イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > スポンサー広告 > 『ヴェローナはロミオとジュリエットの舞台』TOP > イタリア関連書籍 > 『ヴェローナはロミオとジュリエットの舞台』

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェイク・スピアロミオとジュリエット ヴェローナ
初めてイタリアを訪れた時にスケジュールに組み込んだ街です。

ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマ、ナポリと回るのが王道なのでしょうけど、ミラノ、ローマ、ナポリは時間の都合で外してしまいました。

その時は、またイタリアを訪れるとは思っていなかったもので、
ミラノに行けないー。
ローマを見られない。
ナポリのピッツァを食べられない。
と嘆いていたのを憶えています。

表題の通り「ロミオとジュリエット」の舞台となった町を見てみたいという思いと、どうせ行くなら少し違った場所を盛り込みたいという考えがヴェローナを選んだ理由です。

シェイク・スピアの劇では仲の悪い二つの家に生まれたモンタギュー家のロミオキャピュレット家のジュリエット。
二人は互いに惹かれ合うが、その思いは成就することなく、やがては
死に到る。
そんな二人の死があってから、いがみ合う両家にやっと和解が成立するというのは何とも皮肉な話です。

劇中、バルコニーでジュリエットが「おお、ロミオ、ロミオどうしてあなたはロミオなの?」とロミオに問いかける場面が有りますが、
そのジュリエットの家(バルコニー)はヴェローナに。

ここに来てロミオとジュリエットを演じてみてはいかがでしょうか?

ロミオの家は行きませんでしたが、その他の見所としてカステルヴェッキオ(14世紀の建物で中は博物館になっています。中世の甲冑や武器などが展示されています。)、スカリジェッロ橋(第2次世界大戦で破壊されましたが、現在は修復されています。)、シンヨーリア広場(ダンテの像が広場の中心にあります。)、ローマ劇場(ここは時間が無かったので行ってません。)、アレーナ(毎年夏には野外オペラが行われます。)があります。

この頃はデジカメを持って無かったので、写真が有りません。
アナログ写真は写真屋さんが現像で間違えたらしく、
暗い暗い写真しか残ってません。(>へ<)

また、折を見て訪れるしか無いようです。

4月に開催されるVinitalyやら、7,8月の野外オペラ等のイベントとスケジュールが合えばとても良い思い出になるのではないでしょうか。




スポンサーサイト

コメント

こんにちは^^

ヴェローナってMilanoから近い街ですよね?たしか^^;
今回の帰郷はNiceから車でMilanoへ行くので、
立ち寄ってみようかな^^

Romeo + Giuliettaやってみたいかも。
って一人でやったらただのコントに・・・・><

ミラノからは

特急で1時間半位だったと思いますよ。
是非、足を伸ばしてみてください。

ありがとうございます^^

頑張って行ってみます^^

目論見を実行されるのですか。
きっと、すばらしい計画なのですね^^
また、実行されたら教えてください。

ええ、是非行ってみてください

目論見はできれば年内、
遅くとも来年初めくらいに実行できたらと思っています。
その時はまたお知らせします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vacanze.blog63.fc2.com/tb.php/4-b67f8504


イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | 


▲ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。