イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > ロンバルディア州の街

前回の記事で有名になった(?)サッビオネータのあなことベスパジアーノ・ゴンガーザ(Vespasiano Gonzaga)には、他にも逸話がありますので、もう少し触れておきます。

このあな、自他共に認めるスペイン好き。(笑)


衣装もスペイン風。
建築もスペイン風。
妻もスペイン人。。。。。

3番目はともかく、ゴンザーガ家は、スペインと深い関係があったことがうかがえます。

さて、このあなですが、嫉妬深い性格といいますか、執着心が強い性格でもあったのです。
1人目の妻は浮気を理由に殺害します。

で、次に結婚した相手は・・・・これまた、スペイン人なのです。。。。



サッビオネータ
サッビオネータのパンフレット、これは日本語じゃありませんが、日本語のものも置いてあります。
(デジカメで撮ったので、ちょっとゆがんでます。)

建物内部の写真を撮ってないので、以下パンフレットの写真を使って見学ツアーを少し解説します。


サッビオネータ2
6角形をした街の見取り図

サッビオネータ4
街の見所一覧

サッビオネータ3
ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)内部にある木製の騎馬像。
これは本来11体有ったのですが、火事により消失、現存するのは4体(数はあまり自信が無いです)となっています。
あなの曾御爺さんくらいから子供までゴンザーガ家揃踏みだったのです。
いやー、残念です。

さて、何かと話題のあなですが、この火事の時まで何処に埋葬されてるのか分かりませんでした。
サッビオネータのあなは何処?
そしたら、床下から発見されたのですよ。謎の人骨がね。

でも、誰の骨だかすぐに分かりました。
だって、頭蓋骨にあなが開いてたんだもん。(ほんとです

他、双頭の鷲の紋章、レバノン杉で作られた天井等が特徴的です。

レバノン杉というのは中東のレバノンで採れる杉のことで、虫がつきにくいということから、建築材によく用いられました。
しかし、大量に伐採されたため、現在は殆ど残っていない貴重な木材です。


サッビオネータ5
オリンピコ劇場(Teatro Olimpico)
観客席上側にギリシャ神の彫刻が有ります。
ナポレオンの部下のいたずら書きは右側の壁面だったでしょうか。
あなを開けた理髪師もどこかに描かれていますよ。(笑)

劇場の規模としては、小さいですが、舞台装置まである立派なものです。
これくらいの小さい劇場でオペラ見たいなーって思いました。(たぶん途中で寝てしまいます。)

(ここはちょっと疎覚えですが、劇場は本来空があるものらしく、この劇場には空が描かれているという説明を聞いたような気がします。)


サッビオネータ6
ジャルディーノ宮殿(Palazzo Giardino)
ドゥカーレ宮殿が公邸なら、こちらは私邸といった場所です。
損傷はしてるものの、2階にある長い回廊のフレスコ画はなかなかのもの。
絵は、グロテスク様式で描かれていて、マントヴァのPalazzo Teとも似た雰囲気があります。






2006年10月16日 サッビオネータ おまけ









ナチュラル・バランス・ダイエット






PREV | イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | NEXT |


▲ページトップ