イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > ウィーン(オーストリア) > 『ウィーンのホイリゲとコンサート』

2007年10月12日フィレンツェ→ヴェローナ←2007年の日記です。


ホイリゲ(heurige)とは、「今年」を意味するドイツ語ホイヤーからが語源となっている言葉で

今年のワインを供するお店と言うのが本来の意味です。

造り酒屋がセルフサービス形式の食べ物も出してワイン酒場と言えば、しっくりくるでしょうか。

兎に角ワインが飲めれば良いのです。(笑)

そんなわけで、私が訪れたのはウィーン在住の友達に教えてもらったお店Wieninger(ウィーニンガー)

教えて貰った行き方をそのまま書きますと、ウィーン・ミッテ駅からSバーンで北に向かってFloridsdrf(フローリツドルフ)まで

そこから、31番のトラムに乗って終点Stammersdorfで降りる。

流れに沿って歩いて行くとStammersdorfer strと言う通りに出るので、その通りをトラムの駅を背にして左に約5分進んで行くと

78番地がそのお店。

入れなければ、もうちょっと歩いて118番地にもホイリゲが有るということでした。

人に道を聞かなくても、何となく行けそうな予感がしました。

ホテルからウィーン・ミッテ駅まで行くのに多少間違えて反対方向の電車に乗ったりしたものの、

他は問題無く、すんなり目的地に到着しました。

ウィーンのSバーン
Sバーンの車中

15時から営業してると聞いていたので、到着した16時過ぎはちょっと早いかなと思う時間帯でしたが、

既に客の入りは6割程度。

「一人だけど、空いてますか?」と

店に入って聞いてみると、18時からは予約が入ってるので18時までなら席は空いてるということでしたので、

さっそく席に着きました。

写真は2枚しか撮って無いので(もっと撮った気はしますが、データが消えたみたいです。)お店の様子などは、

K-chanの記事を見て下さい。

私がなんでわざわざイタリアからウィーンまでやって来たかと言いますと、シュトゥルム(濁り酒)を飲んでみたかったからです。

シュトゥルムと言うのは、ぶどうを絞ってワインを造る途中の段階の飲み物のことで、

ぶどうの甘味が残ってるアルコール度数の低いワインと言ったところでしょうか。

まだ発酵の途中段階なので、ジュースのように飲めます。(日本酒も醸造途中で頂くと、未発酵の糖が残っていて僅かに発砲していますので、少し感じが似ています。味は違いますけどね。)

と言ってもアルコール飲料なので飲み過ぎには注意です。


ふと、日本の造り酒屋を訪れた時のことを思い出してしまった1杯目のシュトゥルム(白)。

続いて白ワイン、赤ワインとグラスで頂きほろ酔いでいい気分。

もう1,2杯飲みたいけれど、20時からコンサートが有るので、ワインはこれくらいに。

ウィーンのホイリゲ
ウィーンのホイリゲ2
食べ物は、プレッツェルと豚肉のローストと何か忘れたけど美味しかった料理。
肉なら欲しいだけ、切って貰って100gで幾らという計算です。
自分の食べる量を調節できるので、レストランで食べるより無駄がないかも知れませんね。


さて、こんな感じでホイリゲを満喫した私は、一路コンサート会場を目指すのでした。

店の人に聞いて、トラムを乗り継ぎ最寄駅に着いたのは19時をちょっと過ぎたころ。

場所は早いもの順、会場は19時半から開いているとのことでしたので、「ちょっと暗いなー。」と思いつつも

王宮の庭園を歩いていました。


ウィーンの夜
彷徨っていた庭、ちょっと暗いです。

「普通ならもうちょっと明るいんじゃない?」「やっぱり、怪しいおじさんに騙された?」

時刻が19時半を過ぎ刻々と開演が近付いてくると焦りも出てきます。

じっとしていても分らないので近くを通りかかった地元の人を捕まえて、

「コンサートに行きたいんだけど、会場が分からなくて。。。。」と尋ねてみました。

そして、チケットとパンフレットを見せると、「ああっ、この反対側だよ。」と教えてくれました。

ウィーンのコンサートチケット
モーツァルトコンサートのチケットとパンフレット


私が昼間散歩していた建物を越えた(500mくらい歩いたと思います。)方から入るんだそうです。

ウィーンの王宮
こっちがコンサート会場入り口

もうちょっと早く気付くべきでした。(^^;)

会場探しに以外と手間取ってしまい、コンサート会場に入ってみると残念ながら前の方は埋まっていて

後方にしか席が空いてませんでした。

「ああぁ仕方がないか。」と思って手近の席に座って顔をあげると、

「ああああっ!!」

私がチケットを買った怪しいおじさんじゃありませんか。

「来たね。」とニッコリ笑うおじさんは、昼間とは違う衣装でした。

「騙された。」と思って買ったチケット十分ネタになりました。(笑)

前振りの長いコンサートでしたが、これが結構面白く、ウィーンに住んでいたら月1,2回くらい

来たいなと思う内容でした。




定刻に始まり、定刻にはしっかり終わる。

時間にはキッチリしてるのがゲルマン系なのか?

(イタリアだと30分くらいは遅れるんですけどね。)

観客もしっかり定刻に席を立ち始めました。(笑)

さすがオーストリア帝国(定刻)



でも、ただ1つ気に入らないことはコンサート会場の天井の色がオレンジなこと。

なんでオレンジ色なんだーーーーーーー!と思ったのは私だけなのでしょうか。

ウィーンの王宮コンサート会場
コンサート会場はオレンジの天井

このコンサート私の他にも日本人が来ていましたので、他の人の意見も聞いてみたいものです。

コンサートが終わってから、電車を乗り継ぎホテルに帰ったのは23時。

昼寝をしたのが悪かったのか、なかなか寝付けずに良く分からないドイツ語のテレビ番組を3時頃まで見てしまうのでした。


2006年10月21日ウィーン その3

つづく
ウィーでホテルを探す

ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

シュトゥルム、美味しそうですねv-426

私もウィーン近郊で、ワインを造る工程で出来た絞り汁
(でもそれはノンアルコールと言っていました。そして透明でにごっていません。)
を飲んだのですが、ホントに美味しかったです(ジュースみたいでしたが)

ホイリゲは、漏れなく観光客に有名なグリンツィングに
行きました(笑)
ラファエロさんの行かれたところ、もし又
ウィーンに行く機会があれば行ってみたいですe-68

美味しいワインを飲みに・・・e-12

初めまして!

ウイ-ンの記事を読みましたので思わずコメントしています。
私はウイ-ン在住18年の者です。
シュトゥルム私も大好きです。
ただ美味しすぎて飲みすぎちゃうんですよね!

楽しい記事ありがとうございました。
又遊びに来ます!

stellaさん

シュトゥルムは、さっぱりした甘さのジュースのように飲めますよ。(^^)
stellaさんが飲んだのは、ノンアルコールだから、たぶんモストでしょうね。

Wieninger 是非行ってみて下さい。
私も今度は、赤の濁り酒飲みたいです。

Yukoさん

コメントありがとうございます。

シュトゥルムは、ジョッキで出てくると、ビールのノリでグビグビ飲んでしまいますよね。(^^)
コンサートが無ければ、もっと飲んでたと思います。(^^;)

また遊びに来て下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/352-e14640f3


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ