアに居るんだーと実感したのでありました。



その後私は、駅近くのピッツェリアでピッツァとビール、そしてスペック(Speck)?を食べてトリエステの半日は終了です。

トリエステのピッツェリア
スペックじゃないかもしれませんが、豚肉系の料理です。


トリエステからは21:25のICNOTTE(インテルシティーの一種です)でヴェネツィア・メストレへ戻ります。

この日最後大移動ヴェネツィア?ウィーンが待っているからです。






2006年10月20日 トリエステ 2


ブログランキング


トリエステの地図

トリエステの地図


私が写真で紹介した場所の位置関係

駅とでっかく書いたのがトリエステ駅

ローマ劇場(ここに行きたくて探してたんですが見つけられませんでした。)

サン・ニコロ教会

イタリア統一広場(Piazza dell'Unita d'Italia)

サン・ジュスト聖堂(Cattedrale di San Giusto)

バジリカ跡

サン・ジュスト城(ここは行ってません)

スポンサーサイト

コメント

金ピカの像は

彼女の表情から察するに、もっと高いとこに建ててあげたくなりました。
そしたら違和感薄れるかなーって。v-411

Greco付き教会を他にも探したくなりますね~。へ~。v-398

夕食の豚肉が何故か、大きい牛タンに見えちゃいました。v-529

イタリアでのちょっと怖い体験

スーパーで出会ったような変な人、イタリアにも居るんですね~
あんまり、関わりたくない・・・!

私は深夜のローマテルミニ駅近くで、露出狂のおじさんに出会い、色んな意味で忘れられないイタリア旅行となりました・・・

無事でなにより、でしたね~

全身ああいう色に塗ってポーズ取ってる人結構見ますね(笑)
なにか意味があるんでしょうね、その場所にあるって言うのは。
祭壇がめちゃめちゃ奇麗でした。ちょっと暗めなので、光りすぎてなくていいです。

行ってみたい

トリエステには、一度は行ってみたいと思っているのですが、なかなか・・・。食べ物が美味しいなら、是非!と言う感じです。v-10

うさぴょんさん

もうちょっと高い所にあったら、顔とか金ピカに塗ってる人にも見えませんしね。(笑)
その方が良いかも知れません。

ギリシャ正教の教会は祭壇部分が木の上に金箔(絵具を塗ってあるのかも)を施した門のようになっているのが特徴なのかなーって思います。

その奥に更に何かがあるだけど、そこは入れないようで、まだ私にとっては謎の部分。

謎があると、血が騒ぎます。v-411

豚肉も大きなタンに見えなくもないですね。
でも、それだとかなり大きな豚ですよ。v-392

ciaociaoさん

やっぱり危険なことや、嫌なことにはできれば遭いたくないですよね。
おじさんに絡まれなくてほんと幸いでした。v-388

Setteさん

そうそう、居ますよね。ああいう人。
私が写真撮ったのは、金ピカに塗ってる人にソックリだったからもあるんです。

あんな所に登らないだろうな~と思いつつ、この横で同じようなパフォーマーが居たら面白いのにな~って考えてもいました。v-411

教会は昼間に入れれば、良かったんですけどね。
ローマ劇場探しに時間食われちゃいました。
しかも見つけられませんでしたし・・・。

まあ、またの機会でということで。

akiさん

イタリアに住んでらっしゃれば、私よりは行きやすいかなーって思いますよ。
あとは、そんな機会が有るかどうかの問題ですね。

食べ物は、たぶん美味しいのかなーと思います。
事前に名物料理など調べなかったので、オーストリアに近いから豚肉系の料理が良いのではの予測で選んだ1品。v-533

何の記録もしてないので、感動するほどではなかったんだと思います。
このお店は普通位の美味しさです。v-410

変なおじさんですか~

まあ、どの国・街にもいますよね^^;
ホント~に危険なので興味本位で見たりせず逃げて正解ですは

ケータイ修理の店員はよくある言訳ですは。
やる気無い方達はほんとこんな感じです。
でも、イタリア人全員があんなのじゃないから~><

ほら、真面目にやってる人がここに・・・

この像、笑える・・・
笑っちゃいけないんだけど、でもおかしい・・このポーズといい、表情といい(爆)

変な人に絡まれずにすんでヨカッタですね。
とりあえず連行されたようで安心でしたね。

昔、スロベニアに行くついでにちょこっと寄った事がありますけど、結構大きな町ですよねぇ。
でも、こんな金ぴかの像は初めて見たなぁ。

Sophi★さん

そうそう、人の沢山居る所に紛れ込むのが一番楽な対処ですね。
正気を失ってそうな人は、危ないですから。。。

やる気の無い人ばかりじゃありません。
例外も沢山知ってます。
Sophi★さんもその1人ですね。v-410

きっこさん

笑っちゃいけないんだろうけど、表情が笑い誘っているように感じますよね。v-411

足元をよく見ると、蛇を踏んでいるようなので、聖母像なのかなーーーーーっ?と思いますが、やっぱりおかしい。

ほんと絡まれなくて良かったですよ。v-388

gelliusさん

そうですね。
城壁がある小さな街と比べると、ちょっと大きいのかな。

金ピカの像は街の見所からは外れてますからね。
見つけて喜んでるのは、私くらいのものですよ。v-392

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/341-404e2486


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。