イタリア旅行マニア
イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel)

イタリア旅行マニアのイタリア旅行記。 ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、それだけがイタリアではありません。

Admin 

カテゴリ


イタリアの宿泊

宿泊タイプ
グレード

チェックイン:
チェックアウト:
人数:
部屋数:




プロフィール

Author:らふぁえろ
イタリア渡航暦
1999年12月
2000年春、冬
2003年冬
2004年春、冬
2006年は9月27?12月25日

イタリア各地を旅をして、街歩きを楽しみ、
絵画・彫刻を鑑賞していたら、
教会オタク(?)のようになってきました


Yahoo

全記事表示リンク


TOP > トレンティーノ=アルト・アディジェ州の街

ボーツェン(Bozen)

タイトルをドイツ語にしてみました。
ボルツァーノ 1の続きです。
街外れの城から町の中心地へ戻ってきました。
行きは川沿いの道を上って行ったので、帰って来るときは道2本くらい川から離れて、ワイン畑の中を歩きました。
(良い写真が撮れなかったので、写真は無いです。)

さて、ボルツァーノには、観光名所に1つの博物館が有ります。
ここには、雪山で凍り漬けになった「アイスマン」(約5300年前の男性のミイラ)が展示されています。
その死因については謎。
また、アイスマンに関わった7人の法医学者、第一発見者夫婦、ジャーナリストら関係各者が相次いで怪死したことから「アイスマンの呪い」とも言われています。(((((゚o゚)))))
そんな不可解な謎を秘めたミイラ、アイスマン
ええ、そうですとも私は怖気付き、入りませんでしたよ。

まだ、先の長い旅こんな所で呪われては溜まりません。。。。
好き好んでミイラを見たいとは思ってないこともあり、アイスマンさようなら、気が向いたらまた来ます。(^^;)
因みに博物館( Museo Archeologico dell'Alto Adige )の公式サイトです。興味のある方は、ご覧下さい。


兎に角、「旅は楽しくあるべきだ」というのが私の信念。
ドゥオーモ前のフェスタ会場に潜入です。
ボルツァーノのFesta5

ハロウィンと思わせておいて、かぼちゃのお祭りのようです。

ボルツァーノのFesta1
ボルツァーノのFesta2
ボルツァーノのFesta3
ボルツァーノのFesta4
大小、様々なかぼちゃ。
様々な種類のかぼちゃ。
かぼちゃ
かぼちゃ
かぼちゃ

写真は有りませんが会場では、プレッツェルやビールを売ってる屋台が有り、オーストリア色の強さを感じました。

ボルツァーノのFesta6
メッチャ小さなメリーゴーランドです。
可愛いですね。
これくらいなら、おもちゃ屋で売ってそうです。

フェスタの会場では食事は摂らずに、周辺ウロウロして入ったトラットリア。

ボルツァーノのトラットリア2

ジャガイモと肉とがフライパンで出てきましたよ。(笑)
イタリアの料理とは、何所か違いますね。

ボルツァーノのトラットリア1

飲み物は、ビール。
ミュンヘンほどではなかったものの、なかなか美味しいビールでした。

ボルツァーノのトラットリア3
ドルチェは温かいりんごのタルトのカスタードクリーム添え

食事を終えて、ボルツァーノの駅に着いたのは15時前。
よく歩いたせいか、少し眠くなったのですが、そこは堪えて次なる目的地トレント(Trento)行きの列車に乗り込むのでした。

トレントへ続く



2006年10月15日 ボルツァーノ 2









ナチュラル・バランス・ダイエット





PREV | イタリア旅行マニア(Italia Mani@ravel) | NEXT |


▲ページトップ